芸術家

芸術家の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

芸術家を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「デザイン、工芸学」などの学科を卒業
Step.3
企業の専属として就職または個人として活動
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

芸術家を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 55

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

芸術家のお仕事ってどんな仕事?

芸術家のお仕事は、絵画、版画、彫刻、陶芸、工芸などの芸術活動を行い、その作品を売ることで生計を立てている人のことです。
純粋に創作活動だけで生計を立てることはほとんど難しく、類まれな才能とセンス、努力、そして幸運が必要です。

ほとんどの人はフリーランスで活動し、自宅やアトリエなどで働きますが、作品を作っているだけでは、収入を得ることは難しいので、個展やグループ展などで自分の作品を発表したり、テレビや雑誌などのインタビューに答えたり、作品を世の中の人々に広く知ってもらう営業活動も大切な仕事です。
そのなかで、後進の指導を行ったり、弟子をとったりするひともいます。

おすすめの大学(学部)

デザイン、工芸学 …など

芸術系学部がある大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

関連する職業としては、画家、木工芸家、ガラス工芸家、美術造形家、金工家、美術修復家、版画家、陶芸家、竹工芸家、彫刻家、人形作家、書道家、ハワイアンキルト作家、イラストレーターなどがあります。

芸術家のお仕事の給料・年収は?

芸術家は報酬や年収があいまいで、著名な芸術家は年収数億円という金額ですが、作品が売れない芸術家は収入がゼロということもあり得ます。

作品が高額で売れれば数ヶ月分の収入になりますが、逆に売れなければ収入ゼロという月もあるため、ほとんどの人がアルバイトなどを兼業しているようです。

芸術家のお仕事の試験・資格は?

芸術家になるには、大学や専門学校で学ぶことももちろんですが、芸術家に弟子入りしたり、工房に職人見習いとして就職するなどの下積みも、時によって必要になることがあります。

芸術家のお仕事の有名人・著名人

日本の芸術家の有名人では、ドット・ペインティングで有名な草間彌生さん、グラフィックデザイナーから画家へ転身した横尾忠則さん、現代アート作品が人気の加藤泉さんなど、他にも数多くの有名人がいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のデザイン・芸術の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.