写真に携わる職業

写真に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

写真に携わる職業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「写真、美術、映像」などの学科を卒業
Step.3
個人で活動、または写真館や企業のフォトグラファーなどとして就職
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

写真に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 57

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

写真に関するお仕事ってどんな仕事?

写真に関するお仕事の関連する職業としては、写真現像技術者、フォトグラファー、水中フォトグラファー、スポーツフォトグラファー、プリンターなどがあります。

例えばフォトグラファーの扱う仕事としては、大きく分けて商業写真と、アート写真に分けることができます。

  • 商業写真
    商品の宣伝などのビジネス用途の写真や、フォトスタジオでの個人のポートレート撮影があります。
  • アート写真
    撮影者の内面を撮影者が表現するもので芸術作品として扱われる作品です。

いずれも芸術系の大学で、以下のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

写真、美術、映像 …など

職種によっては被写体となる人物との対話も必要となるため、コミュニケーション学科なども学べる要素が多いかと思われます。

写真に関するお仕事の給料・年収は?

写真に関するお仕事ののうち、会社勤めでのカメラマン・フォトグラファーの平均年収はおよそ380~550万円、最大年収は約650万円ほどです。
フリーランスとして働く場合の年収幅は大きく、年収1000万円以上を稼ぐカメラマンやフォトグラファーもいます。

写真に関するお仕事の試験・資格は?

カメラマンやフォトグラファーには資格は必要ありませんが、写真に関するお仕事のうち、昔ながらの街の写真館でプロのカメラマンとして働くためには、資格を取得する必要あります。それが「1級写真技能士」「2級写真技能士」「3級写真技能士」です。都道府県知事が実施する技能検定制度の一種で、肖像写真の撮影や制作に必要な資格です。

写真に関するお仕事の有名人・著名人

写真に関するお仕事の有名人としては、カメラマンの篠山 紀信(しのやま きしん)さん、蜷川 実花(にながわ みか)さん、渡部 陽一(わたなべ よういち)さんがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のデザイン・芸術の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.