デイトレーダー(投資家)

デイトレーダー(投資家)の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

デイトレーダー(投資家)を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「経済学、社会学、情報学、ビジネス学」などの学科を卒業
Step.3
通常、自宅や個人オフィスで在宅ワークとなる

デイトレーダー(投資家)を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 69

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

デイトレーダー(投資家)ってどんな仕事?

デイトレーダー(投資家)は、一般的に特定銘柄の株を1日のうちに売買して終了させ、次の銘柄を着手するループトレードという手法で繰り返し利益を生み出すお仕事です。

数百~数千万円と大きな利益を生むことも少なくないお仕事ですが、判断を誤ると損失が出ることもあるため状況を正確に読み解いて決断できる経験を養う必要があります。

株式市場が開いている平日9時~11時半、12時半~15時までの計5時間が実働時間となりますが、デイトレーダーは値動きが大きい午前中の2時間だけ取引を行うことが多いです。

取引にはパソコンやスマートフォンを使用しますので、企業・個人を問わず「パソコン・スマホ」を扱うスキルと、株価の動きを予測するために「国内外の情勢」を察知する能力も必要となります。そのために大学の学科としては「社会学・ビジネス学・経済学」などで学ぶと良いでしょう。

おすすめの大学(学部)

経済学、社会学、情報学、ビジネス学 …など

デイトレーダー(投資家)の給料・年収は?

デイトレーダーの平均年収はおよそ1,000万円(月給にして約80万円)と言われますが、全体の平均額ですので誰しもが1,000万円の年収ではありません。

稼いでいる人では億単位の年収、稼げない人は一切利益が出ないこともあり、その平均額となります。

デイトレーダー(投資家)の試験・資格は?

デイトレーダーになるための資格や検定などはありません。性別や年齢も関係なく、誰にでもなることができます。

しかし、株式取引は初心者がすぐに利益を出すのは困難なため、しっかりチャートを読み解く力を身に付けていく必要があります。
そのためにもデイトレーダーを目指すならば「ビジネス学」や「経済学」などを学べる大学へ通うことをおすすめします。

デイトレーダー(投資家)の有名人・著名人

テスタさん、CISさん、BNFさん、片山さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の経営・ビジネスの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.