成績を上げやすい「家庭教師」の利用頻度・回数の目安とは?

成績を上げやすい「家庭教師」の利用頻度・回数の目安とは?

成績アップのために家庭教師を依頼している生徒や、これから家庭教師を始めようとしている生徒にとって、家庭教師に来てもらう回数どのくらいにしたら最も効果的なのか悩みどころかもしれませんね。実際のところ、家庭教師の授業回数は週何回くらいが一番良いのでしょうか。

ここでは、こうした回数や時間に焦点を当てて、学年ごとそれぞれにベストな授業回数についても解説したいと思います。

家庭教師の利用頻度はどのくらいがベスト?最も効果的なのは週何回?

では、より効率良く学習効果を得るためには、家庭教師をどのくらいの頻度・回数で指導してもらうと良いのでしょうか。

家庭教師に指導を依頼する教科の数にもよりますが、一番オーソドックスなパターンとして、主要教科の中から2教科を指導してもらうと考えた場合、理想的な頻度は週2回(1回につき2時間)が良いのではないかと言われています。これは、最低でも1週間で1教科につき2時間は勉強する時間を確保する必要があるということになります。

この時間を長いと感じるか短いと感じるかは人によるかもしれませんが、効率的に学習効果を高めるためには、ある程度のまとまった学習時間が必要です。

学習に慣れていないからといって、「少ない時間から徐々に増やしていこう」と考えるのも良いかもしれませんが、このようにしてしまうと、短期間に成績を上げることは難しくなる可能性が高くなるかもしれないことを覚悟しておかなければなりません。

また、さらに学習の効率を高めるためには次のようにすることをお勧めします。

  • 授業を連日受けるのではなく、月曜日と木曜日のように間隔をあけて指導してもらう
  • 授業の時間を半分にわけて、1日で2教科分の授業を見てもらう

このようにしてもらうとなお良いでしょう。

月曜日に英語を2時間、火曜日に数学を2時間のように、連続で授業を受けても良いのですが、特に勉強が不得意で家庭教師を依頼した生徒の場合は、約1週間も間隔が開いてしまうと学習内容を忘れてしまうという恐れがあります。日頃から予習・復習をする癖がついている生徒であれば、このペースでもスムーズに学習ができ成績を伸ばせるかもしれませんが、一般的に連続での受講は効果的とは言い難く、成績を伸ばすことが難しいと考えられます。こうした点を注意しながら学習スケジュールを立てるようにしましょう。

家庭教師の最適な利用頻度はどうやって決める?

先に述べたように、家庭教師の利用頻度にはある程度の目安はあります。とはいえ、生徒によって最適な利用頻度はそれぞれに異なります

そこで次に、家庭教師の利用頻度の考え方について、押さえておきたい点を解説します。週に何回お願いしようか迷っているというご家庭や生徒は、ぜひ参考にしてスケジュールを組んでいくと良いでしょう。

どんな「目的」があって家庭教師を依頼したかにより決める

家庭教師の利用頻度の考え方として一つ挙げるなら、「最終的な目的」は何かを考えて利用頻度を決めましょう。

たとえば、定期テストの成績を上げたいのか、将来の高校受験や大学受験を見据えているのかでは最適な利用頻度が異なります。

定期テスト対策や英検受験などのように、短期的な成績向上を目的としている場合には、間隔をあけずにまとめて学習をする方法がおすすめです。1週間に2~3日程度の頻度でスケジュールを組んだり、1回の授業あたり90~120分と長めに時間を設けたりと、できるだけまとめて学習できるようなプランを考えてみると良いでしょう。

一方、数年後の受験対策やじっくりと苦手教科の対策をお願いしたい場合は少し異なります。この場合は、スケジュールを無理に詰め込む必要はなく、週1回90分や週2回60分のように、できるだけ生徒の負担にならないペースで依頼することをおすすめします。効果が表れるまで時間がかかることが予想されますので、焦らずじっくりと学習に取り組めるような環境を作っていくと良いでしょう。

