シングルマザー 大学無償化を活用しよう

北海道のシングルマザーは「大学無償化」の手当てを活用しよう

低所得者世帯の子供を対象にした、大学無償化制度が20204月からスタートします。
手続きはすでに2019年度から始まっています。

北海道内では、ほとんどすべての大学、高等専門学校、短大、専門学校が対象になっています。
大学無償化制度は大学以外の学校も対象になっています。

シングルマザーの方で「子供を進学させたいけど経済的に厳しい」と感じている人はぜひ、この優れた制度の利用を検討してみてください。

また、母子家庭の子供さん自身も、「うちは大変だから」と大学進学をあきらめるのではなく、この制度を知って「なんとかなるかもしれない」と感じてください。

貧困の連鎖」を断ち切るチャンスになるかもしれません。

大学無償化は20204月入学者から

アイデア大学無償化は、20195月に成立した「大学等修学支援法」によって制度化され、20204月の入学者から対象になります。

対象となる学校は、国公立大学、私立大学、短大、高等専門学校、専門学校です。

「ほぼ完全に無料」になるのは国立大学などの国公立で、私立は減免となります。
減免では、授業料が減額されますが、自己負担は必要になります。

また大学無償化では、返済する必要がない給付型奨学金も支給します。

減免額と奨学金の額、条件

大学無償化制度の支援内容を紹介します。

授業料の減免額

大学無償化制度の授業料の減免額は以下のとおりです。

授業料の減免の上限額

 

国公立

私立

 

授業料

入学金

授業料

入学金

大学

54万円

28万円

70万円

26万円

短大

39万円

17万円

62万円

25万円

高等専門学校

23万円

8万円

70万円

13万円

専門学校

17万円

7万円

59万円

16万円

国立大の入学金と授業料は、この減免額でほぼ完全にまかなうことができます。
例えば北大の学費は、入学金282,000円、授業料年535,800円となっています。

お金を手渡すまた国立の高等専門学校も、例えば釧路工業高等専門学校の学費は入学金84,600円、授業料年234,600円となっているので、ほぼ全額まかなうことができます。

一方、私立はこの減免額では自己負担が発生してしまいます。
例えば北海学園大の工学部の入学金は200,000円、授業料は年1,140,000円となっています。

給付型奨学金の額

大学無償化制度の給付型奨学金の額は以下のとおりです。

  • 国公立の自宅生:年35万円
  • 国公立の自宅外生:年80万円
  • 私立の自宅生:年46万円
  • 私立の自宅外生:年91万円

大学無償化制度を利用できる条件

授業料の減免と給付型奨学金の対象になるのは、次の条件に該当する人です。

  • 住民税非課税世帯(年収270万円未満):全額支給
  • 年収270万円以上、300万円未満:住民税非課税世帯の3分の2を支援
  • 年収300万円以上、380万円未満:住民税非課税世帯の3分の1を支援

上限額いっぱいの支援を受けられるのは、住民税非課税世帯です。

その後、段階的に支援額が減り、年収380万円以上の世帯は対象から外れます。

打ち切りと返還の条件

これがとても重要です。

学生が支援を受け始めても、成績が悪いと打ち切られてしまいます。

授業料の減免と給付型奨学金が打ち切られる条件は次のとおりです。

  • 退学や停学の処分を受けた
  • 留年した(修業年限で卒業できないことが確定した)
  • 修得単位数が標準の5割以下
  • 出席率が5割以下など、学修意欲が低いと学校側が判断したとき
  • 連続して「警告」を受けたとき

