ビューティーカウンセラー

ビューティーカウンセラーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

ビューティーカウンセラーを目指すための主な進路

ビューティーカウンセラー
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「美容、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
化粧品メーカー、百貨店、ドラッグストアなどに就職

ビューティーカウンセラーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 57

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

ビューティーカウンセラーってどんな仕事?

ビューティーカウンセラーは来店者の体質や希望に合わせて、最適な化粧品を販売するお仕事です。
デパートの化粧品売り場や、化粧品を取り扱う企業の直営店など、さまざまな場所で求められています。

「美容部員」「ビューティーコンサルタント」などとも呼ばれ、百貨店や化粧品店のカウンターで来店者の肌の状態をカウンセリングしながら、来店者の年齢や健康状態、好みなどを踏まえて、最適なスキンケア方法を提案します。店頭で来店者に対して実際にメイクを行う場合もあります。

来店者の肌のタイプは人それぞれであるため、トラブルに悩む人も少なくありません。そのような来店者に対して希望と自信を与えられる存在です。

おすすめの大学(学部)

美容、コミュニケーション学 …など

ビューティーカウンセラーの給料・年収は?

ビューティーカウンセラーの平均年収は400~500万円です。
正社員として働くビューティーカウンセラーの給料は幅が広く、下は17万円程度から上は45万円程度となっています。

ビューティーカウンセラーの試験・資格は?

ビューティーカウンセラーになるために特に必須の資格はありません。
入社後は各社ごとに研修や認定試験などが設けられている場合が多く、それらを受講・受験しながら、知識とスキルを高めていきます。

求められる知識としては肌だけでなく、内側の骨格や頭髪、さらにサプリメントなど、トータルな美を引き出すための知識が必要となるため、学ばなくてはならない分野は広範にわたります。
関連する資格には日本化粧品検定などがあります。

ビューティーカウンセラーの有名人・著名人

ビューティーカウンセラーの有名人・著名人は特に知られていないようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の美容・エステの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.