大抵の家庭教師は、指導時間に関して途中からの変更にも応じてくれます。もしも短期的、長期的、両方の目標がある場合には、生徒の意見聞きながら親子で話し合い、柔軟にスケジュールを調整するようにしましょう。

集中しやすい時間帯をどのくらいにするかで考える

家庭教師を依頼する際は1回の授業で「60分」「90分」「120分」の3パターンのうちから選ぶことが多いようです。授業時間があまりにも長すぎると、生徒の集中力やモチベーションが続かないため、授業時間の長さは「集中力が続く範囲」におさめておくことが必要です。

そこで具体的に、授業時間の決め方のポイントを次に紹介していきましょう。

まずは「60分」の場合です。家庭教師を依頼するケースとしては、60分は指導時間としては最も短めとなりますので、まずは勉強することがあまり得意ではない生徒におすすめです。

いきなり長時間学習することに不安を感じている生徒や保護者は、まずは気軽に始めやすい60分のコースを検討してみてはいかがでしょうか。

意外と60分は短く指導してもらうにはあっという間の時間かもしれませんが、教科を絞ってポイントを押さえた指導をしてもらうには十分な時間ともいえます。例えば、1教科だけに絞って集中的にテスト対策をしたり、小さなお子さん、特に小学校低学年の生徒を受け持ってもらう際には授業の時間があまり長すぎない方が良いとされています。60分間の授業であれば、1教科を見てもらうことが限界です。このことを念頭に、もしも一度に複数の教科を学習したい場合は、それなりの工夫などが必要になってくることを心がけておきましょう。

次に「90分」コースの場合。家庭教師を依頼するには90分が標準的なコースと言えるでしょう。

90分授業は、60分から授業時間が30分増えるだけですが、これだけでも学習方法の幅がぐっと広がり、バランス良く学習できるのでおすすめです。学習習慣がまだついていなくて、60分コースから始めた生徒であっても、慣れてきた頃に90分コースへの変更を検討してみても良いかもしれません。というのは、授業の時間が90分になると、「45分+45分」で2教科を教えてもらうことが可能になるからです。

もしも苦手教科に絞って学習したいという要望がある生徒であれば、1教科を集中的に指導してもらうということもできますし、また、90分は大学の授業の1コマの長さと同じなので、少しでも慣れておきたいという高校生へも90分コースはぴったりです。

最後に「120分」コースの場合です。
90分と同様、120分と時間が増えることで、学習の幅がさらに広がる一方で、集中力が途切れやすくなるのが注意点です。そのため、120分は日程的に短期集中して学習をしたい場合や、学習習慣がすでについていて90分指導に慣れている生徒にふさわしいコースと言えるでしょう。

生徒の集中力が保てるようにするためにも120分の授業では、多くの家庭教師は「60分+休憩+60分」のように、授業をわけて行うことが一般的です。

120分と十分な学習時間を確保できるため、2~3教科の学習に取り組んだり、テスト対策を行ったりと、目的に合わせてさまざまなカリキュラムを組むことができます。また、演習問題をこなすこともできるほど十分な時間を確保することができ、着実に実力をつけられるコースです。そのため、特に難関校を目指している生徒は、120分も検討してみることをお勧めします。

対策する教科を限定して家庭教師を活用する

家庭教師に学習指導してもらう教科は、できれば全教科指導してもらえたらいいなと考える人もいるかもしれませんね。けれども効率的に成績アップを狙うのであれば、対策する教科を限定する方が良いでしょう。
たとえば、1回90分授業を週2回、家庭教師に授業をしてもらうケースを考えた時、各教科の学習時間は1週間あたり90分となります。ここから教科数を増やすと、1週間1教科あたりの学習時間は計算上減ってしまいます。1教科あたりの学習時間が週1時間よりも少なくなってしまうようでは、十分な指導を受けることができないでしょう。

こうしたことからも、家庭教師で対策する教科は、苦手科目だけに絞って指導してもらうことや、多くても2~3教科以内としておくことをおすすめします。

年齢別・おススメの家庭教師の利用頻度と平均時間は?

