宇宙飛行士

宇宙飛行士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

宇宙飛行士を目指すための主な進路

宇宙飛行士
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「宇宙・地球学、材料工学、電気工学、環境学」などの学科を卒業
Step.3
研究機関や官公庁に就職
Step.4
JAXAの宇宙飛行士選抜試験に合格

宇宙飛行士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 68

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

宇宙飛行士ってどんな仕事?

宇宙飛行士は、宇宙船に搭乗して宇宙にある国際宇宙ステーション(ISS)や実験棟での実験や観察、操作、修理、保全をする仕事です。

ISSは、宇宙で人間が生活できるように作られた宇宙基地で、宇宙飛行士はここに滞在して業務をしています。
地上にいる期間は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)で訓練をしています。

状況を冷静に判断する技術や宇宙を想定した訓練、閉鎖的な空間での長期任務など精神力や集中力も求められます。
チームで働くのでコミュニケーションや英語は必須です。
宇宙に関する知識や研究に対する技術などさまざまなことが求められる仕事です。

おすすめの大学(学部)

宇宙・地球学、材料工学、電気工学、環境学 …など

宇宙、地球学、材料工学、電気工学、環境学を学べる大学や大学院に進学して研究機関や官公庁に就職をします。
宇宙飛行士の募集は定期的に募集していなく、応募条件も難しいので難易度が非常に高いです。

宇宙飛行士の給料・年収は?

初任給は、30万円です。
平均年収は、600万円~1,000万円です。
宇宙滞在期間が長いとさらに高額になります。

宇宙飛行士の試験・資格は?

理科系の学部を卒業して自然科学の研究や開発の仕事を3年以上経験してJAXAが募集している宇宙飛行士選抜試験に合格すると宇宙飛行士の候補者になれます。
身長、体重、血圧、視力、視覚など身体能力が求められます。
海外との通話も多くあり英検1級レベルの英語力は必須になります。
2万人応募して合格者10人ほどと言われています。

宇宙飛行士の有名人・著名人

山崎直子、向井千秋、毛利衛、秋山豊寛、Neil Armstrong

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の乗り物・宇宙の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.