芽室高校

偏差値 51

※ 2019年度の偏差値
※ 最も偏差値の高いコースを参照

正式名称

北海道芽室高等学校

( ほっかいどうめむろこうとうがっこう)

Hokkaido Memuro High School

種別 道立
所在地

〒 082-0801

北海道河西郡芽室町東めむろ1条北1丁目6番地

電話番号 0155-62-2624
FAX番号 0155-62-2624
公式サイト http://www.memuro.hokkaido-c.ed.jp/
札幌市で受験対策なら|学習塾・大成会
51

芽室高校の特徴

北海道芽室高等学校は、1948年に設立された全日制普通科の公立高校です。
1948年に設立され、2学期制を採用しています。

校訓は「切磋琢磨」です。

教育目標は、「個性の伸長を図り、創造性の育成に努めるとともに、社会の変化に対応できる能力の育成を目指す」としており、進路希望が就職から進学まで幅広い選択肢が生徒に与えられているのが特徴的です。

3年間の継続的な進路指導や、インターシップ・幼稚園の保育体験実習などキャリア教育を推進し、進路実現を図っています。

芽室高校の主な進学先・就職先

芽室高校の卒業生の進路は、就職・進学様々です。

主な進学先は、北海道教育大学や室蘭工業大学などの国公立大学や、北星学園大学、北翔大学、日本医療大学などの私立大学です。
他にも帯広コア専門学校や北海道ハイテクノロジー専門学校などの専門・各種学校への進学希望者もいます。
2018年度の合格者数は、国公立大学で10名、私立大学で26名、短期大学が17名です。

就職希望者も多く、主な就職先は、日本郵便株式会社北海道支社、北海道ホテル、ニッポンレンタカー株式会社などです。2018年度の就職決定者数は、公務員が8名、民間企業が47名です。

芽室高校の入試難易度・倍率

芽室高校の偏差値は51で、ランクはE~Dクラスに相当されます。2018年度の入試倍率は一般入試で1.0倍、推薦入試で1.1倍です。

芽室高校に合格するために

入試内容は、一般入試と推薦入試の2種類あります。
一般入試は学力検査(国語・数学・英語・理科・社会)と面接があります。
偏差値もそこそこ高くて、入試倍率も変動があるので、難易度としては簡単ではありません。

対策としては、まず学力検査でいい点をとれるようにしましょう。自分の得意教科を伸ばしつつ、少しずつ苦手教科の克服に取り組みましょう。

また、試験本番の雰囲気に慣れるために過去問や模試を繰り返し解くことで問題の傾向をつかむことができます。

面接では、部活動をしていればアピールポイントになるので、しっかり話せるように練習しておきましょう。

国語で40点以上、理科・社会の合計で75点以上、数学・英語の合計で55点以上の得点が合格範囲内に入る目安です。
内申点と入試点の合計が400点以上で合格圏です。

芽室高校の部活・クラブ活動

■運動部

  • 野球部
  • サッカー部
  • テニス部
  • 陸上部
  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • バドミントン部
  • ソフトテニス部
  • 卓球部
  • 山岳部
  • スケート部

■文化部

  • 吹奏楽部
  • 演劇部
  • 茶道部
  • 写真部
  • 美術部
  • ボランティア部
  • 書道部
  • 図書局
  • 放送局
  • 新聞局

芽室高校が輩出した有名人・著名人

不明

成績・偏差値アップなら札幌学習塾「大成会」

芽室高校へのアクセス方法

■JRをご利用の場合
JR根室本線(新得~釧路)大成駅 徒歩10分

北海道芽室高等学校の周辺マップ

北海道芽室高等学校の口コミ

口コミは現在ありません。