住宅デザイナー

住宅デザイナーの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

住宅デザイナーを目指すための主な進路

住宅デザイナー
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「建築学・意匠、土木学、インテリア、住居学、デザイン、美術」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて「建築士」「インテリアコーディネーター」「インテリアプランナー」などの資格を取得
Step.4
建築設計事務所、空間デザイン事務所、ハウスメーカーなどに就職

住宅デザイナーを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 56

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

住宅デザイナーってどんな仕事?

住宅デザイナーの仕事は、住宅を作る際に、建築的な側面だけではなく、内装・インテリアに関してまでトータルにデザインすることです。
建築、内装・インテリアなどの各専門工程を、住宅デザイナーが一人で構想することで、コンセプトの決定や、そのコンセプトに沿うために各箇所をデザイン・設計することができ、コンセプトの強度をより高めることができるようになります。

おすすめの大学(学部)

建築学・意匠、土木学、インテリア、住居学、デザイン、美術 …など

住宅デザイナーになるためには、専門学校や大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

住宅デザイナーの給料・年収は?

住宅デザイナーの平均年収は、400万円ほどといわれています。

インテリアデザイナーの多くは、会社員として住宅メーカーや工務店に勤務しているため、一般のサラリーマンなどと同程度の給与水準となっています。
キャリアを生かして、自分でデザイン事務所を設立する人もおり、成功すれば1000万円以上の報酬を手にすることも可能になります。

また家具やインテリア雑貨を手掛けた場合には、販売額に応じたロイヤリティを受け取れるケースもあり、ヒット商品を制作することができれば、大きな利益を上げることも夢ではありません。

住宅デザイナーの試験・資格は?

住宅デザイナーになるために必須の資格はありませんが、「建築士」「インテリアコーディネーター」「インテリアプランナー」といった資格があると有利です。

住宅デザイナーの有名人・著名人

住宅デザイナーの有名人のなかでも、丹下健三さん、磯崎新さん、黒川紀章さんなどの建築デザイナーが特に有名です。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の建築・土木の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.