アパレル販売業

アパレル販売業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

アパレル販売業を目指すための主な進路

アパレル販売業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「服飾・被服学、コミュニケーション学、心理学」などの学科を卒業
Step.3
ブランド品店、大手チェーン店、百貨店、個人経営のお店などに就職

アパレル販売業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 49

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

アパレル販売業ってどんな仕事?

アパレル販売業とはアパレルショップで洋服やファッション小物を販売する仕事です。

来店者に着こなしなどのアドバイスをするほか、検品作業、タグ付けなどの商品管理全般店舗レイアウト試着のサポート、レジ業務、店内清掃、ディスプレイ商品を整えるなど、快適なショッピングを楽しめる店づくりなど幅広い販売業務を行います。

ショップの店頭には新商品が次々と並ぶため、ファッションの流行に敏感で、自ら学ぼうとするおしゃれに貪欲であること、また初対面の人とでもにこやかに明るく会話することができるコミュニケーション力がある人に向いています。さらに製品を販売するために心理学などもあると役立つでしょう。

おすすめの大学(学部)

服飾・被服学、コミュニケーション学、心理学 …など

また、シフト制が多く土日出勤が基本で、セールの時には休憩もなく、8~9時間立ちっぱなしということもあり、肉体的にハードな仕事です。

アパレル販売業の給料・年収は?

アパレル販売業の平均年収はおよそ350万円になっています。
ただし地方が低く都市部が高い傾向にあり、200~530万円と幅があるようです。

アパレル販売業の試験・資格は?

アパレル販売業者になるために、多くのアパレル企業は特別な学歴や資格を求めていません。
活躍の場としては百貨店、大手チェーン店や個人経営のお店などがあります。

ファッション系の専門学校などで専門知識を身に付け就職する人もいますが、販売やアパレルに関する特別な勉強は必要ないようです。

関連する資格には、「ファッション販売能力検定」「色彩検定」などがあります。

アパレル販売業の有名人・著名人

アパレル販売業の有名人・著名人としては、起業家の柳井正さんや前澤友作さんらが知られています。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の服飾・裁縫の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.