北海道のSSH

北海道の【スーパーサイエンスハイスクール】をご紹介

中学校2年生の半ばごろから多くの学生が「進学先をどこにしようか・・・」と悩み出すことだと思います。

大抵の場合は偏差値を基準にして進学先を決定することだろうと思いますが、時には高校同士でほとんど偏差値が変わらずどのように決めて良いかわからない、といった事態も発生することでしょう。

そのような際に役立つ選択肢の一つとして、進学先が「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)であるかどうか?」ということが挙げられます。

SSHとはここで簡単に説明すると、理系科目に特化した指導を行う高校のこと。

そのため特に高校で理系科目を学びたいのであれば、SSHに進学することを検討するのが良いでしょう。

では北海道にSSHはどれくらいあるのでしょうか?
当記事にてご紹介します。

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは?

科学反応式北海道のSSHについて説明する前に、SSHについてもう少々解説いたします。

冒頭でも触れたようにSSHとは理系科目に特化した指導を行う高校のことです。

SSHになるには文部科学省から指定を受ける必要があり、最長5年で750~1200万円ほどの支援を受けられるようになります。

指導内容は大学と連携することで理系科目に対する理解を深める「高大接続枠」、海外の研究者と共同研究ができるような人材を育成する「海外連携枠」など多岐に渡り、理系科目のトップ人材の育成のために高い指導が行われています。

実際にSSHの卒業生は理系を専攻する人や大学院に進学する人の割合が高く、一定の成果が認められています。

北海道の8つのスーパーサイエンスハイスクール(SSH)をご紹介!

さて、上記のような特徴があるSSHですが北海道には2019年時点で8つのSSHが存在します。

以下にそれぞれの特徴をご紹介します。

旭川西高等学校

基本情報

住所:〒070-0815 北海道旭川市川端町5条9-1-8

最寄駅:JR函館本線(小樽~旭川)近文

学科:普通科、理数科

偏差値:60(普通科),61(理数科)

旭川西高等学校

まず最初にご紹介するのは旭川西高等学校です。

SSHのうち、最北端に位置します。

北海道大学や北海学園大学など道内の進学が高いですが、明治大学や立教大学など都内の大学への進学実績も十分です。

以下に実際に旭川西高等学校に通っていた方の口コミをご紹介します。

・いちばん

勉強にも学校行事にも部活にも本気で打ち込める学校です。
とにかく学校が旭川1新しくてキレイです!
SSHで理系に特化してるため設備もどこよりも充実しています。
講習や講話、西高だけの得することがいっぱいです!

・制服が可愛いSSH校

校舎がとても綺麗です。
私立高校と違ってやはり公立なので冷暖房充実!とまではいきませんが、自習室など勉強できる教室が多くあります。
トイレも全く臭くないところが好きです。

北見北斗高等学校

基本情報

住所:〒090-0035 北海道北見市北斗町1-1-11

最寄駅:JR石北本線 北見,ふるさと銀河線 北見

学科:普通科

偏差値:63

北見北斗高等学校

次にご紹介するのは北見北斗高等学校です。

SSHだけでなく、NHK北見放送局と連携しNHK学園高等学校の協力校という特徴もあるなど、幅広い活動を見せています。

また都内屈指の進学校として知られ、京都大学や北海道大学などに十分な進学実績があります。

以下に実際に北見北斗高等学校に通われていた方の口コミをご紹介します。

・平和

他の学校よりも、人間関係で悩む事が少ないように感じます。
この周辺の地域では進学校と呼ばれており、勉強のレベルが高いのはもちろん、模試が行われる回数がとても多いです。
将来の夢を明確に持っている人、高みを目指したい人にとってはとても良い学校です。

・大学に行くならこの学校一択

授業も基本的にはわかりやすく、平日講習や休日の講座も充実、センター、個別試験対策も手伝ってくれる。
添削もしっかりしてくれる。
何より生徒の質がとても良い。
一応管内トップであるため、羽目を外すことをする生徒はほぼいない。
しかし、ノリはとても良いため行事はものすごく盛り上がる。
制服はダサいけど、そんな小さなことをかき消すくらいの魅力がたくさんある。

釧路湖陵高等学校

基本情報

住所:〒085-0814 北海道釧路市緑ヶ岡3-1-31

最寄駅:花咲線 東釧路,JR釧網本線 東釧路

学科:理数科,普通科

偏差値:60(普通科),67(理数科)

