宝石鑑定士

宝石鑑定士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

宝石鑑定士を目指すための主な進路

宝石鑑定士
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「服飾、被服学、地学、化学、鉱学」などの学科を卒業
Step.3
宝石鑑定機関、宝石販売店、輸入代理店、百貨店の宝石売場などに就職

宝石鑑定士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
49 ~ 55

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

宝石鑑定士ってどんな仕事?

宝石鑑定士はダイヤモンド、パール、エメラルド、ルビーといった様々な宝石の鑑定をし、宝石の真贋判定(鑑別)や格付け(グレーディング)を行うお仕事です。

職場は宝石鑑定機関、宝石販売店、輸入代理店、百貨店の宝石売場などです。

宝石鑑定士のうち、ダイヤモンド鑑定士はダイヤモンドを始めとする原石から研磨された宝石の鑑別、品質の評価を行います。

おすすめの大学(学部)

服飾、被服学、地学、化学、鉱学 …など

宝石に関する知識を身につけていることはもちろん、実際にルーペや分光器などを用いて宝石を観察する技術が求められます。

宝石鑑定士の給料・年収は?

宝石鑑定士の平均年収は300~400万円程度になります。

宝石鑑定士の試験・資格は?

国内には宝石に関する鑑定士などの国家資格はなく、取得できるのは全て民間もしくは海外の資格です。

海外のダイヤモンド鑑定士の資格としては、FGA(Fellow of the Gemmological Association)があり、世界的に最も権威のある宝石鑑別機関である英国宝石学協会が認定しています。

資格を得るには専門学校の基礎コースでダイヤモンドやカラーストーン、ジェムストーンなど宝石学全般の知識を学び、その後ディプロマコースにて応用的な知識を学びます。

各コース修了後の認定試験に合格することでFGAの資格を得る事ができます。

FGAの資格は国際的に通用する資格のため、取得後は日本国内だけに限らず海外にて宝石鑑定士として働く事が可能になります。

宝石鑑定士の有名人・著名人

宝石鑑定士の有名人・著名人は特に知られていないようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の服飾・裁縫の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.