塗装業・左官

塗装業・左官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

塗装業・左官を目指すための主な進路

塗装業・左官
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「建築学・意匠、環境学、環境工学」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて各種の資格・検定を取得
Step.4
建築現場の左官工事会社などに就職

塗装業・左官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
50 ~ 63

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

塗装業・左官ってどんな仕事?

塗装業の仕事は、建物や素材を美しく見せるためや、水分の侵入を防いだり紫外線から守ったりするために、さまざまな塗料を使い分け、塗装を施す仕事です。
建物をリフォームする場合は、外壁の洗浄や古い塗装はがしなどの作業も行います。

左官屋は、土・砂・コンクリート・セメント・モルタルなどの素材を用いて、こてを使用して壁や床に塗っていき、きれいに仕上げます。
建築の仕上げ携わる業務で、建築工事では、なくてはならない技術職といえます。

おすすめの大学(学部)

建築学・意匠、環境学、環境工学 …など

塗装業・左官の仕事に就くには、専門学校や大学で、建築学・意匠、環境学、環境工学を学ぶのがおすすめです。

塗装業・左官の給料・年収は?

塗装の仕事の平均年収は約360万円で、日本の平均年収と比較すると低い傾向といえます。
初任給は19万円程度となっており、収入の全体の給与幅としては264~598万円と比較的広く、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があるようです。

左官の平均年収は350万円~400万円程度といわれており、初任給は、およそ18万円~20万円くらいが相場とされています。腕の良い左官のなかには、600万円以上の年収を得ている職人もいるということからもわかるように、経験や技術力がそのまま収入に表れる職業といえます。

塗装業・左官の試験・資格は?

塗装業に関する資格は、「一級塗装技能士」「二級塗装技能士」「有機溶剤作業主任者」「特定化学物作業主任」などがあります。
左官は特別な資格がなくても職人としての仕事はできますが、「左官技能士」という国家資格を取得していると、技能のレベルを証明することができます。また、「建築施工管理技士」の資格があることで、キャリアの幅が広がります。

塗装業・左官の有名人・著名人

左官の有名人には、左官 挾土秀平さんがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の建築・土木の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.