通信技術者

通信技術者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

通信技術者を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「通信工学、情報学、機械工学」などの学科を卒業
Step.3
通信機器メーカー、ネットワーク関連企業、データセンターなどに就職
Step.4
必要に応じて、電気通信主任技術者などの資格を取得

通信技術者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
51 ~ 53

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

通信技術者ってどんな仕事?

通信技術者は、パソコンやスマートフォンのデータを送信するネットワークを安定して快適に使えるように開発や研究をする仕事です。
有線ネットワークや無線通信などの電気通信設備の工事などもします。

会社の社内ネットワークの設計や計画など維持管理や保守対応などのトラブル対応をするので、コンピューターやネットワークの知識やスキルが必要になります。
実際には知識だけでは解決できないトラブルも多く、柔軟な対応もできなくてはなりません。常に新しい技術や情報に敏感な方が向いている仕事です。
施設工事の施工や管理をする場合には、専門の資格も必要になります。

おすすめの大学(学部)

通信工学、情報学、機械工学、電気工学、電子工学、応用理学 …など

通信工学、情報学、機械工学など情報系の勉強ができる専門学校や大学に進学するのが良いです。
理系なので数学など計算ができるように日頃から勉強をする訓練も必要です。

就職先は、通信機器メーカーやネットワーク関連企業、データセンターなどさまざまな業界や業種を目指せます。

通信技術者の給料・年収は?

通信技術者の年収は、300万円~500万円が平均的です。
スキル次第でさらに給与が増えたり、資格手当が付く場合もあります。
仕事では体も使い頭も使うので結構大変ですが、自分が設計や設置をしたときの達成感があります。

通信技術者の試験・資格は?

電気通信主任技術者の取得がおすすめです。
法規、伝送交換設備及び設備管理、電気通信システム、専門的能力の科目があり、難易度も高いです。
受験資格はないのでだれでも受験ができます。取得できると就職に有利になります。

通信技術者の有名人・著名人

通信技術者の有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと考えられます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の機械・化学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.