一般的な学習頻度と学習時間についてこれまで述べてきましたが、小学生と高校生では集中力や学習内容が異なるため、必ずしも同じことが当てはまるとは限りません。ここからは年齢別に、おすすめの家庭教師の利用頻度と平均時間について紹介したいと思います。

小学生の場合

まずは小学生の家庭教師の利用頻度についてですが、単に成績アップを目的としている小学生の場合であれば、家庭教師の利用頻度は週1回60分か、週1回90分が一般的です。一方で、中学受験のために家庭教師を依頼することを考えている小学校高学年の児童であれば、週に2回以上の指導も良いでしょう。
小学生の指導教科については、基本的には全教科をみてもらうケースが多いようですが、高学年になると苦手教科や伸ばしたい教科が明確になるため、教科数を絞って指導してもらうこともあるようです。

中学生の場合

中学生になると、指導してもらいたい教科数により家庭教師を利用する頻度が変わります。一つの目安としては1教科につき週に2時間、1回あたり60分、もしくは90分と考えるのが一般的です。したがって、60分授業なら授業の頻度は1教科であれば週2回、2教科であれば週3~4回と考えられます。家庭教師に指導してもらう教科については、「英語と数学」のように1~2教科に絞るケースが多いようです。

高校生の場合

さらに高校生となると、生徒の目的や学力によって家庭教師の利用頻度は大きく異なります。
目安は「1教科につき週に2時間」と中学生の時と同じですが、基本的には生徒の学力や志望校に合わせたカリキュラムを組むことが多いです。学習状況に応じて、テスト前や受験前に指導を増やすといったケースも多いです。
家庭教師が指導する1回あたりの時間については、90分か120分が一般的です。高校生になると、60分の授業では物足りなくなり十分な学習できない可能性もあるため、やや長めの指導時間を確保するケースが多いようです。

ベストな家庭教師の利用頻度と回数、結論は…

以上のことを踏まえて、家庭教師を依頼するときの最もお勧めの利用頻度と回数については、「週2回90分」が、大多数の生徒に当てはまるのではないかと考えられます。

例えばテスト期間や受験前などはこれに当てはまらないかもしれませんが、普段の学習を考えた時には、「週2回90分」であれば、予算的にも塾とあまり変わらないですし、最も効率的な選択と言えます。次のような理由からこのように考えられます。

まず、週2回という受講頻度について解説します。週1回でも良いのですが、少し学習期間が空きすぎてしまうため、授業の内容を忘れてしまったり、モチベーションが維持できないということが起こりがちです。週2回であれば、おおむね3日おきに授業があることになり、授業内容が忘れにくいと言えます。

次に90分という授業時間についてですが、人間が一つのことに集中できる時間の限界は45分~60分と言われています。学校の授業が45分~60分なのは、このように科学的根拠に基づいて、人間の集中力が続く限界に設定されているからなのです。

このようなことからも家庭教師との学習時間は45分~60分とすることが理想的なのですが、60分の授業時間では案外あっという間に終わっていまいます。せっかく家庭教師がマンツーマンで指導できるのですから、生徒のコンディションに合わせて問題演習、問題解説をしたり、休憩や雑談などを入れながら授業をしていくことが望ましいと言えます。こうしたことを踏まえて家庭教師の側で調整できる時間的な余裕を考えると、90分あれば無理なくそれらをこなすことができます。

仮に授業時間が60分だとすると、ちょうど生徒のやる気が上がってきたと思った時にもうすぐ終わり、ということにもなりかねません。また集中力が続きにくい生徒には、あえて後半も頑張ってもらい、長時間の学習に慣れることで、学校のテストや入試本番のような長時間の勉強にも集中力を切らさずにやり遂げるトレーニングができます。

このように、週2日家庭教師との学習を続けていった結果、一つの良いケースとしては、目に見えて生徒が前向きになり上昇志向が芽生えるといったことがあります。

これはなぜかというと、家庭教師と共に勉強意識を高く持続している生徒は、だんだん性格に変化が見られてくるようになるからです。生徒の興味や関心が遊びから「勉強や将来の夢」へと、変化し、上昇志向を持った人格が形成されていくことがあります。

