観光庁職員

観光庁職員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

観光庁職員を目指すための主な進路

観光庁職員
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「観光学、語学(外国語)、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
国家公務員試験に合格
Step.4
観光庁の面接に合格して、入省する

観光庁職員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 46

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

観光庁職員ってどんな仕事?

観光庁職員は、国際観光の振興その他の観光に関する事務を所管する国土交通省の外局である観光庁で働き、日本人観光客と日本を訪れる外国人観光客を増やすことを目的に国内の観光地や文化をPRするお仕事です。

民間事業者、他省庁、地方自治体との協力体制が欠かせず、公共交通事業者、通信事業者や金融関係事業者、宿泊施設や飲食店など様々な関係者と連携するため、フィールドが広いのが特徴です。

観光庁はテレワークの活用等、働き方が多様化していることを踏まえ、リゾート地や温泉地などで余暇を楽しみつつ仕事を行うワーケーションや、出張先等で滞在を延長するなどして余暇を楽しむことを目的に、休暇の積極的取得・分散化の促進を通じた旅行機会の創出などを行っています。

グローバル化を背景に2017年には観光庁の定員は倍増されており、近年ますます注目が高まっている職業といえるでしょう。

おすすめの大学(学部)

観光学、語学(外国語)、コミュニケーション学 …など

観光庁職員の給料・年収は?

観光庁職員の平均年収は不明ですが、国土交通省に勤務する職員の平均年収は700万円程度となっています。

観光庁職員の試験・資格は?

観光庁職員になるためには国家公務員試験に合格し、かつ観光庁の面接に合格する必要があります。
また、観光に関する知識と一定水準の語学力があることが好ましいです。

入省後は係員として局や課などに配属され、2~3年サイクルで担当業務を変更し、さまざまな経験を積むことになります。
社会人としての一般常識やマナー、コミュニケーション能力も大切です。

観光庁職員の有名人・著名人

観光庁職員の有名人・著名人は特に知られていないようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の旅行・観光の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.