社会教育主事

社会教育主事の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

社会教育主事を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「社会学、経済学、教育学」などの学科を卒業
Step.3
地方公務員試験に合格する
Step.4
社会教育主事補として1年以上、または教員免許を取って5年以上働いて講習を修了する
Step.5
学校、公民館、生涯学習センターなどで活躍

社会教育主事を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
50 ~ 68

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

社会教育主事ってどんな仕事?

社会教育主事は、地域の団体をサポートしながら教育や事業の企画などをする仕事です。
地方公務員として都道府県別に分かれて行い、教育委員会の事務所で働くことが多いです。

社会教育施設主催の事業や社会教育関係にも携わる仕事で、幅広い分野の専門的な知識が必要になり、人にアドバイスや提案をするので的確に指導ができる力やコミニュニケーション能力、提案力がないと難しいです。
また、地方団体との連携も必須で、いろいろな方と仕事をすることが多いです。

おすすめの大学

社会学、経済学、教育学 …など

社会教育に関する学科がある大学に進学して、地方公務員試験に合格して社会教育主事補として1年以上働くことや教員免許を取って5年以上働いて講習を修了する必要があります。
道なりが遠いので、目標として学力を向上させ、専門分野の勉強もしておきましょう。就職に向けて早めに情報収集をはじめるのが良いです。

社会教育主事の給料・年収は?

初任給は、およそ20万円です。
平均年収は、400万円~800万円です。
地方公務員なので給与は統一されています。賞与や昇格、勤続年数で給与は増えていくので安定した職業です。

社会教育主事の試験・資格は?

地方公務員試験に合格して1年以上社会教育主事補などとして経験をするか教員免許状を取得して5年以上教育関係の職種に携わり、社会教育主事講習を受ける2つの方法があります。

大学や短大で資格取得に関する学科を学ぶことが必要になります。

社会教育主事の有名人・著名人

社会教育主事の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の教育・保育の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.