ファッションデザイナー

ファッションデザイナーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

ファッションデザイナーを目指すための主な進路

ファッションデザイナー
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「服飾・被服学、デザイン、工芸学、家政学、美容」などの学科を卒業
Step.3
アパレルメーカーや繊維メーカーに就職
Step.4
必要に応じて、洋裁技術検定やパターンメーキング技術検定などの資格を取得

ファッションデザイナーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 49

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

ファッションデザイナーってどんな仕事?

ファッションデザイナーは主に洋服や靴、バッグなど、さまざまなファッションアイテムをデザインするお仕事です。

シーズンごとにコンセプトやイメージを設定しデザインするため、服のデザイン力だけでなく、市場の動向や流行をとらえる力も不可欠です。
大別すると、以下の二種類があります。

  • 企業内デザイナー
    アパレル会社に就職して自社の服飾品をデザインします。
    大量生産される服のデザインをすることが多く、流行を捉える力が求められます。
  • オートクチュールのデザイナー
    高級衣装店や高級オーダー服などを指すオートクチュールのデザインをします。
    顧客の注文に応じてデザインしますが、ファッションショーなどに使われる服飾品が多いため、高い技術と想像性が必要となります。

いずれのファッションデザイナーも勤務先はアパレルメーカーや繊維メーカーになります。
最初は下積みのようにアシスタントとして働き、知識や経験を付けて独り立ちすることも多く、ゆくゆくは自社ブランドを立ち上げるファッションデザイナーも少なくありません。

おすすめの大学(学部)

服飾・被服学、デザイン、工芸学、家政学、美容 …など

服飾関係、デザインなどが学べる大学の学科に通い、基礎知識を付けて業界に挑むことをおすすめします。

ファッションデザイナーの給料・年収は?

ファッションデザイナーの平均年収は企業に勤める場合、300~400万円程度になります。
将来、自社ブランドを立ち上げ人気が出れば大幅に給料が上がることでしょう。

ファッションデザイナーの試験・資格は?

ファッションデザイナーになるために資格は特に必要ありませんが、服飾系の専門学校や大学・短大などで専門知識を学ぶ人が多いです。
なかには美術系の大学を出たり、独学で勉強をしたりする人もい るようです。

資格には、財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する「洋裁技術検定」「パターンメーキング技術検定」があります。

  • 洋裁技術検定
    基礎の初級、専門の中級、実務レベルの上級に分かれ、衣服を製作するための知識と技術が審査されます。
  • パターンメーキング技術検定
    型紙を作るパタンナーという職業の技術試験で、3級から1級があり、3級は入門、2級は専門、1級は実務レベルになります。

ファッションデザイナーの有名人・著名人

ファッションデザイナーの有名人・著名人としては、三宅一生、森英恵、コシノヒロコ、山本耀司さんら自分の名前をブランド名として世界的に活躍する方が多く知られています。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の服飾・裁縫の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.