エステティシャン

エステティシャンの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

エステティシャンを目指すための主な進路

エステティシャン
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「美容、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
リゾート施設やエステサロン
Step.4
必要に応じて、日本エステティック協会(AJESTHE)や日本エステティック業協(AEA)の民間資格を取得

エステティシャンを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 48

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

エステティシャンってどんな仕事?

エステティシャンはエステティック業(西洋で痩身や脱毛、美白、リラクゼーションなどをおこなう美容術)を行うお仕事です。
施術とカウンセリングがメインになりますが、そのほか化粧品販売や店舗業務なども含まれます。

エステティック業は「手技又は化粧品・機器等を用いて、人の皮膚を美化し、体型を整えるなどの指導又は施術」と定義されています。
人に美容を施す」という点では、美容師や理容師、アイリスト 、ネイリスト、美容部員などの職種と同じともいえますが、「手技又は化粧品・機器等を用いる」「人の皮膚を美化する」という点にエステティシャンの特長があります。

おすすめの大学(学部)

美容、コミュニケーション学 …など

美容のプロフェッショナルとして、リゾート施設やエステサロンで来店者の身と心を癒すことが求められています。

エステティシャンの給料・年収は?

エステティシャンの平均年収は300~400万円となっています。

エステティシャンの試験・資格は?

エステティシャンになるためには、美容師や理容師のような国家資格は必須ではありません。
とはいえ、エステティックサロンに就職してお客さんから指名されたり、独立開業する「エステティシャン」になるには豊富な知識と経験、技術の証明が必要不可欠です。
美容専門学校の「総合美容科(トータルビューティー科)」「エステティックコース」で学び、「日本エステティック協会(AJESTHE)」「日本エステティック業協(AEA)」が認定する民間資格を取得するのが好ましいでしょう。

エステティシャンの有名人・著名人

エステティシャンの有名人・著名人は特に知られていないようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の美容・エステの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.