塾と家庭教師どっちがおすすめ?生徒さんに合った選び方のポイント

塾と家庭教師どっちがおすすめ?生徒さんに合った選び方のポイント

お子さんの学習の手助けとなる、学習塾や家庭教師。成績や順位をもっと伸ばすために学習指導のプロである学習塾や家庭教師は頼りになるものです。
ならばどちらも…と考えたいところですが、費用がかさみ、お子さんの負担も増えてしまいます。最終的にどっちつかずにならないよう、いずれかを選ばざるを得ないことでしょう。

この記事では、塾と家庭教師のどちらがおすすめか、生徒さんに合った選び方のポイントを解説します。

こちらも併せてご覧ください

塾の種類

学習塾には以下の種類があります。

集団指導塾

最も一般的なイメージに近い塾です。
決められた日時に通い、年間スケジュールに沿ったカリキュラムで、大人数の入る教室で授業が行われます。
仲間やライバルが多く、受験学年では志望校対策がきっちりなされます。

個別指導塾

基本的には少人数で、集団指導塾と家庭教師の中間のイメージの塾です。
曜日・時間帯・レベルが個別に設定されるのが特徴です。
生徒の学力に応じて、苦手教科の克服や志望校対策など、オーダーメイド型の授業が受けられます。
集団指導塾と違い、学期の途中から入塾しても学習内容についていけるのが長所です。

家庭教師の種類

家庭教師の特徴は日時・教科・内容・レベル・受講回数などを自分の要望に合わせて選べることです。
講義・演習・質問のどれを重視するかも相談次第です。

家庭教師には以下の種類があります。

従来型の家庭教師

お子さんのご自宅を訪問し、決められた日時に学習指導を行います。
カフェやファミレスなど、自宅外で指導が行われることもあります。

オンライン家庭教師

近年登場した新たな形態の家庭教師で、特徴は「ビデオ会議ツールを用いた双方向のマンツーマン指導」です。
あたかも自宅に訪問しているかのように、講師と生徒が互いに会話しながら授業を進められるため、わからないところもすぐに解決できます。
出先で授業を受けることも可能で、質の高い授業が「いつでもどこでも」受けられるのが最大のメリットです。

おすすめのオンライン家庭教師はコチラ!
名門・難関校への高い合格実績を誇る学習塾「大成会」が運営するオンライン家庭教師です。

オンライン家庭教師が広がっている背景

コロナ禍によるリモートワークの浸透に伴い、長くリモートワーク後進国であった日本社会もインターネット通信を利用したZoomなどビデオ会議システムの認知が進みました。
2020年には約4割の企業がリモートワークを取り入れたという調査結果もあります。

こうした社会の変化の後押しもあり、近年「オンライン家庭教師」が増えています。
2021年のある調査では、オンライン家庭教師を初めて利用するご家庭は全体の82%で、顕著な増加傾向にあることが窺えます。

オンライン家庭教師の自由度の高いカスタマイズ性はなんといっても魅力です。
講師の幅も難関大学の大学生からプロの家庭教師まで、幅広いレパートリーが揃っています。
従来の家庭教師の長所を兼ね備えつつ、融通が効くところがオンライン家庭教師の最大の強みです。

また、一部の講師は塾の講師をやりながら、オンライン家庭教師をしているケースもあります。
そうした”兼業講師”の方は塾と家庭教師のそれぞれの良さや強みを把握しているため、指導を受ける際は頼りになることでしょう。

家庭教師と塾のメリット・デメリット

以下では、家庭教師と塾にそれぞれどのようなメリットデメリットがあるかについて解説します。

①家庭教師のメリット

自分のペースで指導を受けられる
多くの塾は進学実績を上げたいと考えているため、学習ペースは往々にして非常に早く、ついていけないこともあります。
逆に、周りの生徒の学力レベルが自分と比べて著しく低い場合や、すでに学校の授業で学んだことを習う場合、知っていることを繰り返し学ぶため時間の無駄になってしまいます。

一方、マンツーマンの完全個別指導である家庭教師なら、授業をイチから最後まで聞く必要はありません
自分の知りたいところだけをピンポイントで質問できるため、時間の無駄を省けます。

学習が得意でどんどん先に進みたいお子さん、逆に学習が苦手でマイペースにゆっくり進めたいお子さん、いずれのタイプにも家庭教師は適しています。

時間と場所の融通が効く
授業時間が決められている塾と違い、指導時間帯を自由に設定できます。
平日・週末、午前・午後・夜などの選択肢から、自分の最も集中しやすい曜日と時間帯を選べます。
体調不良や急な用事で都合が悪い時も、講師にその旨を連絡して日時を簡単に振り替えられるので無駄に授業を休むことがなく、コンスタントに指導を受けられます。

