メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

メイクアップアーティストを目指すための主な進路

メイクアップアーティスト
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「美術、美術」などの学科を卒業
Step.3
ヘアメイク専門プロダクション、エステティックサロン、化粧品メーカーなどに就職。またはフリーランスで活躍
Step.4
必要に応じて、JMAメイクアップ技術検定試験やIBF国際メイクアップアーティスト認定試験などの民間資格を取得

メイクアップアーティストを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 47

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

メイクアップアーティストってどんな仕事?

メイクアップアーティストとはテレビ、映画、CM、雑誌、舞台、ファッションショーなどで、タレントや出演者にメイクを施す技術者のことです。
照明や光のあたり具合、テーマやシチュエーション、出演者の個性や服装などを考慮して、メイクを施します。

メイク以外にもヘアセットやドレス・着物の着付けを行うこともあります。
日本では「ヘアスタイリング」「メイクアップ」の仕事は分業されていないため、メイクアップアーティストには両方の知識と技術を求められます。
ヘアメイク専門プロダクション、エステティックサロン、化粧品メーカーなどで働くほか、フリーで活躍している人もいるようです。

おすすめの大学(学部)

美術、写真、映像 …など

メイクアップアーティストの給料・年収は?

メイクアップアーティストの平均年収は300~400万円となっています。
業界の中でも有名なヘアメイクアップアーティストになれば、年収で1,000万円を超える方もいるようです。

メイクアップアーティストの試験・資格は?

メイクアップアーティストになるためには資格は必要ではありませんが、メイクの専門学校で学び、関連企業に就職するというルートが一般的です。
専門学校にはヘアメイク専門学校や、美容専門学校のヘアメイク科などがあります。2年制の学校が多く、ヘアメイクの基礎から実践までじっくり学びます。
メイクアップに関する民間資格には、JMAメイクアップ技術検定試験IBF国際メイクアップアーティスト認定試験などがあります。

メイクアップアーティストの有名人・著名人

メイクアップアーティストの有名人・著名人としては、タレントのIKKOさん、植村秀さん、MOTOKOさんらが有名です。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の美容・エステの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.