スタディサプリ 評判や口コミは?

人気の「スタディサプリ」評判や口コミを調査しました

「スタディサプリ」はテレビCMでもよく放送され、有名なオンライン学習サービスです。
また月額980円(税抜き)で利用することが出来るので「学習塾に通わせるには金銭的に厳しい」というご家庭でも導入が比較的容易な点も大きなポイント。
その他にも多くのメリットがある「スタディサプリ」について実際に利用しているご家庭の口コミを抜粋しながら導入するメリットをご紹介します。

スタディサプリは何故支持されている?2つの理由

スタディサプリが多くのご家庭で支持されている理由の一つは「価格」です。
受験のために、もしくは学校の授業についていかせるために子どもを塾へ通わせたい事はどのご家庭でも一緒ですが、家計事情から厳しいという場合もあります。

オーディオまたインターネット環境さえあれば良質な授業をみることが出来ることもスタディサプリが評価されている理由です。
スタディサプリで講義を行っている講師は現役教師や多数の参考書を著している方々で、非常に簡潔で分かりやすい授業を行っています。
40,000以上の授業を揃えているのでわからない単元をピンポイントで知ることが出来ます。

リクルート社はスタディサプリの運営理念について「経済的、地域的な理由から生まれる教育の格差をなくし、誰もが一流の教育を受けられるようにしたい」としています。
もっと学びたいのに経済的理由で諦める事が無いように、料金は最大限抑えつつもきちんと学べる授業を提供している事がスタディサプリの大きな強みであり、魅力でもあります。
有名な企業が、きちんとした理念のもとで、腕利きの講師を雇っているのでサービスに対する心配は無用です。

スタディサプリの活用例

「インターネットでスタディサプリを知ったけど、どのように利用すれば良いのか分からない」サービスは提供されているものの、その活用方法に悩まれる親御さんもおられます。
子どもにスタディサプリを利用させている知人にどのように利用しているのかと訪ねたところ、大きく分けて以下の3通りの使い方でスタディサプリを活用しているようです。

全教科で利用する

スタディサプリの強みは月額980円(税抜き)から全ての教科の授業をみることが出来る点です。
学習スケジュールの管理が出来るのであれば、受験に必要な学力はスタディサプリのみで十分に賄うことが出来ます。
もし子ども自身が見通しを持って学習することが出来るのであればお勧めしたいスタディサプリの活用法です。

もし、勉強スケジュールの管理に不安を覚えるのであれば個別指導コース(月額9,800円税抜き)をお勧めします。
学習スケジュール作成(英数のみ)や講師への質問などサポートが充実しているので、学習塾と比較しても十分お得です。
定期テスト前には特別に勉強プランの作成も任せられます。

学習塾の補完として利用する

学習塾に通わせていてもスタディサプリを利用するというご家庭も多いです。
個別指導の学習塾だと1教科、週1コマからでも高額な月謝がかかります。
そのため特に力を入れたい教科を個別指導の学習塾で学ばせて、その他の教科をスタディサプリで補完するという使い方も多く支持されています。

学習塾に通うとスケジュールを決めなければなりません。
その上、授業料も高額となるので学習塾で多くの教科を学んでいる子どもはあまり居ません。
筆者は学習塾で3年ほど授業を行っていましたが、その殆どは2教科、多くても3教科の生徒が多かったです。

学習塾であまりにも多くの教科で学ばせる事は子どもにとっても大きな負担です。
塾講師との相性もありますし、何より放課後も塾に入り浸るほど勉強をさせるのはいかがなものかと。
当然勉強をすることは将来のために大切なことではありますが、苦手ではない教科は子どもの体調やご家族の旅行など柔軟に対応出来るオンデマンド型の授業を復習として活用してみてはいかがでしょうか。

子どもの苦手な教科のみ利用する

学習塾に通わせる事は経済的に厳しいが、せめて苦手な教科くらいは分かりやすい授業を見たい。
そのようなご家庭ではスタディサプリを活用して苦手な教科に絞って学習しています。
苦手な教科のみに絞っているためスタディサプリを利用する目的がブレることもなく、子どもが「何のためにスタディサプリを利用しているのか?」をしっかりと理解する事ができます。
そのため途中でだらける事もありませんし、目的を理解しているためモチベーションも維持することができます。

全ての教科をスタディサプリのみで賄う事も出来ますが、子どものモチベーションや集中力に合わせて一部の教科のみで利用することも十分に活用していると言えます。

スタディサプリの口コミや評判

スタディサプリを実際に利用してみた方の口コミをまとめています。

  1. いつ解約しても違約金がかからない、入会金も不要
  2. デイリーレポートが配信されるのでサボったらすぐに分かる
  3. スキマ時間に勉強できるので部活と受験を両立出来る
  4. 家で授業が受けられるので安全
  5. センター試験にも対応している

特に上記の意見がよく見受けられました。
筆者が意外だと思ったことは4番の「家で授業が受けられるので安全」だという事です。
確かに現代は物騒です。
また地方だと夜は街灯すらない地域もあるので交通事故や事件に巻き込まれることなく安心して学習できるという点はオンデマンド特有のメリットです。