また、塾のロケーションは得てして多くの生徒が集まることのできる都市部のビル内にあります。
教室は殺風景であることが多く、緊張しやすいものです。
その点、家庭教師なら慣れた自宅の集中できる部屋で、リラックスした気分で指導を受けられます。
交渉次第では、近くのカフェやファミレスで指導を受けることもできます。

移動時間がかからず、部活動と両立できる
地味なポイントですが、家庭教師の大きなメリットです。
多くの学習塾は、たいてい駅前など利便性の良い立地にあります。
遠方の学習塾となると電車やバス通いとなり、貴重な時間をとられます。

その点、自宅に来てくれる家庭教師は自分の時間を有効に活用できます。
部活動・アルバイトなどの課外活動や趣味との両立がしやすいことでしょう。

②塾のメリット

良い刺激を受けられる
人間のパフォーマンスは良くも悪くも周りの環境に左右されます。
目的意識を持った向学心の高い生徒が集まる塾では学校と違い、当たり前のように大勢の生徒が高いレベルの問題に熱心かつ自主的に日々励んでいます。
この環境に習慣的に接することで、無意識のうちに「自分も頑張らないと」という気持ちに自然とさせられることは塾の最大のメリットです。

そのようにして学習に取り組む結果、生徒の力はときに本来持っている以上に伸びていきます。
分からないところを互いに教え合ったりし、仲間と一緒に学びながら励まし合い、ライバルと切磋琢磨することで、勉強をよりいっそう頑張れることでしょう。

長時間の辛い勉強も大勢の仲間がいれば頑張れるものです。
通塾時間や空き時間のたわいのない会話や雑談も、疲れた心身をリラックスさせ、心理的に良い効果をもたらしてくれることでしょう。

ノウハウの蓄積を享受できる
名の知れた学習塾は、学力向上や受験対策における長年の優れた蓄積があります。
授業が滅法上手で、話術に長けたベテラン講師も多く、異なる考え方や解法を容易に知ることができ、受験ノウハウを効率よく摂取できます。

情報交換ができる
受験は一種の情報戦なので、良い参考書や志望校に関する情報、入試倍率や問題の傾向と対策など、最新情報をつねに仕入れる必要があります。
そのために信頼できる情報の入手は不可欠です。
大手の学習塾ほど、相談できる講師やチューター、友人など交流の輪が広がるため、有益な情報が集まりやすいでしょう。

③家庭教師のデメリット

講師の相性に左右される
塾では講師との相性や指導レベルが合わない場合、相談によるクラス替えなどが比較的容易です。
一方、いったん決めてしまうと家庭教師は融通が効かないのが普通です。
指導内容の問題であれば要望を伝えればよいですが、どうしても講師との相性が合わない場合、キャンセルして一から再検討しなければなりません。

競争心を刺激されない
仲間やライバルがいない状況で自分を奮い立たせる必要があります。
ひとりで学習を続けることは孤独に強くなくてはいけません。
講師に相談するなどして、克己心や競争心をいかに身につけるかがカギになるでしょう。

わからない問題を聞く相手がいない
学力向上を目指すためには、独力で解けないような難解な問題に日々立ち向かうことは不可欠です。
自宅学習の場合、家庭教師に会える曜日まで解き方やアドバイスを尋ねることはできません。
よって、効率的な自習の方法を知らないと、貴重な時間を浪費しかねません。

④塾のデメリット

周りのペースに乱される
周囲の優秀そうな生徒たちが一心不乱に勉強しているのをみて圧倒されたり、成績や学力の差が可視化されやすいのが塾です。
余計な情報を知ることで惑わされ、ペースを乱されてしまうタイプのお子さんには辛い環境かもしれません。

課題が多く、負担が大きい
塾では同じクラスである限り、生徒間の学力差によらず、全員一律の課題が出ます。
ハイレベルな塾ほど高い合格実績を出すために、志望校のレベルの高い生徒に照準を合わせます。
そのため、学校とは比べものにならないほど、課題の質と量がはるかに高くなります。
おのずと授業や課題についていけないお子さんも出てしまい、自己肯定感の低下や自信喪失につながりかねません。

移動時間がかかる
大手の学習塾になると、お住まいの地域によっては電車通いも当たり前です。
となると、通塾に往復1時間かそれ以上かかることもざらです。
少なからず交通費の負担がかかるだけでなく、帰宅時間が夜遅くなるため、特に女の子の親御さんは心配になることでしょう。

塾と家庭教師の探し方

次に、適切な塾、あるいは家庭教師をそれぞれどのように探せば良いでしょうか?

