有名大学に浪人するメリットは?

北大などの有名大学に浪人する割合と理由は?

大学入試に挑戦するほとんどの受験生は、有名大学に入りたいと思っているのではないでしょうか。
「私は有名大学でなくてもよい」と思っている人でも、もし有名大学に入ることができたら、いかがでしょうか。

なぜ人々は、有名大学に入りたいと思うのでしょうか。

有名大学は誰でも入ることができるわけではありません。
有名大学は偏差値が高いので、高度な学力を身につけなければなりません。

そのため、有名大学に入るには高校の3年間だけでは足りないかもしれません。
そこで、有名大学の入学者には、浪人生が多くいます。

では、有名大学は、浪人してでも入ったほうがいいのでしょうか。

そして、北海道でトップの大学である北大は、有名大学なのでしょうか。
さらに北大は、浪人してでも入る価値がある大学なのでしょうか。

有名大学と浪人について考えてみましょう。

有名大学とは

キャンパス風景浪人してでも有名大学に入る価値があるかどうかを考える前に、有名大学について定義してみましょう。

この記事では、東大京大一橋大東工大早稲田大慶応大を有名大学としておきます。

そして国立大学の医学部も、有名大学のなかに入れておきます。

ここでは、多くの国民が直感的に、「その大学に合格したなんてうらやましい」と感じる大学を有名大学としておきます。

これには異論があると思います。

例えば上智大や東京理科大は、「早慶でなくてこちらに入りたい」という受験生もいるでしょう。

また、明治大や青山学院大などはMARCHと呼ばれていて、とても有名です。
関西であれば、同志社大や立命館大などの関関同立もあります。
これらの大学も簡単には入ることができず、憧れの大学です。

しかしそのように対象を広げてしまうと、考察の的がぼやけてしまうのでここではあえて除外しておきます。

北大の位置づけ

クラーク博士の銅像北海道で最も有名で、北海道で最も偏差値の高い大学は北大です。

北大は北海道では特別な位置にあり、あまり受験事情に詳しくない道民だと「東大の次に頭のいい大学は北大」と思っています。

そしてこの記事の読者の多くは北海道に住んでいると思われるので、北大も有名大学に入れておきます。

道外の受験生は「東北大や大阪大や名古屋大などのほうが、北大より有名」と感じるかもしれませんが、この記事は全国目線と北海道目線で書いていきます。

有名大学を卒業するメリットとは

それでは、東大、京大、一橋大、東工大、早慶、北大に入学し卒業するメリットには、どのようなものがあるのか考えていきます。

そのメリットが大きければ、浪人してでも有名大学に入るべきだ、と思えるでしょう。

メリットが小さければ、浪人するくらいなら有名大学をあきらめて、現役で入ることができる大学を選んだほうがよい、と判断できます。

ステータスを一生保持できる

学歴は、その人の人生に一生ついて回るものです。
そして有名大学を卒業することは、ステータスになります。
つまり有名大学を卒業すると、ステータスを一生保持し続けられるわけです。

有名大学のインパクトはとても強く、例えば次の事実を知って、どのように感じるでしょうか。

タモリさんは早稲田大を中退している

テレビで面白いことを言ってお茶の間をわかせているタレントのタモリさんは、実は有名大学の入試に合格しているのです。

そして、早稲田大ほどの有名大学になると、中退をしていても一種のステータスを帯びてきます。
つまり「タモリさんは大学を中退している」とは言われずに「タモリさんは早稲田大を中退している」と言われるのです。

タモリさんを例に持ち出すまでもなく、有名大学を出ただけで「あの人は実は有名大学を出ているんだよ」と、特別視されます。

生涯収入が増える

有名大学を出ると、生涯収入を増やせる確率が高くなります。
生涯収入とは働き始めて引退するまでに得る賃金(給料)のことです。

端的に表現すると「有名大学を出るとお金持ちになりやすい」のです。

以下の金額は、就職支援企業のdodaが調べた卒業大学別の平均年収とその最高額です。
平均年収は1年間に得る賃金のことなので、この金額が高いと生涯収入が高くなると推測できます。

