【塾】と【家庭教師】どちらを選べば良い?それぞれの利用率と選び方

【塾】と【家庭教師】どちらを選べば良い?それぞれの利用率と選び方

学習塾に通うべきか、家庭教師をつけるべきか… 生徒さんの性格や学習進度なども加味して検討すべき問題ですが、学年ごとに家庭教師と塾の割合はどうなっているのか気になるところでしょう。

まずは家庭教師と塾の利用率をご覧ください。

家庭教師と学習塾の利用率

学習塾と家庭教師の利用率を比較すると、塾のほうが圧倒的に多いことが分かります。

学習塾の利用率は、学年が増すに連れて徐々に利用率は高まり、中学3年では65.2%にのぼります。

一方、家庭教師の利用率も学年が上がるごとに増してはいますが低率で推移しています。

※文部科学省 公開資料より

学年別・塾と家庭教師の利用率

しかしながら、上記の調査報告は平成20年の資料となるため、コロナ渦で大きく状況は変わったものと考えられます。通塾しづらくなった現在、自宅に居ながら個人指導の学習塾やプロ家庭教師と同程度の水準で学習ができる【オンライン家庭教師】が人気を集めています。

おすすめのオンライン家庭教師はコチラ!

名門・難関校への高い合格実績を誇る学習塾「大成会」が運営するオンライン家庭教師です。

オンライン家庭教師がどのようなサービスか、実際に利用してどのようなメリット・デメリットがあるのか、以下の記事でご紹介していますので併せてお読みください。

大成会は2013年の創業以来、札幌を拠点にシェアを拡大し、2022年現在6つの教室を持つ学習塾です。
名門・北海道大学(医学部)の受験勉強が得意な講師が多数在籍しており、これまで数多くの生徒さんを第一志望校の合格へと導いてきました。

この高い合格実績を誇る大成会が提供する「オンライン家庭教師」のサービスですので、学習塾へ通いづらくなった生徒さんも、今後「塾」か「家庭教師」か迷われている生徒さんも、是非「オンライン家庭教師の大成会Net」をご検討ください。

家庭教師の費用・平均額(通信教育を含む)

次に、生徒さんに家庭教師をつけているご家庭における学年ごとの平均費用を表した表をご覧ください。これから家庭教師をご検討されている方は参考にしてみてください。

表中、数値は割合を示す%です。色付きのセルは「0円」を除いて金額段階別の構成比が最大となっている箇所です。※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より

区分幼稚園小学校中学校高等学校(全日制)
公立私立公立私立公立私立公立私立
0円83.279.470.863.074.877.986.884.2
~1万円5.96.03.23.62.32.92.22.5
~5万円10.312.416.515.48.16.73.85.2
~10万円0.51.67.79.19.04.22.22.3
~20万円0.51.23.93.64.53.73.3
~30万円0.10.41.71.41.20.31.2
~40万円0.11.10.50.60.40.5
40万円~2.20.22.00.50.8

早い子は幼稚園児の頃から家庭教師をつけて学習を始めていることが分かります。

中学(公立)を除く全ての学年で、家庭教師の利用における金額の平均は1~5万円となっています。

年間の家庭教師に支出した平均額を見ると、やはり高校受験を控えた中学生の平均額が高いです。

学年別・家庭教師の平均費用

続いて、学習塾の割合も見てみましょう。

学習塾の費用・平均額

学習塾を利用している生徒さんのいるご家庭における平均費用が以下の表になります。

区分幼稚園小学校中学校高等学校(全日制)
公立私立公立私立公立私立公立私立
0円88.277.760.924.930.739.762.261.8
~1万円2.53.83.12.01.42.72.92.4
~5万円4.15.89.98.16.55.84.24.6
~10万円2.84.79.39.46.56.53.74.4
~20万円1.64.310.616.313.014.26.55.7
~30万円0.61.52.710.513.412.26.84.5
~40万円0.20.71.47.810.17.14.63.7
40万円~1.42.020.918.411.89.113.1

学習塾の場合も同様に、早い子では幼稚園から学習を始めていますが、違いとして塾の場合は私立小学校の支出額が大きいことがあり、おそらくは中学受験から塾通いをする子が多いことが影響していそうです。

塾と家庭教師では基本的に料金自体に差がありますが、塾に通う生徒さんの割合が多いため、支出する金額も家庭教師より多いです。

学年別・学習塾の平均費用

尚、オンライン家庭教師の大成会Netでは、合格実績の高いチーム個別指導塾の講師(医学部生)であり、学習塾と家庭教師の良い所取りが魅力のひとつです。

さらに、コースは小学生~高校生まであり、不登校の生徒さんにも対応。価格もリーズナブルな料金設定となっています。

小学生コース中学受験コース中学生コース中高一貫コース高校生コース
2,900円5,200円3,400円5,200円3,700円

料金について詳しく見る

塾の講師によるオンラインの家庭教師ですので、塾と家庭教師を併用することに近い感覚で学習ができます。

まとめ ~生徒さんの状況に合わせてご検討を~

以上のデータから塾と家庭教師どちらを選ぶべきかの参考になれば幸いです。

塾にも家庭教師にもそれぞれのメリットとデメリットがありますので、生徒さんの学習進度や性格などを加味して最適な学習環境を考えるようにしましょう。

この記事を監修した人

チーム個別指導塾
「大成会」代表:池端 祐次

2013年「合同会社大成会」を設立し、代表を務める。学習塾の運営、教育コンサルティングを主な事業内容とし、札幌市区のチーム個別指導塾「大成会」を運営する。「完璧にできなくても、ただ成りたいものに成れるだけの勉強はできて欲しい。」をモットーに、これまで数多くの生徒さんを志望校の合格へと導いてきた。

\この記事をみんなにシェア!/
公開日:2022年10月28日