学習塾を探すことは比較的簡単です。
少し大きな駅前に行くと、ビルの目立つ看板とともに、学習塾のネオンの明かりが煌々と灯っているのをよく見かけます。
あるいは友人・知人の口コミや、インターネット検索で見つかれば、後は問い合わせるだけです。

一方、家庭教師は個人なので、探すのは若干ハードルが上がります。
街中で見かけることはできず、友人・知人の紹介以外だと、大学やインターネットの紹介サービスなどで探す必要があります。

オンライン家庭教師であれば、コチラがおすすめです。
名門・難関校への高い合格実績を誇る学習塾「大成会」が運営するオンライン家庭教師です。

塾と家庭教師、どっちがふさわしい?選び方

塾と家庭教師を選択するうえでどちらがふさわしいかは、いくつかの観点があります。

①お子さんの性格で選ぶ

お子さんの性格によって大きく異なる両者の違いは、学習指導を大人数で行うか、マンツーマンで行うか、という点です。

塾に通う場合、

  • 友人がいるため、一緒に問題を解ける
  • 賑やかな雰囲気で学習できる
  • 他人の考え方・解き方が知れる

というメリットがある一方、

  • 友人がいるため、ついおしゃべりに夢中になる
  • 会話や騒音で集中ができない

というデメリットがあります。

他方、家庭教師の場合、

  • 静かで一人の環境のため、集中できる

というメリットがある一方、

  • 話し相手や問題を一緒に解く相手がいないため寂しい

というデメリットがあります。

すなわち、お子さんが「ひとりでいる方が好きであり、集中できる」か、「大人数でいることが好きであり、集中できる」のどちらのタイプに該当するかで、塾と家庭教師のどちらに向いているかがある程度分かるでしょう。

②学力レベルで決める

もうひとつの両者の違いは、生徒の学力レベルにカスタマイズしてくれるかどうか、という点です。
お子さんの学力にカスタマイズするマンツーマンの家庭教師の場合、個々人の目指すレベルが大きく変わってくる受験対策において大きな強みを発揮します。

一方、大人数の塾の場合、指導するレベルはお子さんではなく、周りの生徒によって決まります
授業指導のレベルが自分の学力と比べて高すぎる、あるいは低すぎる場合は満足度が下がるため、クラス替えを検討しなければならなくなります。

③志望校や就職先に基づいて決める

塾と家庭教師では、目指す志望校や就職先の観点も異なります。
塾の場合、規模や実績にもよりますが過去何十年分にもわたる受験情報を有するため、傾向と対策をしっかり把握したうえで、データと経験に基づいたきめ細かい指導を展開してくれます。

一方、家庭教師は多くの場合、個人の経験に基づいた指導になります。
そのため当たり外れが大きく、どうしても信頼性に欠けることは否めません。

ただ、ここでも家庭教師の強みはマンツーマン体制であることです。
大手の学習塾ではひとりひとりへの手厚い進路指導は労力に限りがあり難しいものですが、家庭教師であれば、志望校の選定や就職先の相談について、お子さんの悩みにじっくりと時間をかけて親身に答えてくれます。
また、志望校の変更など、急な心変わりやアクシデントにも対処しやすいのが家庭教師の強みです。

④費用面で決める

親御さんが気になるポイントのひとつは、やはり費用ではないでしょうか。
費用面では塾と家庭教師のどちらがよいか、これは地域や種類によるところが大きく、一概に言えません。

授業料の単価だけでみると、やはりマンツーマン指導の家庭教師が最も高く、個別指導塾、集団指導塾と続く傾向にあります。

家庭教師 > 個別指導塾 > 集団指導塾

ただし、実際には塾の立地、講師の数、教材の質といった他のファクターも影響します。
たとえば大手の進学塾の場合、費用が非常に高額になる一方、中規模~小規模の塾は比較的リーズナブルな価格になっています。

他方、家庭教師は講師の質のバラつきがさらに大きく、費用もまちまちです。
家庭教師紹介サービスを利用する場合は紹介業者にも依存し、塾より高額な場合とそうでない場合があります。
また、個人経営の家庭教師の場合、費用は交渉次第です。

さらに、家庭教師の場合は塾にはない諸経費がかさみます。
従来型の家庭教師であれば交通費やお菓子代、オンライン家庭教師であれば機材費・通信費などの諸費用がかかります。

以上を鑑みたうえで、比較検討する必要があるでしょう。

塾と家庭教師の本質的な違い

両者のメリット・デメリットなどについて詳しく説明してきましたが、それでも迷っている方もいるかもしれません。
塾と家庭教師の本質的な違いはどのような点にあるのでしょうか?

