発破技士

発破技士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

発破技士を目指すための主な進路

発破技士
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「応用科学、採鉱学、土木工学、人間科学、建築学・意匠」などの学科を卒業
Step.3
「発破技師」「火薬類取扱保安責任者」の資格を取得
Step.4
発破の業務に3ヶ月以上従事、発破の補助作業の業務に6ヶ月以上従事、発破実技講習を修了
Step.5
建設会社、砕石業者、土木工事業者などで発破技士として現場で活躍

発破技士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

発破技士ってどんな仕事?

発破技士は、トンネル工事などの土木工事現場や採掘現場で、ダイナマイトなどの爆発物を取り扱い、建設機械で動かすことができない物を切り崩すといったことを行います。

発破技士になるためには、採石関係会社や土木工事関係の企業に勤務し、発破技士資格試験を受験、合格すれば発破技士になる事ができ、発破業務を取り扱う爆発物の専門家といえます。
しかしながら、国内の大規模な土木工事や鉱山業の減少などにより、発破員は年々減少しています。

おすすめの大学(学部)

応用科学、採鉱学、土木工学、人間科学、建築学・意匠 …など

発破技士になるためには、専門学校や大学で、応用科学、採鉱学、土木工学、人間科学、建築学・意匠を学ぶのがおすすめです。

発破技士の給料・年収は?

発破技士の平均年収は、約617万円程度です。
日本の労働者の平均年収に比べると発破技師の平均年収は高いと言えます。

発破技士の試験・資格は?

発破員は建築や土木関連の企業で働いており、その企業に就職するに際しては、資格や免許は特に必要はありません。
しかしながら、実際の発破作業を行う発破技師時は国家試験を受けて「発破技師」と、各都道府県知事が認定する「火薬類取扱保安責任者」の資格を取る必要があります。受験資格は、大学などで、応用化学、採鉱学、土木工学に関する学科を専攻して卒業していること、その後3ヶ月以上発破の業務についていること、発破の補助作業の業務に6ヶ月以上従事した経験があること、発破実技講習を修了していることです。

発破技士の有名人・著名人

発破技士の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の建築・土木の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.