建築士・CAD

建築士・CADの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

建築士・CADを目指すための主な進路

建築士・CAD
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「デザイン工学、応用物理学、建築学・意匠、インテリア、土木工学、住居学、デザイン」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じてCAD検定、建築士などの資格を取得
Step.4
建設会社、インテリアデザイン会社などに就職

建築士・CADを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
52 ~ 65

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

建築士・CADってどんな仕事?

建築士・CADの仕事は、関連する職業として、CADデザイナー、CADオペレーター・CAD技術者、CADインストラクター、トレーサー、大工、宮大工、鳶(とび)、商業施設士、建築設備士、建築施工管理技士、建築物環境衛生管理技術者がいます。
その一つ、CADオペレーターの仕事は、建築士から受け取った図面を元に、CADソフトでそれをトレースしていくというものです。必要に応じて建築士からの指示を元に図面を修正する場合もあります。

建築士は、住宅、マンション、ビルなどの建物の設計することと、その設計をもとに建築現場で指揮・監督などの業務を行います。
法律にもとづいて、さまざまな建築物の設計や工事の監理をすることが仕事です。

おすすめの大学(学部)

デザイン工学、応用物理学、建築学・意匠、インテリア、土木工学、住居学、デザイン …など

建築士・CADの仕事に就くには、専門学校や大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

建築士・CADの給料・年収は?

CADオペレーターの仕事の平均年収は450万円程度と、日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。
初任給は20万円程度とされています。
全体の給与幅は比較的広いことから、勤務先や経験・求められるスキルによっても給与に大きな差があるようです。

建築士のなかでも一級建築士の年収は、職種や会社によって300万円~1,000万円前後とかなりの開きがありますが、平均年収は650万円程度です。
二級建築士の年収は300万円~700万円前後となります。

建築士・CADの試験・資格は?

CADオペレーターに関する資格は、「建築CAD検定資格」「CAD実務キャリア認定制度」「Vectorworks操作技能ベーシック認定試験」などがあります。
建築士として働くための資格には、「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」などがあります。

建築士・CADの有名人・著名人

建築士・CADの職に就く有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の建築・土木の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.