電気工事士

電気工事士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

電気工事士を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「通信工学、機械工学、電気工学、電子工学、応用理学」などの学科を卒業
Step.3
第二種電気工事士の資格を取得
Step.4
電気会社や家電メーカーなどに就職
Step.5
必要に応じて、第一種電気工事士、認定電気工事従事者、特殊電気工事資格者などの資格を取得

電気工事士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 62

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

電気工事士ってどんな仕事?

電気工事士は、電気の配線や機械設備の工事をする仕事です。
工具を使い作業をするので、配線や分電盤、コンセント、照明器具を取り付けたりします。

現場は、住宅、ビル、商業施設が多くあります。
チームワークが大切で、数人のチームで作業する事もあり、作業は注意しながらします。
高層ビルや足場が悪い場所もあるので、高所恐怖症だと仕事は難しいです。

電気を扱うので慎重に作業をしないと大惨事にもなりかねないので、しっかりと指示を聞き、図面を読み取る力も必要です。
エアコン取付は夏に設置をするのが多く、体力勝負になるので体を日頃から鍛えるのも必要です。

おすすめの大学(学部)

通信工学、機械工学、電気工学、電子工学、応用理学 …など

通信工学や電気工学が学べる専門学校や大学に進学して、電気工事士として電気会社や家電メーカーに就職します。
工事をするのに電気工事士の取得が必須になるので、実技や勉強もできる必要があります。

電気工事士の給料・年収は?

電気工事士の年収は、300万円~600万円が平均になります。
資格取得をしてスキルアップをすれば給与は上がります。
仕事を経験してから独立もできるので、働き方も変えられます。

電気工事士の試験・資格は?

仕事をするのに必要な資格が多くありますが、第二種電気工事士は取得する必要があります。
国家資格なので難易度も高く、独学だと難しいため学校や通信教育を利用するのが良いです。

ほかには、第一種電気工事士、認定電気工事従事者、特殊電気工事資格者、1級電気工事施工管理技士、2級電気工事施工管理技士、第三種電気主任技術者、電気通信主任技術者、電気通信の工事担任者など作業する場所や設備によって違います。技能講習で取得できる資格もあります

電気工事士の有名人・著名人

川崎宗則、みっちー

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の機械・化学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.