電子・電気系研究・技術者

電子・電気系研究・技術者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

電子・電気系研究・技術者を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「通信工学、情報工学、システム・制御工学」などの学科を卒業
Step.3
電気器具メーカー、大学、公的研究機関などに就職
Step.4
必要に応じて、電気主任技術者などの資格を取得

電子・電気系研究・技術者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
50 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

電子・電気系研究・技術者ってどんな仕事?

電子・電気系研究・技術者は、日常で使う電子機器や製品の電気配給システムの構築や研究をする仕事です。
研究開発をして新製品を作ります。品質管理や耐久性などニーズにあう製品を開発しないといけないので、大学や公的機関で研究もします。

理数系が得意で新しいアイディアやひらめきがある方が向いている仕事です。
忍耐力や体力も必要で、仕事はハードワークが多い時もあります。
現代の生活で使う電気エネルギーの開発なので、就職先は多くあり公的機関で働くこともできます。

電気、電子関係が学べる専門学校や大学に進学するのがおすすめです。
物理や数学、電気、電子など難しい科目が多くあるので進学できるように日々の勉強を忘れずにしましょう。

おすすめの大学(学部)

通信工学、情報工学、システム・制御工学、電気工学、電子工学、応用理学、物理学、情報学、機械工学、材料工学、金属工学、航空・船舶・自動車工学、応用物理学 …など

就職先は、電気器具メーカーや大学、公的研究機関がありますが、試験が難しい場合も多いのでかなりの勉強が必要になります。

電子・電気系研究・技術者の給料・年収は?

電子・電気系研究・技術者の年収は、500万円~700万円が平均です。
年齢が上がれば給与も上がり、有名な企業だとさらに高額な給与になります。

また、技術系の公務員として就職するなら安定した給与が稼げます。今後も需要がある仕事なので海外に就職することも可能です。

電子・電気系研究・技術者の試験・資格は?

とくに必要な資格はありませんが、電気主任技術者を取得するのが良いです。
1種、2種、3種にわかれており、事業用電気工作物を取り扱う時に必要になります。電気設備を運用する仕事だと役立つ資格です。

電子・電気系研究・技術者の有名人・著名人

電子・電気系研究・技術者の有名人や著名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと考えられます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の機械・化学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.