生徒は将来の夢について、さまざまなことを家庭教師に話すことがあるかもしれません。家庭教師がそうした質問に答えることで、将来のぼんやりとした夢が具体的になって、生徒は将来に向けて自分で動き出しやすくなるのです。

また、週2回の学習では、知識の積み上げがしやすいというのも大きなメリットです。3、4日おきに学習のペースを保つことで、前回の授業の記憶がまだしっかりと残っているうちに、授業を行うことできます。そこからさらに積み重ねができるので、学習の土台が崩れずに、知識をしっかりと積み上げることができるようになります。

家庭教師なら生徒に合わせたきめ細やかな頻度と時間設定が可能

ただ、週2回90分がベストだとはいえ、さまざまな理由、特に経済的な理由から、なかなかそれが叶わないという生徒もいるでしょう。

そんな人は、週1回60分の授業から始めてみてはいかがでしょうか。もしもそこでもっと効率よく学習したいと感じたら、週2回90分に変更することも可能です。月謝に換算してしまうと週1回60分の方が安いかもしれませんが、金額ではなくコストパフォーマンスで考えたら、案外週2回90分の方が生徒にとって金額以上の良い効果が期待できるかもしれません。

このような時間や頻度の変更や細かな状況に応じた対応がしてもらえるのも、家庭教師ならではの良さです。学校のペースに合わせて勉強をみてもらえたり、一緒に宿題に取り組んでもらえたり、弱点に絞って指導してもらえたりと、きめ細かく指導してもらえることを考えたら、生徒によっては家庭教師の方が塾に通うよりも案外無駄がなく効率が良いと感じるかもしれません。

一方で、普段の家庭学習や宿題などを全くやらないという生徒については注意が必要です。
家庭教師は生徒の学力や状況に応じて、完全にできる範囲と量の宿題を出してくれることがほとんどです。この宿題を、短い時間でも良いので普段の家庭学習で取り組んでもらいたいのですが、この宿題すら取り組まない生徒に関しては、当たり前ですが、なかなか学力伸びません。せっかくの授業内容が、1週間の間に抜け落ちてしまいます。すると前回の復習や繰り返しばかりで授業が前に進めることができません。

このような生徒の場合は、もしも金銭的に余裕があるようであれば、短期間でも週3回や毎日というように、コマ数を増やしてみるのがお勧めです。

また、将来を見据えてきちんと自立している中学生や高校生、テスト期間や受験前でやる気に満ちている生徒であれば120分でも大丈夫です。ただし注意点として、120分の学習時間は、どのような生徒でも疲れるため、効率が落ちてしまうこともあります。けれども、長時間の学習をこなしたということで達成感を感じることもできますし、試験に臨むための体力づくりにもなります。

家庭教師を活用して、最適な学習の進め方を見つけるのが大切

学習効率を高めるには、最適な頻度で家庭教師を利用することが大切です。そのためにはまず、生徒の学習の目的や現状と生徒の意志を再確認することで、最適な学習の進め方を見つけることが重要です。
信頼できる家庭教師に出会えて共に楽しく学習することができれば、きっと学習に対するモチベーションが上がります。そうなれば大成功です!

最も大切なことは、生徒が自らの意思で主体的に授業のスケジュールを立てることです。それができれば、その生徒は間違いなく成績がアップの手がかりが掴めるはずです。

この記事を監修した人

チーム個別指導塾
「大成会」代表:池端 祐次

2013年「合同会社大成会」を設立し、代表を務める。学習塾の運営、教育コンサルティングを主な事業内容とし、札幌市区のチーム個別指導塾「大成会」を運営する。「完璧にできなくても、ただ成りたいものに成れるだけの勉強はできて欲しい。」をモットーに、これまで数多くの生徒さんを志望校の合格へと導いてきた。

\この記事をみんなにシェア!/
公開日:2022年12月1日