営業職

営業職の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

営業職を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「コミュニケーション学、ビジネス学」などの学科を卒業
Step.3
商社、保険、不動産、IT企業、自動車、金融、人材サービスなどに就職
Step.4
必要に応じてビジネス実務法務検定、営業士検定、販売士などの資格を取得

営業職を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
51 ~ 55

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

営業職ってどんな仕事?

営業職は、製品やサービスを利用してもらえるように宣伝や売り込みをする仕事です。

売り込む製品についても業種により異なります。

  1. 自社製品を売り込む
  2. メーカーから仕入れた製品を売り込む
  3. 代理店として製品を売り込む

また、大きく分けて法人営業個人営業があります。

  • 法人営業
    大規模なものが多くあり金銭的に高額になります。
  • 個人営業
    消費者を対象にしたものを売り込みます。

さらに、営業にも決まった取引先を回るルート営業と、新しい顧客を獲得するための新規開拓営業の二つがあり、以下のような違いがあります。

  • ルート営業
    既存顧客のフォローが中心で、改善点や要望をヒアリングして回ります。コミュニケーションが重要で、信頼関係を築きその後の関係が持てればさらに良い提案をできるようになります。
  • 新規開拓営業
    新しい顧客を増やせるように会社に訪問したり、電話で営業したりさまざまな方法で営業を行います。断られても落ち込まずに気持ちを切り替える能力と、積極性、機敏な行動力が物を言うお仕事です。

いずれの場合も、営業する商品やサービスの知識のほかに、どうして他社より優れているのか、コストが違うのかなどの理解力も求められ、情報収集や分析をして根気のいる作業もあります。

営業職に就くために通うべき大学は、就職する業界の分野を学べる学科やコミュニケーション能力を高める学科がおすすめです。

おすすめの大学

コミュニケーション学、ビジネス学 …など

営業職の給料・年収は?

初任給は、およそ20万円です。
平均年収は、400万円~600万円です。
会社によりインセンティブがでる場合だとほかの人より給与が高くなります。
給与が低くてインセンティブが高い場合もあり、求人票をしっかりと確認しておきましょう。

営業職の試験・資格は?

とくに必須な資格はありませんが、ビジネスマナーの基礎として資格勉強をするのも良いです。
ビジネス実務法務検定、営業士検定、販売士では接客の方法や技術がわかるので就職してから役に立つ知識が得られます。

営業職の有名人・著名人

営業職の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の経営・ビジネスの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.