「警告」の内容は次のとおりです。

  • 修得単位数が標準の6割以下
  • GPA(平均成績)が下位4分の1
  • 出席率が8割以下など、学修意欲が低いと学校側が判断したとき

さらに、次の要件に該当すると、受けた支援を返還しなければなりません。

  • 学業成績が著しく不良
  • 学校から退学または停学の処分を受けた
  • 虚偽の申請など不正な手段で支援を受けた

税金で支援を受ける以上「しっかり勉強しなければならない」ということです。

支援の対象となる道内の大学など

大学無償化の支援を受けられる「道内の」大学などは以下のとおりです。
この学校に進学する学生は、授業料の減免と給付型奨学金が受けられるかもしれません。

道内の国立大学

北海道大学北海道

北海道教育大学

室蘭工業大学

小樽商科大学

帯広畜産大学

旭川医科大学

北見工業大学

道内の公立大学

札幌医科大学

公立はこだて未来大学

釧路公立大学

道内の国立高等専門学校

函館工業高等専門学校

苫小牧工業高等専門学校

釧路工業高等専門学校

旭川工業高等専門学校

道内の私立大学

旭川大学

札幌大学

北海道科学大学

函館大学

藤女子大学

北星学園大学

北海商科大学

札幌学院大学

酪農学園大学

北海道医療大学

星槎道都大学

北海道情報大学

札幌国際大学

北翔大学

北海道文教大学

天使大学

稚内北星学園大学

札幌保健医療大学

日本医療大学

北海道千歳リハビリテーション大学

日本赤十字北海道看護大学

苫小牧駒澤大学

道内の私立短大

旭川大学短期大学部

札幌大学女子短期大学部

北海道科学大学短期大学部

函館短期大学

北星学園大学短期大学部

札幌国際大学短期大学部

北翔大学短期大学部

札幌大谷大学短期大学部

帯広大谷短期大学

光塩学園女子短期大学

函館大谷短期大学

大学北海道武蔵女子短期大学

釧路短期大学

國學院大學北海道短期大学部

拓殖大学北海道短期大学

道内の公立専門学校

北海道立旭川高等看護学院

北海道立紋別高等看護学院

北海道立江差高等看護学院

北海道立網走高等看護学院

北海道立農業大学校

道内の私立専門学校

愛犬美容看護専門学校、青山建築デザイン・医療事務専門学校など多数

大学無償化の支援を受けるための手続き

大学無償化制度の支援を受けるには、本人が手続きをする必要があります。
申請手続きの手順を紹介します。 

申請の手続きができるのは、高校3年生、浪人生、高卒認定試験合格者、現役の学生(大学などに通っている人)です。

3生の申請手続き

ポーズをとる女性大学無償化制度の支援を受けるには、高校3年生の本人が手続きをする必要があります。

申請手続きの手順を紹介します。

まずは以下の2つのサイト(URL)にアクセスして、自分が支援の対象になるか調べてください。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/

このサイトで、自分が対象になり得ると思えたら、高校の担任から申請書類を受け取ってください。

高校の担任は、申請書類を本人に渡すだけです。
本人が申し込みする先は、日本学生支援機構(通称、JASSO)です。

申し込みは7月ごろまでに終了してください。

JASSOは審査結果について、高校を通じて本人に知らせます。

審査結果が出るのは12月ごろですので、まだ入試は行われていません。
そのためこの段階では「予約採用」ということになります。

12月に大学などの入試を受けて合格したら、入学後の4月にJASSOに「進学届」を提出します。

JASSOが担当するのは、給付型奨学金だけで、授業料の減免は大学など学校が行います。

そのため4月は、JASSOへの「進学届」の提出と同時に、入学した大学などに「入学金と授業料の減免手続き」を行います。

支援は4月または5月から受けられます。

浪人生と高卒認定試験合格者の申請手続き

浪人生も大学無償化の支援を受けることができます。
ただし、高校を卒業してから2年間以内に大学などに進学する必要があります。

申請手続きは、卒業した高校を経由することになります。

高卒認定試験合格者は、JASSOに直接申請することになります。

現役の学生(大学などに通っている人)の申請手続き

すでに大学などに入っている現役の学生は、通っている学校から書類を入手して、JASSOに申請します。

貧困の連鎖について

ふさぎこむ女性母子家庭が必ずしも「貧困」であるとは限りませんが、経済的に困窮しやすいことは事実です。

また、経済的に苦しい状況にあるシングルマザーが必ずしも子供の進学に熱心でないとは限りませんが、「うちの子供は大学などに行かなくても十分生活できる」と思っている人もいるでしょう。

奨学金を受給している家庭の収入状況については、以下の記事でもご紹介している通りです。

そして中卒でも高卒でも、社会で活躍することはできます。

それでもなお、シングルマザーとして頑張っている方や、母子家庭の子供には、高校より上の学校への進学、とりわけ大学への進学について、今一度検討していただければと思います。

それは、子供が大学に進学することで「貧困の連鎖」を断ち切ることができるからです。

貧困の連鎖は「断ち切れる」し「断ち切るべき」

鎖貧困の連鎖とは、貧困な家庭の子供が、貧困な家庭をつくってしまうことをいいます。
「親が貧困しているのだから、その子が貧困になるのは当然ではないか」と思わないでください。

そのような思いが、貧困の連鎖を生んでいる面もあります。

貧困の連鎖の裏面は「富裕の連鎖」です。
つまりお金持ちの家庭の子供は、お金持ちの家庭をつくりやすくなる傾向があります。

お金持ちの保護者は、「子供の教育にかけるお金」「子供の教育にかける時間」「親の教育への意識」がいずれも高いので、子供が高学歴を獲得しやすくなります。

日本は学歴社会なので、学歴が高い人ほど、多額の収入が得やすくなります。

つまり日本は、学歴が低い人ほど、貧困になりやすい社会なのです

貧困家庭の保護者は、「子供の教育にかけるお金」「子供の教育にかける時間」「親の教育への意識」がいずれも低い場合が少なくありません。

それで貧困家庭の子供は、低学歴になりやすくなります。

これが貧困の連鎖と富裕の連鎖のメカニズムです。

富裕の連鎖はよいことなので、断ち切る必要はありません。

しかし貧困の連鎖は断ち切ったほうがよいのです。
政府は「夢を、貧困につぶされない。子供の未来応援国民運動」を展開し、さまざまな支援策を講じることで、貧困撲滅を目指しています(※)。
大学無償化もこの運動の一環といえます。

※参考:https://www.kodomohinkon.go.jp/policy/

まとめ~「お金の理由」であきらめないで

母子家庭の子供が、高校を卒業したあとの進学をあきらめる理由は、さまざまあるでしょう。
しかしその理由が「お金」であれば、大学無償化制度を使えば、進学をあきらめないで済むかもしれません。

貧困は、お金が少ない状態のことだけを指す言葉ではありません。
教養、知識、知性、品性、生きがい、喜び、幸福感、倫理観といったものまで乏しくなる状態のことこそ、本当の「貧困の恐さとつらさ」だと思います。

大学などの上の学校を卒業したからといって、必ず幸せになれるとは限りませんが、進学をすると幸せになるチャンスが増えるのは事実です。

\この記事をみんなにシェア!/