【古文の文法】基礎なら6個覚えるだけ【大学受験】

【大学受験】古文の文法 基礎6個

大学受験において「古文」は、好き嫌いがくっきりわかれる科目です。

古文の配点はそれほど大きくないので、古文を苦手にしている受験生のなかには、思い切って捨ててしまう人もいます。

しかし、理系の受験生でも古文のテストを得意にしている人がいて、そのような人は「古文は簡単、ボーナス問題のようなもの」と思っています。

古文を好きになるか嫌いになるかの「分かれ道」は「文法の6個の基礎」です。
これをクリアできると、古文の勉強が一気に進み得意科目になるでしょう。

6個の基礎」勉強法をマスターすれば、あとは機械的に覚えていくことができます。

古文を捨てないで

黒板の前に立つ女子大生国立大の理系学部を狙っている受験生だと、「苦手な古文に時間を割くくらいなら、得意科目を伸ばしたほうがよい」と考えたくなるでしょう。

それはそれで戦略のひとつになり得ますが、「ボーナス問題」を捨ててしまうのはもったいない話でもあります。

古文の勉強法はとてもシンプルです。
しかも「とてつもなく難しい」問題は、入試では原則出ません。

しかも、古文を苦手にする受験生が古文をクリアすれば、志望する大学を1ランク上げることができます。

6個の基礎」勉強法とは

制服を着た女子高生古文文法の「6個の基礎」の6個とは、動詞、形容詞、形容動詞、助詞、助動詞、敬語のことです。

6個の基礎」勉強術さえクリアすれば、古文の応用問題の勉強が驚くほどスムーズに進むでしょう。

6個の基礎」勉強術は、コスパがよい学習項目といえます。

ただ、やはり古文を苦手にする人には大変な作業になるので、そこは覚悟しておいてください。

6個のうち1個でも落とすと、古文を「ボーナス問題」にすることはできません。
覚悟を決めたら、6個を一気に覚えていきましょう。

動詞の基礎

動詞の基礎で覚えることは、「動詞が『未然、連用、終止、連体、已然、命令』に活用する」ということです。

これと一緒に「ず、て、言い切る、こと、ども、よ」も覚えてください。

この2つは、以下の表で覚えてください。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

動詞を「ず、て、言い切る、こと、ども、よ」につなぐように活用させれば、動詞の活用は自然に覚えていくことができます。

この表はとても重要なので、このまま覚えてください。

古文の文法の動詞では、まずは「四段活用、上二段活用、下二段活用」を押させておきましょう。

例えば、四段活用の動詞に「読む」があります。
これを、上の表に当てはめてみます。

「読む」を「ず、て、言い切る、こと、ども、よ」につなぐように活用させてみてください。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

読まず

読みて

読む

読むこと

読めども

読めよ

「読む」の「む」が「ま、み、む、む、め、め」と「ア、イ、ウ、ウ、エ、エ」に変わっています。
だから「読む」は四段活用の動詞ということができます。

上二段活用の動詞に「落つ(おつ)」があり、これを表に当てはめてみます。

「落つ」を「ず、て、言い切る、こと、ども、よ」につなぐように活用させるだけです。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

落ちず

落ちて

落つ

落つること

落つれども

落ちよ

上二段とは「ア、イ、ウ、エ、オ」のうちの「イとウ」のことです。

「落つ」の「つ」が「ち、ち、つ、つる、つれ、ち」と「ち、つ」に変わっています。
「イとウ」しか使っていません。

ここで、古文嫌いの人は「『る』と『れ』が入っているではないか」と気になると思いますが、これは覚えるしかありません。

下二段活用もみておきます。
動詞「受く(うく)」を表に当てはめてみます。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

受けず

受けて

受く

受くること

受くれども

受けよ

 「く」が「け、け、く、くる、くれ、け」になっていて、下二段(ウとエ)だけで活用しています。

動詞の活用には、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用もあります。そしてこれらも入試に出ます。

しかし「今は」あえて無視しましょう。
動詞は、まずは上記の内容を完璧に覚えておき、それが済んだら、次の形容詞に進みましょう。

上一段活用、下一段活用、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用は、「6個の基礎」をパーフェクトにできてから学習しましょう。

形容詞の基礎

ポイントを示す男性形容詞は、形容動詞と似ています。

形容詞も形容動詞も「活用する、述語になる、用言」という点が共通しています。

両者の違いは終止形の語尾です。
形容詞は「し」で終わり、形容動詞は「なり」で終わります。

それでは、形容詞の基礎を解説します。

形容詞でも「基礎だけ覚える」「基礎以外は飛ばす」の気持ちで進みます。
それが「6個の基礎」勉強術の極意です。

形容詞の基礎は、次の2点です

  • ク活用
  • ば、て、言い切る、こと、ども

形容詞の活用は、形容詞を「ば、て、言い切る、こと、ども」につなぐように活用させるだけです。

形容詞にはシク活用やカリ活用もあり、それらも重要ですが、「6個の基礎」のあとに覚えましょう。

形容詞では下の表を覚えてください。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

形容詞には命令形はない

 この表を使って形容詞「白し(しろし)」を活用させてみましょう。

「白し」を「ば、て、言い切る、こと、ども」につなぐように活用させてみましょう。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

