物作りの職人

物作りの職人の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

物作りの職人を目指すための主な進路

物作りの職人
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「建築学・意匠、インテリア、工芸学、数学」などの学科を卒業
Step.3
販売サイトに登録したり、独立して企業する

物作りの職人を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
59 ~ 65

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

物作りの職人ってどんな仕事?

物づくりのお仕事は多岐にわたり、業種は100種類以上、そのなかでも「職人系」の仕事としては、パティシエや陶芸職人、家具職人、椅子職人、畳職人、建築模型アーティストなどがあげられます。

また昨今ではハンドメイドした物をインターネット販売できるWebサイトやアプリも人気で、GMOペパボが運営する『minne(ミンネ)』というサイトの新井正樹氏も「今後、長期にわたる価値観の変化が起きる」としてハンドメイド商品の価値が高まっていることを示唆しています。こういった背景からも物作りの職人という職業の需要も高まってきていることが分かります。

おすすめの大学(学部)

建築学・意匠、インテリア、工芸学、数学 …など

物作りの職人仕事に就くには、専門学校や大学で、建築学・意匠、インテリア、工芸学、数学を学ぶのがおすすめです。

物作りの職人の給料・年収は?

物作りの職人のなかでも、家具職人の平均年収はおおむね250万円~400万円程度のようです。
見習いの家具職人の初任給はなかには10万円程度というケースも珍しくなく、見習いの間は月収が20万円に届かないケースが多いようです。

5年程の勤続で、一人前の職人としての給料になるところが多いですが、家具業界の現状としては、廉価な家具に押されていて苦しい経営状態の会社が多いため、年収アップはあまり望めません。
確かな技術力をもって独立して工房を持つ職人もいますが、収入は不安定になるリスクもありますが、やりがいは大きいです。

物作りの職人の試験・資格は?

作る物によっては検定などが存在する場合もありますが、基本的に物作りの職人になるための特別な資格はありません。
良い物を作りたいという意欲や情熱をもって、物づくりの企業に就職することや、場合によってはその道で成功している職人に弟子入りするという方法があります。

物作りの職人の有名人・著名人

物作りの職人のなかでの有名人ですが、実際には誰もが知る人物という有名人は少ないようです。
業界内で広く知られた人物や、有名人ではなくても職人としての技術や仕事がとても評判がよく、一定数のファンがいる職人は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のデザイン・芸術の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.