家庭教師と個別指導塾はどちらがオススメ?それぞれの特徴をご紹介

家庭教師と個別指導塾はどちらがオススメ?それぞれの特徴をご紹介

進学塾、個別指導塾、家庭教師、通信教育など、さまざまな方法が考えられますが、なかでもマイペースに学習を進めたいと思う生徒に人気がある方法では、家庭教師個別指導塾が挙げられます。

教師に対して生徒が一人または数人であること、小規模で指導や生徒からの質問に応じやすいといった点では家庭教師と個別指導塾はよく似ていますが、それぞれに特徴があり、それにより細かな違いがあります。

それぞれどちらが良いかは、生徒の現在の状況や性格によって変わりますので、家庭教師と個別指導塾それぞれの特徴を踏まえて選ぶと良いでしょう。そうした違いについてや、タイプ別にどちらをお勧めするのかについて、これから紹介したいと思いますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

家庭教師と個別指導塾ではどんな違いがある?

家庭教師と個別指導の共通点として考えられる点としては、教師と生徒とでマンツーマンの授業であることが挙げられます。そのことから、下記のようなことがメリットとして挙げられるでしょう。

  • 授業は生徒のペースや理解度に合わせてもらうことができる
  • わからないところがあってもすぐに質問がしやすい
  • 間違えた原因などを理解できるまでとことん説明してもらうことができる

一方、家庭教師と個別指導で異なる点としては、授業を受ける場所が自宅か教室かということがあります。それによって大きく違うことは、次のような点です。

  • 完全なマンツーマンか、そうでないか
  • 教える場所へ行くのか、教師に来てもらうのか

家庭教師は、先生が生徒の自宅に赴き、基本的に一人の家庭教師に対して一人の生徒、マンツーマンで教えます。一方個別指導では、先生と生徒の割合は一人対二人や、一人対3人などで、完全マンツーマンではなく、塾の中で先生が勉強を教えます。

よく似ているようですが、決定的に違うことが、講師がひとりの生徒に集中できるかどうかという点です。完全にひとりに対して指導することと、2~3人同時に指導するのとでは実は大きな違いがあります。
わからないことが多かったり、常に先生に教えてもらわないと問題が解けない生徒にとっては、マンツーマンの授業はとても向いています。

一方で、講師一人が一度に2~3人の生徒に同時に教える場合、どちらの生徒もある程度自立できる学力がないと、指導することが一気に難しくなります。おしゃべりが多かったり、かまって欲しかったりして手がかかる生徒や、指導に手間がかかるなかなか問題が解けない生徒を一度に複数人担当することになると、結果として授業時間内で常にどちらかの生徒に我慢をさせてしまうことになります。

また、教える場所が家か塾かということも大きな違いといえます。特に生徒にとっては、この「学習する環境の違い」は、心理的に大きな影響をもたらします。

自宅で勉強を教えてもらうことを基本とする家庭教師の場合は、初めは自室などの静かな場所で2人きりとなるため、緊張感して警戒することがあるかもしれません。けれども、普段から自室で落ち着いて学習できるという生徒にとっては、一番良い環境で学習ができるので勉強も捗ることでしょう。注意点としては、その環境に慣れすぎてしまうことで、家庭教師とも仲良くなりすぎてしまい、学習時に緊張感が欠けてしまうというリスクがあります。

個別指導塾は、勉強する場所は「塾」という開かれた空間になります。生徒は周りにいる多くの人を意識しながら、学校と似たような空間で学習することになります。静かすぎる空間よりも少しざわざわしていた方が安心して集中できるという生徒もいますので、その場合は塾の方が向いているといえるでしょう。

また、先生と仲良くなりすぎたり、リラックスしすぎたとしても、周囲の講師や生徒から注意されるため、学習に戻ることができます。

家庭教師のメリットは?個別指導塾と比べてどこがオススメ?