大学

平均年収

最高額

北大

590万円

2,000万円

東大

729万円

3,000万円

京大

677万円

3,000万円

一橋大

700万円

4,500万円

東工大

696万円

2,000万円

早稲田大

572万円

4,200万円

慶応大

632万円

4,700万円

小樽商大

501万円

1,650万円

参照:決定版!一目でわかる出身大学別年収データ

比較のために、小樽商大卒者の平均年収と最高額も記載しました。
最高額の比較では、最も高い一橋大(4,500万円)と小樽商大(1,650万円)では3倍近い開きがあります。

北大はかろうじて平均年収が早稲田大より上回っています。

年収でこれだけの差がつくので、生涯収入となれば「まったく違った人生を歩む」といっていいほどの差になるでしょう。

家族が喜んでくれる

有名大学に合格するメリットのうち、地味ながら大きな幸せが得られるのが、家族や親戚などが心から喜んでくれることです。

有名大学に合格すると、家族が「よかったね」と言ってくれるでしょう。
それまでほとんど会ったことがない遠い親戚も、電話で「おめでとう」と言ってくれるかもしれません。

もちろん家族は、子供がどの大学に合格しても喜んでくれるでしょう。
しかし有名大学の合格は格別なはずです。
有名大学合格は、周囲の人も幸せにします。

教育がよい、最新の知に接触できる

研究者有名大学には有名な教授や准教授がたくさんいます。
有名な先生といってもテレビに出ているわけではないので、受験生や高校生や中学生たちは、今はまだ知らないかもしれません。

しかし有名大学に入って専門の勉強をスタートさせると、自分の大学に「世界的な権威」と呼ばれる人たちがゴロゴロいることに気がつくはずです。

有名大学の先生たちは、世界でまだ誰も手掛けていない研究に取り組んでいます。
そのような人たちが、教壇に立って学生に勉強を教えてくれるのです。

有名大学に入ると、最高の教育を受けることができ、最新の知に接触することができます。

浪人とは何か

有名大学の魅力を理解できたでしょうか。

結論を紹介すると、有名大学は浪人してでも入る価値があります。

浪人とはコストです。
つまり有名大学は、浪人コストを支払ってでも入ったほうがよい、ということになります。

それは浪人コスト以上のものを、有名大学から得ることができるからです。

浪人のコストとは

時間とお金浪人とは、受験に失敗して大学に入ることができず、しかも高校を卒業していて、なおかつ働いていない状態にある人のことです。
また、いくつかの大学に合格したものの本命大学に落ちたため、浪人して再チャレンジする人もいます。

浪人コストとは、時間とお金のことです。
1浪して大学に入る人は、現役で大学に入った人より1年遅く専門分野の勉強を始めることになり、1年遅く社会に出ることになります。

また浪人中は塾や予備校に通うと思いますが、その授業料は現役合格していれば支払わなくてよかったお金です。

そして社会に出るのが1年遅れれば、生涯収入が1年分減ることになります。

限度はある

なぜ浪人コストを紹介したのかというと、浪人コストが大きくなりすぎると、有名大学に入るメリットがかすんでしまうからです。

先ほど、有名大学は浪人してでも入る価値がある、と紹介しましたが、では2浪してでも入る価値はあるのでしょうか。
3浪や4浪はどうでしょうか。

次の数式をみてください。

浪人コスト×浪人x年≧有名大学メリット

xを大きくしていくと、つまり浪人を続けると、いつか浪人コストが有名大学メリットを上回ります。

xの数字がいくつになるのかは、受験生の価値観と人生観によるでしょう。
ただ、一般論を紹介することはできます。

何浪ならいいのか

それでは次に、何浪なら有名大学メリットを損なわずにいられるのか考えていきましょう。

これを考えることで、憧れの有名大学を何年であきらめるのが妥当なのかがわかります。

1浪ならいいのか

キャンパスで過ごす大学生1浪の浪人コストは、間違いなく有名大学入学に見合うでしょう。
つまり、もう一年勉強すれば有名大学に入れそうで、家族も浪人を許してくれるなら、1浪はしたほうがいいでしょう。