形容詞には命令形はない

白くば

白くて

白し

白きこと

白けれど

 

「白し」の「し」が、「く、く、し、き、けれ」と活用していることがわかります。 

次に「美し(うつくし)」を活用させてみましょう。

「美し」を「ば、て、言い切る、こと、ども」につなぐように活用させるだけです。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

形容詞には命令形はない

美しくば

美しくて

美し

美しきこと

美しけれど

 

「美し」の「し」が、「しく、しく、し、しき、しけれ」と活用していることがわかります。

「白し」の「し」の「く、く、し、き、けれ」に「し」が加わっただけです。

実はこれが「シク活用」です。
先ほど「シク活用はあとで覚えましょう」とアドバイスしましたが、シ活用を覚えると自然にシク活用も覚えることができます。

このことは、古文文法の全体についてもいえることで、6個の基礎」を覚えていくうちに、自然とその他のことも覚えていけるようになります。

形容動詞の基礎

形容動詞は、形容詞のところで少し触れたので「簡単」です。

6個の基礎」勉強術では、形容動詞は次の2点を覚えるだけです。

  • ナリ活用
  • ば、て、言い切る、こと、ども、命令

表はこのようになります。
形容詞と似ています。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

命令

有名な形容動詞に「つれづれなり」があります。
これを活用させてみましょう。

「ば、て、言い切る、こと、ども、命令」につなぐように活用させます。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

命令

つれづれならば

つれづれなりて

つれづれなり

つれづれなる

つれづれなれ

つれづれなれ

「つれづれなる」の「なる」が「なら、なり、なり、なる、なれ、なれ」

形容動詞にはナリ活用の他にタリ活用もありますが、ナリ活用を覚えればそれを応用するだけです。

タリ活用する形容動詞に「堂々たり」がありますので、活用させえてみましょう。

「ば、て、言い切る、こと、ども、命令」につなぐように活用させます。

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

言い切る

こと

ども

命令

堂々たらば

堂々たりて

堂々たり

堂々たる

堂々たれ

堂々たれ

「堂々たり」の「たり」が「たら、たり、たり、たる、たれ、たれ」と活用しています。

これは「つれづれなる」の「なら、なり、なり、なる、なれ、なれ」と同じです。

ナリ活用を覚えれば、タリ活用は自然と覚えることができます。

助詞の基礎

助詞を覚えると、品詞分解がしやすくなります。

しかし助詞は「大量」にあって、なおかつ「細々(こまごま)」しているので、覚える気持ちを削ぎます。

例えば次のとおりです。

●助詞の種類
格助詞・接続助詞・副助詞・終助詞・係助詞・間投助詞

●格助詞の種類
が、の、を、に、へ、と、より、にて、から、して

●格助詞の「が」
主格、連体修飾、同格、体言の代用、連用修飾

●格助詞の「の」
主格、連体修飾、同格、体言の代用、連用修飾

●格助詞の「を」
動作の対象、移動する場所、時間

●格助詞の「に」
時間、場所、帰着点、動作の相手、使役、受け身、変化の結果、原因、理由、比較

 (中略)

●接続助詞の種類
で、ば、して、て、つつ、ながら、とも、と、に、を、が、ものの、ものから、ものを、ものゆゑ、ば、ど、ども

(後略)

これらはほんの一部です。

そのため「6個の基礎」勉強術では、助詞を次のように勉強してください。

・一気には覚えない

・問題集に出てきたらその都度覚えていく

なぜこのような勉強法を採用するのかというと、助詞にこだわりすぎて、古文を嫌ってしまっては元も子もないからです。

小倉百人一首に、次のような和歌があります。

やすらはで寝なましものを小夜ふけてかたぶくまでの月を見しかな

このなかの「で」が助詞で、さらに詳しく説明すると「打消しの接続助詞」となります。

「やすらは」は「ためらう」という意味です。
「寝なまし」は「寝ていた」という意味です。

つまり「やすらはで寝なまし」は「ためらわないで寝ていた」という意味です。

この和歌の前半部分は「あなたが来ることを知らなかったら、私はなんのためらいもなく寝ていたことでしょう。
しかし、あなたが来ることを知っていたから、寝なかったのですよ」という意味になります。

ちなみに後半部分は「夜がふけて、月が傾くのをずっと見ていました」という意味になります。

このように助詞は、古文の問題を解くときにその都度チェックしていきましょう。

助動詞の基礎

助動詞は、その前に置く言葉に意味を加える作用があります。

例えば助動詞「ず」は打消しの意味を加えます。
「走らず」は「走る」行為を打ち消しています。 

助動詞によって表現できる意味は次のとおりです。

過去、完了、推量、打消、打消推量、伝聞・推定、断定、受け身、使役、希望、比況

意味と、主な助動詞は次のとおりです。

過去

完了

推量

打消し

打消し推量

伝聞・推定

けり

たり

むず

らむ

けむ

まじ

なり

 