釧路湖陵高等学校

次にご紹介するのは釧路湖陵高等学校です。

2019年の大学進学率は8割近くであり、毎年北海道大学の合格者を輩出しています。

また器楽部、家政部、山岳部などユニークな部活動が多いことも特徴です。

以下に実際に釧路湖陵高等学校に通われていた方の口コミをご紹介します。

・大学進学一筋であれば向いています

進学一筋で、やるべきことがある程度見えている人にとっては、とてもいい環境だと思います。
ですが、先生方は基本的に「大学に行く」ことを前提として進路指導をするので、就職か専門学校進学を考えているのであれば、入ってから苦労するかもしれません。
上位の生徒(主に理数科)はとことん上まで行きます。
しかし、授業ペースが速いので、やる気がない生徒は置いていかれてしまいます。

・「大学に行きたい」と思うなら、ここ!

大学に行きたい釧路の子は、ここに行ったほうがいいと思います。
任意の土曜講習や、長期休業日の講習、平常日講習など学習における環境は申し分ないです。
すごくいい先生も何人かいらっしゃるので、いろんな相談にのってくれます。(そうでない先生もいます)

札幌啓成高等学校

基本情報

住所:004-0004 北海道札幌市厚別区厚別東4条8-6-1

最寄駅:JR函館本線(小樽~旭川)森林公園

学科:理数科,普通科

偏差値:58(普通科),理数科(62)

札幌啓成高等学校

次にご紹介するのは札幌啓成高等学校です。

SSHであることに加えて、理数科はJICAと連携しており理系科目について非常に充実した指導を受けることが可能です。

また部活動の加入率は約7割と高く、男子ソフトテニス部や体操部は全国クラスで活躍するなど、文武両道を実践しています。

以下に実際に札幌啓成高等学校に通われていた方の口コミをご紹介します。

・自然に囲まれたまじめな学校

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されているため探求基礎などが面倒ですが、理系?の大学進学の際に有利になることがあるので、その点は興味ある方調べてみてください。
啓成高校は散々な言われようですね笑。
ですが仲の良い友人と過ごす高校生活、私は毎日とても楽しいです。
公立高校ですが校舎もきれいで、開放感があります。
高校の近くには飲食店などが多く打ち上げの際に利用しやすいです!
バスやJR交通機関も充実しています。
充実した高校生活を送ることができると思います。

・いい学校です

大学進学を考えてる人にはいいと思います。
また、部活動も盛んなので勉強との両立ができるところです。
学校めんどくさいだの言ってる人はいますがそれはまあどこも同じで、個人的には色んな面で充実している学校だと思います。

滝川高等学校

基本情報

住所 :073-0023 北海道滝川市緑町4-5-77

最寄駅:JR函館本線(小樽~旭川)滝川,JR根室本線(滝川~新得)滝川

学科:理数科,普通科

偏差値:54(普通科),64(理数科)

滝川高等学校

次にご紹介するのは滝川高等学校です。

進学先は北海道大学や北海学園大学など道内が中心。

またSSHの指導内容の一つとして、「世界津波の日 高校生サミット」に参加するなど、多様な指導を行っています。

以下に実際に滝川高等学校に通われていた方の口コミをご紹介します。

・国公立に進学したいならここにしろ!

基本的に自由な校風なので私は気にいっています。
もちろん執行部の件などで気になる部分は多々ありますが、「基本」気に入っていますし、この辺の近隣の学校と比べると絶対にここを選ぶべきです。

・文武両道!

滝川高校は、文武両道を目標とした高校です。
勉強や部活動、さらに地域活動、課外活動など、さまざまな場面で自分の心と身体を磨くことができます。
また、自習室が設けられており、放課後は教室でも自習室でも勉強できるような設備も整っています。
制服は無く、自分の個性を表現できます。
そして、北空知一の進学校であり、毎年殆どの生徒が大学や専門学校に進学しています。
ぜひぜひみなさん滝川高校に来てみてください!