代々木ゼミナールによると、2019年春の東大合格者は3,084人で、そのうち1浪は916人(30%)、2浪以上は96人(3%)でした。

また河合塾によると、2019年春の京大合格者は2,714人で、1浪を含む現役以外は1,636人(60%)でした。

また、再び代ゼミによると、2019年春の北大合格者のうち、1浪を含む現役以外は前期で38%、後期は46%でした。

有名大学には浪人してでも入りたいと考えている人の割合が多いことがわかります。
またこの数字は、有名大学に入りたいのであれば、1回目の挑戦(現役受験)で失敗したぐらいであきらめてはいけない、ということも物語っています。

2浪はどうか

2浪も、有名大学への挑戦なら許容範囲といえるでしょう。
むしろ周囲も「どうしてもその大学に入りたかったんですね」と思ってくれるはずです。

2浪で有名大学に合格したら、「あきらめないでよかった」と、自分も家族も思うでしょう。

3浪以上はどうか

3浪になると微妙なニュアンスが現れてきます。
そろそろ「3浪で早稲田大なら、2浪で明治大のほうがいいのではないか」といった意見が出てくるかもしれません。

したがって、2浪で臨む受験では、有名大学だけでなく、滑り止め大学の対策もしっかり講じておいたほうがいいでしょう。
もし2浪して有名大学に合格できず、3浪しても状況が好転しそうになければ、合格した滑り止め大学に進学したほうがいいかもしれません。

しかし「3浪すれば、今度こそ合格できる」という確信を持てたら、保護者の理解を得てから、3浪に突入してはいかがでしょうか。

それでは4浪はどうでしょうか。
このあたりから、浪人コストが有名大学メリットを超えるでしょう。

繰り返しになりますが、人によっては4浪してでも有名大学に入りたい、と思います。
しかし4浪で大学に合格すると、そのとき22歳です。
そして4年で大学を卒業すると、4浪生は26歳になっています。
社会に出る年齢としては遅いと思われてしまうかもしれません。

ただ、東大医学部や京大医学部など国立の医学部となると話が違ってきます。
もちろん少数派にはなってしまいますが、4浪生が珍しいということはありません。

医者になる人は特別といえます。

踏ん切りについて

一生浪人を続けることはできませんし、残念ながらどれだけ受験勉強を重ねても、有名大学に入るだけの学力を獲得できない人もいます。

そのような人は、何年か浪人を経験した時点で「踏ん切り」をつける必要があります。
つまり他の大学に入ることを選択しなければなりません。

中卒に勝てないこともある

成功ルートさて、ここまで有名大学を卒業するメリットを紹介しましたが、有名大学を目指している受験生は「人生は学歴だけでは決まらない」ということも知っておいてください。

東大を卒業しても就職せずドロップアウトしてしまう人もいます。
社会は少しの期間であれば有名大学の卒業者を優遇しますが、その待遇を一生確保できるわけではありません。

そして「うかうか」していると、その他の大学を卒業した人や高卒の人、さらに中卒の人にも抜かされてしまうかもしれません。

世界最大規模の自動車メーカー、トヨタ自動車の副社長に、河合満さんという方がいます(肩書は2019725日現在のもの)。

河合さんは中学校を卒業した後、トヨタ技能者養成所に入り、そこを卒業してトヨタに就職しました。
その養成所は高校ではないので、河合さんは中卒です。

トヨタには数多(あまた)の有名大学卒業者がいますが、河合さんはそのほとんどを追い抜いたのです。

「有名大学に入ることだけが望ましい人生ではない」とはよくいわれることですが、そこには真理が含まれています。

まとめ~人から尊敬される

有名大学という言葉には、いわく言い難い魅力があります。
それは、お金では買うことができない、頭がよくなった人しか到着することができない地点に到達したからでしょう。

そして有名大学に入るには、膨大な量の努力が必要です。
人々が有名大学のOBOGを尊敬のまなざしでみつめるのは、その驚異的な努力を称えているのです。

その栄誉を獲得することは簡単なことではありませんが、挑戦する価値は十分過ぎるほどあります。

\この記事をみんなにシェア!/