塾は英語で”Cram School”と言い、”Cram=詰め込み”という意味です。
ですが、その意味が通じる外国人はほとんどいません。
これは日本式の英語であり、多くの諸外国は”詰め込み教育”ではないからです。

日本も昔ほど”詰め込み教育”ではなくなりましたが、その名残は残っています。
記述式問題の割合が増えたとはいえ、基礎となるのはやはり前提知識の習得です。

学習は本来、学び方や学ぶ目的、理解の仕方がひとりひとり違います。
1を知って10を知る子もいれば、1を知って0.5の子もいます。
ところが、塾は人数が多いため、教え方を個人個人にカスタマイズできません。
かといって、生徒の特性をよく知らないまま下手に課題の量を減らすと、学力が伸びないリスクが伴います。

結局、全体最適を追求すると、等しく大量に課題を出して知識を”詰め込む”ことは最も確実な方法です。
有名大手の学習塾ほど、”合格実績”は至上命題なのでその傾向は強まります。
塾とは文字通り、知識を詰め込むところであり、その土台の上でアドバンスな問題の明快な解き方や攻略法を教えてくれる場なのです。

お子さんのタイプを見極めましょう

一方、家庭教師はどうでしょうか?
古くは何千年も前から歴史があり、塾とは全く逆に、個人個人に学びをカスタマイズすることが主目的です。
最適化の結果として”詰め込み型”になることはあるかもしれませんが、基本的にはお子さんの学び方や学ぶ目的、理解の仕方に応じるのが家庭教師の良さであり、強みでもあります。
また、関係性が深いためにお子さんの人間形成にも寄与します。

したがって、お子さんが「自由な形で伸びる」「型に嵌めた形で伸びる」のどちらのタイプであるか、あるいは「オールドスクールなスタイル」「現代的なスタイル」のどちらのスタイルで学びたいか、が焦点になってきます。
前者であれば家庭教師、後者であれば塾となります。

いずれも優劣はありませんが、お子さんがどういうタイプかが分かれば、おのずと答えが見えてくるでしょう。

まとめ

指導形態が異なる塾と家庭教師は、種類や特徴、メリット・デメリット、探し方、費用、歴史などの面でも大きく異なります。とりわけ、メリット・デメリットはかなり違うため、お子さんが後悔しないよう、状況に合わせて慎重に考える必要があります。費用については質によるバラツキは大きいものの、平均すれば大差ないのが実情です。

昔から家庭教師といえば、指導内容や時間の融通が効くことが何よりのメリットでした。加えて近年、「オンライン家庭教師」が新たな形態として、急激に伸びています。オンライン家庭教師は時間や場所の融通が効き、部活動との両立もしやすく、カスタマイズ性がさらに増したことが最大の長所です。忙しいご家庭でも制約を超えて、より自由な形で学習指導を受けられることが魅力です。

おすすめのオンライン家庭教師はコチラ!
名門・難関校への高い合格実績を誇る学習塾「大成会」が運営するオンライン家庭教師です。

塾と家庭教師のどちらがふさわしいかは、お子さんの志望校やお住まいの地域のほか、性格・特性・友人関係・現在の学力レベルなどによって決まります。得意教科や苦手教科を把握するだけでなく、希望進路や志望校がはっきり定まると目的意識が芽生え、塾と家庭教師の優劣がくっきりみえてきます。

目標決定や進路決定をできるだけ早めに行うべく、お子さんと緊密な情報共有を行い、よく話し合ったうえで本人の希望に合う方に導いてあげましょう。

この記事を監修した人

チーム個別指導塾
「大成会」代表:池端 祐次

2013年「合同会社大成会」を設立し、代表を務める。学習塾の運営、教育コンサルティングを主な事業内容とし、札幌市区のチーム個別指導塾「大成会」を運営する。「完璧にできなくても、ただ成りたいものに成れるだけの勉強はできて欲しい。」をモットーに、これまで数多くの生徒さんを志望校の合格へと導いてきた。

\この記事をみんなにシェア!/
公開日:2022年11月9日