無線通信士

無線通信士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

無線通信士を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「機械工学、電気工学、情報学、通信工学」などの学科を卒業
Step.3
総合無線通信士の資格を取得
Step.4
無線機器メーカー、船舶関係の企業、電気通信事業会社などに就職
Step.5
必要に応じて陸上無線技術士、航空無線通信士などの資格を取得

無線通信士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
49 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

無線通信士ってどんな仕事?

無線通信士は、無線全般に携わる仕事ですが、陸上、海上、航空の無線局や無線電話の通信技術操作することもあります。
国家資格の無線従事者に合格することが必須の仕事で、電気通信会社や各省庁に就職もできます。

操作や調整、修理などの技術や無線に関する知識も必要になります。
働く分野により取得する資格が違い、総合無線通信士第1級、2級、3級、海上無線通信士、航空無線通信士があるので就職先に合わせて取得するのが良いです。
アマチュア無線が好きな方に向いているのは勿論のこと、人と話す機会も多い仕事なのでコミニュニケーションがあると尚良いです。

おすすめの大学(学部)

機械工学、電気工学、情報学、通信工学 …など

電気工学や機械工学を学べる専門学校や大学に進学するのが良いです。
無線工学、地理、語学も勉強する必要があるので難易度が高いです。早めに勉強をして資格取得できるようにしましょう。

無線通信士の給料・年収は?

無線通信士の年収は、500万円が平均的です。
通信士の業種により給与の幅があり、仕事の経験を積めばさらに給与が上がります。

無線通信士の試験・資格は?

国家試験に合格する事が必須になります。受験資格は、学歴や職歴などの制限はないです。

総合無線通信士は、第1級、2級、3級により試験範囲が違います。
1級は陸海空の様々な操作が行える無線従事者国家資格の最高峰のひとつとされており、無線工学の基礎、無線工学B、無線工学A、法規、英語、地理の試験があります。難易度も高く合格率も低めなので勉強は必須です。

ほかにも陸上無線技術士、航空無線通信士もあります。早めの段階で試験対策に向けて勉強をしましょう。
実務経験があれば特定の無試験で資格を取れる制度もあります。

無線通信士の有名人・著名人

無線通信士の有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと考えられます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の機械・化学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.