ジュエリーデザイナー

ジュエリーデザイナーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

ジュエリーデザイナーを目指すための主な進路

ジュエリーデザイナー
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「服飾・被服学、デザイン、工芸学、美容」などの学科を卒業
Step.3
ジュエリーメーカーやデザイン会社などに就職

ジュエリーデザイナーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 48

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

ジュエリーデザイナーってどんな仕事?

ジュエリーデザイナーとは、ジュエリー製作に関する完成品の基となるラフスケッチや図案となるデザイン画を作成するお仕事です。
クライアントの要望に沿って、商品企画に基づいて手書きやパソコンでデザインを作り上げます。
ジュエリー業界は景気に左右されやすい面はありますが、確かな技術とセンスを持ち斬新なアイデアを提案できるデザイナーはいつの時代にも求められるため、安定した需要があるといえるでしょう。

おすすめの大学(学部)

服飾・被服学、デザイン、工芸学、美容 …など

ジュエリーデザイナーの給料・年収は?

ジュエリーデザイナーの平均年収は年収300~500万円程度です。
ジュエリーメーカーなどに勤務する場合、一般的な会社員と同じ月給制になるため、勤続年数が浅い場合は年収200~300万円程度、経験者で年収400~500万円程度のようです。
実力やセンスがものをいうため、経験を積むことで徐々に収入アップが望めるでしょう。

ジュエリーデザイナーの試験・資格は?

ジュエリーデザイナーになるためには、まず芸術系あるいは美術系の大学、ジュエリーデザインの専門学校などで必要な要素について学ぶ必要があります。
具体的には、宝石や貴金属の知識、デザインおよび製図等の専門知識・技術を学びます。その後、ジュエリーメーカーやデザイン会社などに就職し、実務に携わりながらスキルアップを図る道のりが一般的です。

ジュエリーデザイナーの有名人・著名人

ジュエリーデザイナーの有名人・著名人としては、ルイ=フランソワ・カルティエ、ソティリオ・ブルガリ、ハリー・ウィンストンなど、世界的なブランドの礎を築いた錚々たる海外のデザイナーが知られています。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の服飾・裁縫の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.