まずは、家庭教師のメリットについて紹介します。

通塾する必要がない

家庭教師のメリットとして一番に考えられる点は、教室へ行かなくて良いこと、つまり通塾する時間を考えなくて良いことです。保護者にとっても、送り迎えをする必要がないということは大きなメリットといえます。

通塾時間がないということから、生徒は時間を大きく節約することができ、その分時間を有効に使うことができます。普段、部活やクラブチームなどで忙しい生徒などは、塾の授業を受けられるのが遅い時間帯に限定されてしまいます。そうした生徒たちも、家庭教師では都合の良い時間帯を選ぶことができ、自身の活動との両立がしやすくなるでしょう。
また、遅い時間に帰宅しなくても良いことから、特に女子生徒の保護者は家庭教師の方が安心できるのではないでしょうか。

このような特に忙しい生徒にとっては、塾や個別指導塾に通うよりも、家庭教師の方が向いているといえます。

また、近年話題のオンライン家庭教師であれば、さらに次のようなメリットが考えられるため、お勧めです。

  • 全国どこに住んでいても、特に地方在住の生徒でも、プロの家庭教師に依頼することができる
  • 家庭教師を家に迎えなくて良いので部屋を掃除する必要がない
  • 感染症の心配をしなくて良い

おすすめのオンライン家庭教師はコチラ!
名門・難関校への高い合格実績を誇る学習塾「大成会」が運営するオンライン家庭教師です。

講師と保護者のやり取りを密に行うことができる

授業がある日には、家庭教師と保護者とで顔を合わせることになるため、連絡を取りやすく、生徒の状況を保護者が把握しやすいという点がメリットです。また、オンライン家庭教師の場合では、気になる点は家庭教師から保護者に報告や相談を直接することができることになっているようです。普段オンラインでの授業ということから、たいていのオンライン家庭教師との連絡はメールなどでやり取りするようになっています。生徒のモチベーションが下がっている時などは、メールやチャットといったITツールですぐに連絡することができ、面談や電話などでしか対応できない塾などが多い中、非常に効率的にコミュニケーションができるようになっています。

生徒の状況に応じた教材を自由に選ぶことができる

家庭教師は受け持ちの生徒の学力に応じて授業ができるということが最大のメリットです。学校の授業の予習・復習のサポート、受験対策など、それぞれの生徒に必要に応じた教材を使って授業をすることができます。派遣会社などによっては指定の教材がある場合もありますが、基本的には学校の教科書やワークなど、好きな教材を使って指導することができます。したがって、学校の授業や宿題などの不明点についてもしっかりと指導してもらうことができます。
一方、個別指導塾のなかには、塾で指定している教材しか使用できないことも多いようです。

マンツーマンでの授業をしてもらうことができる

家庭教師は基本的に生徒の自宅での授業となっているため、生徒と家庭教師とでマンツーマンの手厚い授業をしてもらうことができます。
一方個別指導塾では、「個別」と謳っているものの、先生一人に対して生徒が二人もしくは3人という体制で授業をすることも珍しくありません。するとどうしても一人ひとりにかけられる時間が減ってしまうため、十分な指導が受けられない生徒も出てきてしまいます。

スケジュールの調整がしやすい

家庭教師であれば、急に体調が悪くなってしまったり、学校の試験勉強のためにスケジュールを調整したい時など、塾などに比べると日程のやりくりがしやすい点が大きなメリットと言えます。
塾によっては振替対応をしているようですが、あらかじめ決まっている授業時間の中から、空いている枠を探してスケジュールを変更するようになっているため、希望の日程が空いていないということもあるようです。
特に学校や部活などで忙しい中高生などは、振替がしやすいという点はかなりのメリットといえます。スケジュールにあわせて、ある程度柔軟に対応してもらえることは、家庭教師ならではのメリットといえるでしょう。

勉強以外の個人的な相談にも乗ってもらえることも

家庭教師は普段マンツーマンで指導してくれることから、生徒も家庭教師に親近感を抱きやすく、個人的な質問や相談をしやすいと生徒が感じるのも家庭教師のメリットです。
塾や学校では他人の目が気になり、相談や質問がしにくいこともありますが、家庭教師はそんなこともありません。将来の進路のことや、家族にも言えない悩みなどを相談するという生徒も少なくありません。

個別指導塾のメリットは?家庭教師と比べてどこがオススメ?

