芸術を支えるお仕事

芸術を支えるお仕事の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

芸術を支えるお仕事を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「美術、歴史学、考古学」などの学科を卒業
Step.3
画廊や古美術商などに就職
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

芸術を支えるお仕事を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
55 ~ 70

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

芸術を支えるお仕事ってどんな仕事?

芸術を支えるお仕事は、芸術作品や舞台芸術などを広めるため、鑑賞してもらうために裏方で支えるお仕事です。
芸術系学部がある大学で、以下のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

美術、歴史学、考古学 …など

関連する職業としては、美術鑑定士、工芸官、学芸員、フレーマー、コーディネーター、キュレーター、ギャラリスト、照明デザイナー・照明コンサルタント、アートナビゲーター、デコレーター、アンティークショップ、骨董屋、コイン・切手屋、模型店経営など多岐にわたります。

芸術を支えるお仕事の給料・年収は?

芸術を支えるお仕事の業種はさまざまですが、例えば美術鑑定士の平均月収は約30万円、年収500万円程といわれています。
博物館関連の施設に勤務する学芸員は、一般的に平均で月給15万~20万、年収250万~400万円くらいといわれています。

専門性が必要な仕事ですが、特に公務員の学芸員として働ける人は非常に少なく、実際は非正規雇用で働いている人が多いようです。

芸術を支えるお仕事の試験・資格は?

芸術を支えるお仕事に必要な資格は様々で、例えば、美術鑑定士になるためには資格は特になく、美術館や画廊などで働きながら様々な美術品に触れることで鑑定眼を養い、真贋だけでなく美術品の価値を見出す能力を身に付けます。

学芸員になるには、大学で博物館学の学芸員課程を修め、認定試験に合格する必要があります。

芸術を支えるお仕事の有名人・著名人

芸術を支えるお仕事の有名人としては、日本の骨董商・古美術鑑定家、エッセイスト、テレビタレント、骨董屋「からくさ」の店主である中島誠之助(なかじませいのすけ)さんがいます

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のデザイン・芸術の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.