神父・牧師・神主・僧侶

神父・牧師・神主・僧侶の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

神父・牧師・神主・僧侶を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「哲学、宗教学、国際文化学」などの学科を卒業
Step.3
それぞれの職種に必要な資格を取得
Step.4
教会、神社、仏閣、お寺などに就職

神父・牧師・神主・僧侶を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 69

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

神父・牧師・神主・僧侶ってどんな仕事?

神父・牧師・神主・僧侶は、不特定多数の方からの悩みを聞き知識や経験などを教える仕事です。

  • 神父・牧師
    キリスト教の強い信仰心があり、強い正義感がある方が向いている職業で主に教会の管理や運営をします。
  • 神主
    日本固有の宗教で主に日本文化の歴史や知識の伝承や年間行事、境内の清掃などをします。
  • 僧侶
    仏教に関する知識や教えを継承して法事や葬儀に携わります。どの職業も歴史や道徳を重んじる仕事になります。

大学では目指している職種に合わせた学科を専攻して、採用試験に合格すると就職ができます。

おすすめの大学

哲学、宗教学、国際文化学 …など

神父・牧師・神主・僧侶の給料・年収は?

職業によりお給料が違います。

神父・牧師

初任給は、15万円です。
平均年収は、200万円です。
教会で生活する場合は、賃貸や水道光熱費などの生活に必要な費用は協会がカバーしてくれます。

神主

初任給は、15万円です。
平均年収は、300万円~500万円です。
神主の月収上限が60万円という規定もありますが、あまり高い給与は難しいです。段位により給与は上がります。

僧侶

初任給は、15万円です。
平均年収は、300万円~600万円です。
経験が浅く地方だと給与が低い場合もあり、かなり平均年収にはばらつきがあります。

いずれの職種も一般的な会社員と比べるとお給料は若干低めです。

神父・牧師・神主・僧侶の試験・資格は?

職業により取得資格が違います。

神父・牧師

神学校や神学部を専攻するのが良いです。
とくに必須の資格はありませんが、教会に就職後、神父の助祭を1年間経験した後に神父に就任ができます。

神主

各都道府県神社庁からの授与「階位」が必要になります。
神道系の学科を専攻して段位を取得するのがおすすめです。段位は5段階あり、上位の資格だと宮司や権宮司になれます。

僧侶

僧籍を取得する必要があるので、基礎知識と実修を受けて合格しなければなりません。
一定期間の修業をしないと僧侶にはなれません。

神父・牧師・神主・僧侶の有名人・著名人

神父・牧師・神主・僧侶の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。
お笑い芸人の狩野英孝さんは神主資格取得していますが現状では神主としてお仕事はしていません。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の教育・保育の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.