家庭教師のメリットについて触れてきましたが、一方で、個別指導塾にもまた良い点はあります。
次に個別指導塾のメリットについて紹介しましょう。

受験や志望校に関する情報を手に入れやすい

家庭教師と異なり、授業形態は極少人数といえども個別指導塾は塾にあたります。塾には受験などに関する情報が集まりやすいので、生徒は受験や志望学校に関する様々な情報を得ることができます。

塾講師との面談では、受験や志望校に関する様々な情報を教えてもらうことができます。塾が持つ情報をもとに、生徒の現状と照らし合わせながら、経験豊富な講師が進路指導をしてくれるというメリットがあります。また、講師の中には近隣の学校の卒業生や在校生がアルバイトで講師となっているケースもあり、そうした講師から学校や受験のリアルな話を聞けることもあるようです。

自習室を利用することができる

最近は自習室を用意してくれる塾も多いので、そうした場所を積極的に活用しましょう。
自習室を上手に活用することができれば、自学自習の習慣を身につけることができ、講師の手が空いている時に質問をすることができるなど、メリットが多くあります。
自宅や自室でなかなか集中して学習ができないという生徒にとっては、塾の自習室を活用するのも一つの方法として良いかもしれません。

塾によっては学校の過去問を持っていることも

近隣の学校の過去問を把握しているという塾も地元密着塾の場合は珍しくないようです。
そうした塾では、定期テストの終了後、通っている生徒たちにテスト問題を持ってきてもらい、どんな問題が出たかを確認しています。今までの蓄積により、定期テストの過去問の傾向を把握できるので、定期テスト対策をしてもらうことができるのです。特に学校で毎回同じ先生がテスト問題を作るようなら、かなり正確な傾向を掴むことができるようです。

模試や実力テストで気軽に力試しをすることができる

塾によっては業者が行う模試や実力テストを実施してくれることもあります。受験当日の雰囲気を味わえるため、いい予行演習になりますし、そうした模試や実力テストを受けることで、現在の実力を客観的に把握することが可能です。模試の結果や分析データをもとに、進路指導をしてもらえることもあります。
塾に入っていない生徒は、こうした模試を自分で申し込む必要がありますので、模試や実力テストを塾に任せてしまいたい人にとってはぴったりです。

長期休みには集中講座を受けることができる

個別指導塾では、長期休みに講習があるということもメリットの一つです。
学校の授業がなくなる夏休みや春休みなどの長期休みには、弱点の克服や、これまでの復習、新学期の予習ができる良い機会です。個別指導をしてもらえると、集中的にポイントを押さえた学習をすることができます。

勉強する場所を変えることで気持ちの切り替えができる

家や自室は居心地が良いですが、ゲームや漫画など様々な誘惑があるということも事実です。
こうした誘惑に負けてしまいそうな生徒こそ、家の外の塾などを利用して勉強した方が、集中できるといえるでしょう。

家庭教師は基本的に自宅で勉強することになるので、生徒によっては集中できないということもあるかもしれません。そうした生徒にこそ、あえて家以外の塾で学習することをお勧めします。塾は勉強することを目的に来ているので、気分転換になりだらけてしまうことを防ぐことができます。
勉強する環境を用意するという観点から、個別指導塾を利用するのも一つの方法です。

家庭教師の方が向いているのはこんな生徒

家庭教師と個別指導塾、どちらがいいかわからない、そんなふうにお考えの方に、家庭教師と個別指導塾、それぞれに向いているタイプの生徒を紹介していきましょう。
まずは家庭教師に向いているタイプ。次のようなタイプの生徒は家庭教師に向いていると言えます。

  • 家や自室で静かに学習したい生徒
  • じっくりとわからない箇所などを指導してもらいたい生徒
  • 塾へ通う時間がない忙しい生徒

自分が安心できる場所や家の中で勉強をしたい生徒は、家庭教師が向いているでしょう。外出すると体調が悪くなってしまったり、人目を気にしすぎてしまうような生徒も自宅で学習できれば安心です。
家の中や自室に他人を入れることに最初は少し抵抗があるかもしれませんが、すぐに慣れるようになるので心配する必要はありません。

また、じっくり学習してとにかくしっかりと教えてもらいたいという生徒にも家庭教師は向いています。上述のように個別指導では、担当講師が同時に複数人教えることになるため、別の生徒にかかりきりになってしまうと、指導の時間がとても少なくなってしまいます。

