リフォーム業

リフォーム業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

リフォーム業を目指すための主な進路

リフォーム業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「建築学、インテリア、工芸学、住居学、デザイン」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて「インテリアコーディネーター」「宅地建物取引士」「建築士」などの資格や検定を取得
Step.4
リフォーム関連企業、ハウスメーカー、分譲マンション管理会社などに就職

リフォーム業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 62

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

リフォーム業ってどんな仕事?

リフォーム業の仕事は、家を建て替えるのではなく“引き続き長く住み続けられるよう”修理・改善を提案・企画する仕事です。

関わる業務の幅は広く、営業して新規の顧客開拓をすることから、間取りやデザイン、設備などを顧客と打ち合わせをすること、リフォーム・リノベーションの契約が取り交わされた後、工事が始まってからは、リフォーム作業が行程通りに進んでいるかのチェックをすることも大切な仕事です。また、完成後は定期的なアフターフォローもしていきます。このように、一連のリフォーム工程全体に関わる仕事と言えます。

リフォーム業界で仕事をするためには、専門学校や大学で、建築学、インテリア、工芸学、住居学、デザインを学ぶのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

建築学、インテリア、工芸学、住居学、デザイン、コミュニケーション学、心理学、 …など

顧客の要望をしっかりヒアリングして読み取る力も必要になるため、コミュニケーション学や心理学なども役立つかと思われます。

リフォーム業の給料・年収は?

リフォーム営業の仕事の平均年収は約389万円と、日本の平均年収と比較すると低い傾向で、初任給は20万円程度が相場のようです。
全体の給与幅は、290~668万円と比較的広く、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があるようです。

リフォーム業の試験・資格は?

リフォーム営業なるために必須の資格はありませんが、「インテリアコーディネーター」「宅地建物取引士」「建築士」「マンション管理士」「キッチンスペシャリスト」「古民家鑑定士」といった資格があると有利です。

リフォーム業の有名人・著名人

リフォーム業の有名人ですが、タレントのヒロミさんは、テレビ番組の出演をきっかけにリフォームの腕を磨き、「ハチオウジ工務店」という会社を設立しました。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の建築・土木の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.