親御さんからの口コミではもう一つ。
デイリーレポートを通じて我が子が毎日どれくらい勉強しているかを把握することが出来るという事が挙げられていました。
学習日の翌日に何時間、どの教科を勉強したのかというレポートが届きます。
親御さんはこのレポートを見て子どもが勉強しているのかを監視しています。

子供を褒める実際に筆者の過程でもスタディサプリを利用していた時期があり、年の離れた妹はよく「今日は3時間も勉強したのか」と父親に褒められていました。
私は勉強の話題で食卓を囲むなんて想像もしていなかったし、筆者の妹にとっても良い環境だったのではないかと今では思います。

また、学習塾と比べて入会金や違約金が不要でいつでもやめる事が出来る点も目立ちます。
学習塾で違約金という話はあまり聞きませんが、入会金が子どもを入塾させる時の足かせになる事もあります。
気軽に始められて気軽にやめることが出来る点も評価されています。

高校生向けの講座ではセンター試験対策講座を利用できるという口コミを見つけました。
予備校へ通わなくてもスタディサプリのみでセンター試験を攻略する事が出来たとの口コミが寄せられていました。
高い授業料を払って予備校へ行かなくても月額980円(税抜き)のスタディサプリで十分良質な授業を受ける事が出来るようです。

デメリットについても以下にまとめています。

  1. スマホだと画面が小さい、タブレットやPCは必須
  2. 子どもが主体的に取り組む必要がある
  3. 勉強するふりをしてLINEなどを触っている
  4. 個別指導の学習塾とは違い、きめ細やかな指導は受けられない

今のスマートフォンは画面が大きいものも多いですが、板書の文字を見るには少し小さいようです。
そのためタブレット端末やパソコンが必要となります。
既に持っているご家庭であれば問題ありませんが、新しく購入するとなると負担が大きいのも事実です。

タブレット新しく買うのであれば筆者のお勧めはiPad
パソコンは場所を取るし価格もそれなりにします。
iPadは本体価格が4万円〜と比較的安く、もし親御さんがPTAの役員であれば学生・教職員価格で購入することが出来ます。
更に高校生・大学生になってもiPadは役に立ちます。
筆者はPDF資料を見るときや、簡単なプレゼンテーションを作成する時にiPadを利用しています。

わからないことをピンポイントで質問できない点につきましては、月額9,800円(税抜き)の個別指導コースであれば可能です。
ベーシックコースと比べると少し価格が気になるところではありますが、個別指導の学習塾と比べると、やはりリーズナブルです。
個別指導コースだと進路や勉強方法の相談も出来るので家計に余裕のあるご家庭は検討してみてはいかがでしょうか。

また子どもがきちんと自律して取り組まないから毎月の費用が無駄になるという意見も散見されました。
子どもはわざわざ楽しくない勉強をしたがる事はありません。

楽しく勉強に取り組める工夫・子どものモチベーションを上げる方法に関しては以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ御覧ください。

筆者の注目ポイント

スマホスケジュールスタディサプリについて、筆者が最も注目している点は「オンデマンド型のため自分のスケジュールに合わせて学習できる点」です。
学習塾では予め学習スケジュールが決められているため、融通がきかない上に授業を休んでしまえば一回分の授業料が無駄になってしまいます。

一方で自分の好きな時間に好きな場所で学べるスタディサプリは自己管理さえ出来れば予定の融通が効きますし、外出先や移動中に学習する事ができます。
更に全教科を網羅しているので、子どものニーズに合わせて学習する教科でさえも変更が可能です。

自己管理の出来る子どもはもちろんですが、自律の習慣をこれから身につけさせたいと思っている親御さんにもスタディサプリはお勧めです。

親御さんもいかがですか?スタディサプリで英語を学ぶ

スタディサプリは小学生〜高校生までの子どもが利用するものとして知られていますが、実は私達大人に対してもコンテンツを配信しています。
それがスタディサプリENGLISHです。

現在の日本の教育のトレンドは「一生涯、学び続ける事」と「外国語」に重きを置いたものとなっています。
コースは「日常英会話コース」と「TOEIC対策コース」の二種類。
価格はそれぞれ980円(税抜き)と2,980円(税抜き)です。
中学レベル〜TOEICハイスコアを狙えるレベルまでスタディサプリENGLISHで学び続けることが出来ます。
子どもは親を見て育ちます。
自らが勉強している姿を見せれば子どもにとって学ぶきっかけになる事間違いありません。

まとめ

スタディサプリは月額980円(税抜き)から利用できるオンデマンド型の学習サイトです。
活用方法は子どもによって工夫しなければなりませんが、限りなく価格を抑えながらも良質な授業を提供していることで評判になりました。

時間に融通がきくため、他の習い事や家族旅行との調整も容易に可能です。
加えて親御さん宛に毎日メールが配信されるので子どもが毎日何時間勉強したのかを把握することが出来る事も安心して利用できるポイントです。

日本のこれからの教育方針は自律を軸としています。
スタディサプリを活用して子どもに「自分で考え・行動する力」と「確かな学力」を身に着けさせてみてはいかがでしょうか。
ただし、学習の基本は学校です。
全てを塾やオンライン学習サービスに求めず、まずは学校の先生が行う授業を大切にして下さい。

\この記事をみんなにシェア!/