危険物取扱者

危険物取扱者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

危険物取扱者を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「エネルギー・資源工学、農学、電気工学」などの学科を卒業
Step.3
危険物取扱免許の資格を取得
Step.4
発電所の保守員、ビル設備管理員、ガソリンスタンドなどで活躍

危険物取扱者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
55 ~ 57

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

危険物取扱者ってどんな仕事?

危険物取扱者は、ガソリンや灯油などの危険物の取扱や管理、保守をする仕事です。
仕事をするには資格試験に合格する必要があります。
資格の種類は、甲種、乙種、丙種の3種類があり、扱える危険物がそれぞれ違います。

資格があればガソリンスタンド、工場、薬品、燃料などの職場に就職ができます。取り扱いが難しい危険な燃料や薬品を取り扱うので、知識や技術も必要になります。

おすすめの大学(学部)

エネルギー・資源工学、農学、電気工学 …など

エネルギー、資源工学、電気工学が学べる専門学校や大学に進学するのが良いです。仕事をしながら取得することもできて、選べる業界も多いです。
危険物の管理以外にも設備管理や技術者として働くこともできます。

危険物取扱者の給料・年収は?

危険物取扱者の年収は、500万円が平均です。資格手当で給与の増加もあります。
今後も需要がある職種で資格を複数取得できればさらに就職先も増え、安定した給与が稼げます。

危険物取扱者の試験・資格は?

危険物取扱免許の資格が必須になります。甲種、乙種6種、丙種があります。

  • 甲種
    一定の条件が必要になります。
  • 乙種・丙種
    誰でも受験ができます。

それぞれ取り扱える危険物が異なります。

  • 甲種危険物取扱者
    第1類から第6類の全部
  • 乙種危険物取扱者
    免状指定の類に限定
  • 丙種危険物取扱者
    第4類のうち一部※

※丙種危険物取扱者が取扱えるのは、ガソリン、灯油、軽油、第三石油類のうち重油、潤滑油及び引火点が130℃以上のもの、第四石油類及び動植物油類に限られます。

試験は免除科目があり、何度も試験に挑戦すると合格へ近づきます。
試験は、法令、物理、基礎知識などを覚える必要があります。

さらに大型免許があればタンクローリーなどの特殊車両の運転ができて仕事の幅が広がります。

危険物取扱者の有名人・著名人

危険物取扱者の有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと考えられます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の機械・化学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.