断定

受け身

使役

希望

比況

なり

たり

らる

さす

しむ

まほし

たし

ごとし

先ほど、「走る」に打消しの助動詞「ず」をつけて「走らず」をつくりました。

同じように、「走る」に過去の助動詞「き」をつけると「走りき」となります。
これで、過去に「走る」行為が終わったことを意味します。

6個の基礎」勉強法では、助動詞の学習をここで終わりにしておきます。

助動詞には、上記の表以外にもあります。
また、試験では助動詞の活用も問われます。
例えば過去の助動詞「き」は、「せ(未然)、き(終止)、し(連体)、しか(已然)」と活用します。

しかし「6個の基礎」勉強法でそこまで学習範囲を広げてしまうと、その他の5個の学習が疎かになってしまいます。

まずは「6個の基礎」を完璧にして、そのあとで助動詞の応用学習をしましょう。

敬語の基礎

崇拝するイメージ古文で敬語が重要になるのは、入試で「偉い人」に関する文章が使われるからです。

もちろん、古文が普通の日本語として使われていた時代には、庶民たちも古文を使っていました。
しかし庶民たちの文章が入試に出ることは、あまり多くありません。

「偉い人」たちの文章には、敬語が必ず出てきます。
そして文章のなかの敬語によって、登場人物の「偉さ」がわかります。
偉さとは、位の高さのことです。

入試では「敬語の使い分け」と「登場人物の位の高さ」の関係が問われます。

敬語には、「尊敬語、謙譲語、丁寧語」があり、それぞれ短く説明するとこうなります。

  • 尊敬語は、主語に敬意を払う表現
  • 謙譲語は、動作の客体に敬意を払う表現
  • 丁寧語は、読者に敬意を払う表現

このうち、古文を苦手にする人が迷うのは、謙譲語です。
謙譲語さえクリアできると、敬語の突破口がみえてきます。

それでは具体的に「尊敬語、謙譲語、丁寧語」をみていきましょう。

<尊敬語>の例:ABにのたまふ

「のたまふ」は尊敬語で、「おっしゃる」という意味です。
主語のAに敬意を払っていることがわかります。

<謙譲語>の例:ABに申す

「申す」は謙譲語で、「申し上げる」という意味です。
Bが敬意に値しない人物なら「申す」を使いません。
Bが位の高い人だから、申し上げる必要があるのです。

このように謙譲語は、「言う」という動作の客体であるBに敬意を払っています。

<丁寧語>の例:~という人はべりけり

「はべりけり」の原形は「はべる」で、これは「おります」という意味の丁寧語です。

したがって「~という人はべりけり」は「~というような人物がおりました」意味になります。

「~という人はべりけり」という文章を書いた人は、位の高い人に読ませようと思っています。

6個の基礎」勉強法では、「尊敬語、謙譲語、丁寧語」を3個ずつ覚えておきましょう。

その他の敬語は、「6個の基礎」がすべて完了してから手をつけていってください。

敬語

敬語の形

意味

尊敬語

あそばす

~をする

いまそかり

~していらっしゃる

きこす

~をお聞きになる

謙譲語

いたす

~させていただく

うけたまわる

~をお受けする

まゐる

~へうかがう

丁寧語

はべり

~でございます、~です

さぶらふ

~でございます、~です

さうらふ

~でございます、~です

札幌の塾なら大成会
札幌の塾なら大成会

まとめ~機械的に覚えていく

古文の文法は、まずは「6個の基礎」勉強法でスタートして、そのあとに学習範囲を広げていってください。

そして古文が苦手な人は「機械的に覚えていけばよい」と自分に言い聞かせてください。

古文は本来、味わい深い文学作品に触れることができる楽しい教科なのですが、そのように感じることができず、入試のために「仕方なく」学ぶ人も少なくないでしょう。

そのような人は、割り切りが大切です。

古文の学び始めこそ「学ぶことがたくさんある」と恐れおののくかもしれませんが、「6個の基礎」勉強法を皮切りに機械的に覚えていけば、センター試験で満点獲ることは夢でなくなります。

古文は難解な学問ですが、入試ではそこまで難しい問題は出ません。
英語や数学などと比較すると、案外簡単に「ゴール」がみえてきます。

\もう1記事いかがですか?/

この記事を監修した人

チーム個別指導塾
「大成会」代表:池端 祐次

2013年「合同会社大成会」を設立し、代表を務める。学習塾の運営、教育コンサルティングを主な事業内容とし、札幌市区のチーム個別指導塾「大成会」を運営する。「完璧にできなくても、ただ成りたいものに成れるだけの勉強はできて欲しい。」をモットーに、これまで数多くの生徒さんを志望校の合格へと導いてきた。


\この記事をみんなにシェア!/
公開日:2019年12月19日
体験授業実施中

札幌に特化した塾「大成会」へ、お気軽にご相談ください!

Copyright © 2017-2020 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.