司書・公文書館専門職員(アーキビスト)

司書・公文書館専門職員(アーキビスト)の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

司書・公文書館専門職員(アーキビスト)を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「図書館情報学、図書館情報学、アーカイブズ学」などの学科を卒業
Step.3
大学院修士課程を修了
Step.4
公文書館などに就職

司書・公文書館専門職員(アーキビスト)を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 67

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

司書・公文書館専門職員(アーキビスト)ってどんな仕事?

司書・公文書館専門職員(アーキビスト)は、国や自治体が作成した原本や歴史書など公文書(アーカイブ)を保存、管理する仕事です。
公文書館では専門調査や研究をしたり来客の対応もします。

歴史、法律、政治などの理解力や幅広い分野のことを知っている必要があり、来客に説明できる力が必要です。
あまりまだ一般的には広まっていない職業ですが、最近ではインターネットでの観覧も多くなり情報をデジタル化しています。

歴史学や法学、考古学、政治学を学べる学校から公立書館に就職するのが多いです。

おすすめの大学

図書館情報学、児童学 …など

大学院修了課程がある方が多いので、かなり勉強家の方が向いている職業と言えるでしょう。
日頃から多くのことを学べる柔軟性とコミニュニケーション能力も高めだと良いです。
アーキビストは、専門分野が違うので目指している学問を学ぶと良いです。

司書・公文書館専門職員(アーキビスト)の給料・年収は?

初任給は、20万円です。
平均年収は、500万円~800万円です。
勤務場所や勤務体系によりかなり給与の幅があります。自治体や公文書館に就職する試験も難易度が高いです。

司書・公文書館専門職員(アーキビスト)の試験・資格は?

アーキビスト資格日本デジタル・アーキビスト資格があると就職に有利になります。
政治学・行政学・法学・歴史学(日本近現代史)・図書館情報学・アーカイブズ学・記録管理学などの分野での大学院修士課程を修了している方でないと難しい職業です。

司書・公文書館専門職員(アーキビスト)の有名人・著名人

司書・公文書館専門職員(アーキビスト)の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の教育・保育の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.