その点家庭教師であれば、ずっと自分だけを担当してもらえるので、全ての時間を有効に使えます。また、苦手箇所の復習など、授業内容を自分で決めることもでき、ある程度の融通が利く点は家庭教師ならではのメリットです。

タイプ的には塾でも問題ないけれど、塾へ通う時間がないほど忙しいという生徒も家庭教師の方が向いています。家庭教師であれば、契約次第で自由な時間に来てもらえます。習い事や部活などで忙しくても、時間を有意義に使うことができます。小学校低学年などまだ幼くて、保護者の送迎が必ず必要だという生徒にも家庭教師はお勧めです。保護者が忙しくて塾への送迎ができないという場合にも、家庭教師なら家まで来てもらえるので安心です。

個別指導塾の方が向いているのはこんな生徒

では、個別指導塾が向いているのはどのような生徒でしょうか。生徒の性格によっては、家庭教師は逆に苦手、という場合もあるので、その生徒の性格に合わせて一番良い方法を選びたいものですね。
以下のような特徴を持つ生徒は個別指導が向いているタイプといえるでしょう。

  • 静かすぎる空間よりも少しざわついている空間の方が集中できる生徒
  • 教科によって担当の教師を変えてもらいたい生徒
  • より相性のいい先生を探している生徒

静かすぎる空間や、マンツーマンのやり取りが緊張してしまい、却って勉強という本来の目的に集中できないという性格の生徒もいます。そのような生徒は、個別指導塾の方がおすすめといえるでしょう。

個別指導塾はブースで区切られていて、個別スペースで勉強することが多いのですが、ある程度ざわざわした雰囲気は残ります。周りで教えている先生の声や、質問している生徒の声などが自然と耳に入ってくる環境になるので、静かすぎるということはありません。カフェやレストランで勉強する人もいるくらいですから、このようなある程度人の気配やざわつきがある方が集中しやすいと自分でわかっている生徒であれば、個別指導塾の方が向いているのではないでしょうか。

案外マンツーマンでの勉強は堅苦しく感じるという生徒も多いようです。教師の目がいつでも自分に向いているということに不快感を覚える生徒もいますし、じっと手元を見られたり、時折アドバイスの声がかかることも、集中を削がれて問題を解きにくいと感じることもあるかもしれません。実は、生徒は講師に自分が問題を解いているときには、別の場所を見たり違うことをしていてほしいと思うことも少なくないようです。
その点、個別指導塾であれば、講師の意識が何人かの生徒に分散されるため、そのような生徒にとっても窮屈さを感じづらく、リラックスして学習できるでしょう。

また個別指導塾では、科目によって先生を変えることができるのもメリットの一つ。それぞれの教科のスペシャリストに教えてもらいたいという生徒であれば、個別指導塾をお勧めします。

さらに、自分と相性のいい講師を探したいと思っている生徒にも個別指導塾はお勧めです。同じ先生がずっと受け持つことを基本とする家庭教師は、初めから相性が良い先生に担当してもらえるなら良いですが、続けるうちに相性が悪いと感じても、新しい先生に変わってもらうことはなかなか困難です。その点個別指導塾では、講師の指名制度を設けている塾もあるので、教えるのが上手な講師や、性格が合う講師、志望大学出身の講師など、希望する講師を担当にしてもらいやすいでしょう。

まとめ

家庭教師と個別指導塾、同じように見えるかもしれませんが、様々な違いがあることがお分かりいただけたでしょうか。どちらにもメリット・デメリットの両方があるので、最終的な判断は、生徒の性格や状況と照らし合わせながら決めることが何よりも大切なことといえます。
この記事を参考に、家庭教師か個別指導塾か、または別の方法か、ぜひ生徒にとって一番良い方法を選んでくださいね。

この記事を監修した人

チーム個別指導塾
「大成会」代表:池端 祐次

2013年「合同会社大成会」を設立し、代表を務める。学習塾の運営、教育コンサルティングを主な事業内容とし、札幌市区のチーム個別指導塾「大成会」を運営する。「完璧にできなくても、ただ成りたいものに成れるだけの勉強はできて欲しい。」をモットーに、これまで数多くの生徒さんを志望校の合格へと導いてきた。

\この記事をみんなにシェア!/
公開日:2022年11月24日