室蘭栄高等学校

基本情報

住所:〒050-0083 北海道室蘭市東町3-29-5

最寄駅:JR室蘭本線(長万部・室蘭~苫小牧)東室蘭

学科:理数科,普通科

偏差値:60(普通科),66(理数科)

室蘭栄高等学校

次に室蘭栄高等学校です。

現役での国公立大学への合格率が45~55%と非常に高いことが特徴。

また一年時から医学部進学への説明会を実施するなど、進学へのサポート体制が充実しています。

以下に実際に室蘭栄高等学校に通われていた方の口コミをご紹介します。

・勉強だけに縛られない進学校地域では進学校と呼ばれているだけあって勉強面では個人の努力を必要としますが、普段の生活も行事もめいっぱい楽しむことができます。
駅やバスターミナルから近く、通学しやすいのも特徴です。
ただ、地域からの期待や教師陣からの多少の圧力もあり、プレッシャーは常に感じます。
ですが、上手に息抜きができる生徒が多い印象です。
余談ですが、女子については顔面偏差値も管内一だと思います。
美人さんが多いです。

・生真面目な進学校

科により差はありますが、道内では有名な進学校です。
生徒の自主学習を薦めるというよりは、課題をたくさん出して生徒に提出させるという授業や先生が多いので、自分のペースでやりたいことを勉強したいという方にはあまり向いていないかもしれません。
とはいえ、先生方はとても熱心で、生徒たちも有名大学を目指し努力する子ばかり集まるので、勉強する環境はとても良く整っています。

札幌日本大学高等学校

基本情報

住所:〒061-1103 北海道北広島市虹ヶ丘5丁目7-1

最寄駅:JR千歳線 上野幌

学科:普通科特進コース,普通科総合進学コース

偏差値:53(普通科総合進学コース),61(普通科特進コース)

札幌日本大学高等学校

次にご紹介するのは札幌日本大学高等学校です。

上記のように学科は「普通科特進コース」と「普通科総合進学コース」の2つに分かれており、特進コースでは「スパイラル学習システム」という基礎学力と論理的思考力を身につけられる独自のシステムを導入しています。

以下に実際に札幌日本大学高等学校に通われていた方の口コミをご紹介します。

・とにかく男子が陽気で学校は活気だらけ

中高一貫コースと高校から入学してくる人とは、学校祭、体育祭以外は全くの別々です。(授業や修学旅行、制服や時制、校舎など。)
特に学習環境は別物です。
それらの影響でか、全体的に見て仲が良くない印象です。
個々人は仲良しもいますが。
まあでも衝突とかはないです。
一貫校舎を考えずに、高校校舎だけで見ると、雰囲気も素晴らしいと思います。

・個性を育てて未来の選択肢を広げる学校

私は一貫なので、一貫からの視点ですが一貫校舎は勉強、高校校舎は部活というイメージです。
最近はSGHやSSH、交際交流などの最先端の授業にも取り組んでいます。

立命館慶祥高等学校

基本情報

住所:〒069-0832 北海道江別市西野幌640-1

最寄駅:JR千歳線 上野幌

学科:普通科SPコース,普通科

偏差値:66(普通科),普通科SPコース(69)

立命館慶祥高等学校

最後にご紹介するのは立命館慶祥高等学校です。

高校名にもあるように学校法人立命館が運営する高校であり、希望者全員が立命館大学や立命館アジア太平洋大学へ進学できます。

ベトナム、ポーランド、ボツワナなど世界の様々な地域を訪問する海外研修を実施しており、国際的教育にも力を入れていることが特徴です。

以下に実際に立命館慶祥高等学校に通われていた方の口コミをご紹介します。

・北海道で一番魅力的な学校

とてもいい学校です。
先生達がとても積極的で、学校内もきれいですし、勉強しやすい環境がとても整っていて、施設も充実しています。
グローバルな学校でもあることも1つの利点だと思います。
高校からでも、勉強を頑張れば、自分に合わせて、spコースなどにもいくことができ、自分のなりたい将来にも、夢があり、どの私立高校よりもいいと思います。

・英語コミュニケーションに長けている学校

立命館大学の付属校のため立命館大学に行きたいのならばおすすめだが他の大学に行きたいのならば雰囲気に飲まれないかどうかが勝負どころ。
海外の人とコミュニケーションを取りたいのならばオススメの学校。

まとめ

当記事では北海道のSSHについて解説いたしました。

SSHで受けられる指導内容は非常にハイレベルな内容であり理系科目に高い興味がある学生であれば、きっと満足のいく指導が受けられることでしょう。

北海道の8つのSSHの平均偏差値は63程度と非常に高いですが、その分チャレンジする価値は大いにあると思います。

理系科目に興味があれば是非チャレンジされてみてください。

\この記事をみんなにシェア!/