語学留学 英語力は身につく?

語学留学で英語力が身につく?ビザの申請や注意点など

高校生や中学生でも、語学留学に興味を持っている人はいるでしょう。

「英語力を身につけたいから」
「将来、海外で仕事をしたいから」
「世界を知りたいから」
「外国人の友人がほしいから」

語学留学を希望する人たちは、このような希望を持っています。

語学力だけでなく、行動力、知力、コミュニケーション力、発信力といった「力をつける」には語学留学は有効な機会です。

ただ、しっかりした動機を持ち、しっかり調べてから実行しないと、目的を達成できないまま日本に帰ってくることになります。
「単なる高額な海外旅行だった」とならないようにしたいものです。

語学留学ではさまざまな言語を学ぶことができますが、この記事では、最も人気が高い英語について解説します。

「本格的な留学」でも「海外旅行」でもない語学留学とは

語学留学はとてもあいまいな概念で、本格的な留学に近いものもありますし、海外旅行とあまり変わらないものもあります。

本格的な留学とは

パスポートのスタンプ

例えば、学生ビザを取得して海外の一般的な学校に入学して卒業する留学は本格的な留学です。
本格的な留学の目的は、学位を取得したり、研究を極めたり、専門知識を獲得したりすることです。
英語で学習できるだけの英語力があることが前提になっています。

一般的な学校とは、現地の人たちが通う日本人向けではない学校のことです。

ビザとは、訪問先の国の大使館や領事館が発行する入国許可書のことです。
国によっては、観光目的の短期の滞在であればビザは不要でも、長期間学校に通うなら学生ビザが必要というところもあります。

そして本格的な留学をするには、日本国内でTOEFLなどの英語テストで一定水準の学力を獲得する必要があります。
また滞在期間も年単位になります。

語学留学の語学学校に通う場合は、一般的には学生ビザは不要です。

海外旅行よりは真剣、とは

海外旅行は観光が目的なので名所や景勝地を転々とします。
一方の語学留学は、滞在場所を一カ所に定めて、毎日語学学校に通います。

ただ語学学校といっても、日本の義務教育や高校や大学などとは異なります。
入学も卒業もありませんし、入学式や卒業式があってもセレモニー的なものもあります。

語学留学したとしても、勉強してもしなくてもいいのです。

語学留学のカリキュラム

アメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏の語学学校では、日本や中国や韓国のような非英語圏の人たちに英語を教えています。

カリキュラムは文法、会話、聞き取り、作文、読解などです。
そのほか、アクティビティを用意しているところもあります。

英語スキルをまったく問わない初心者レベルの英語を教える語学学校もありますし、本格的な留学を考えている人向けの徹底指導タイプもあります。

語学留学で得られるものは大きい

語学留学する前にしっかり英語を勉強しておけば、そしてしっかりした目的があれば、語学留学で得られるものは相当大きなものになるでしょう。

日本の英会話教室でも外国人が英語で英語を教えてくれます。
しかしそれは日本人用の英語です。
英会話教室は、日本人が英語を使うシーンを研究し、その目的を達成するためのカリキュラムをつくります。

講演する女性それに対して語学留学先の語学学校は、世界で必要になる英語を教えます。
例えば、海外でのビジネスで必要になる英語や、海外で暮らすときに使える英語を教えてくれるのです。

そして語学留学では「英語だらけ」の生活を送ることができます。

お腹が痛くなって薬がほしくなっても、英語で薬局の場所を聞かなければなりませんし、英語でそこまでの交通機関を聞かなければなりませんし、薬局では英語で痛みを説明しなければなりません。

こうした経験をすることで、語学力がグンッと上がります。

世界に羽ばたくための最初の一歩が語学留学です。

語学留学の仕方と料金

語学留学をするには、語学留学をサポートしてくれる企業を頼るのが一般的です。
そのような企業のことをエージェントと呼び、語学学校を手配してくれたり、必要な書類を用意してくれたり、渡航準備を手伝ってくれたりします。

語学留学をする人はまだ英語力が身についていないので、自分では現地の語学学校と交渉することは難しいでしょう。

したがって語学留学をするほとんどの人は、日本のエージェントを頼っています。

料金は授業料と滞在費で、12週間で大体100万円、48週間で大体300万円くらいです。
その他に渡航費(飛行機代)やエージェントへの手数料などが必要になります。

もう少し安いところも高いところもあります。

「ほとんど日本語しか使わなかった」人も

何をもって語学留学が成功した、と判断するかは人それぞれです。
しかし「語学留学が失敗した」と判断することはできます。

語学留学先で、ほとんど日本語だけで生活していた人は、失敗といえるでしょう。

強制されない

語学学校では、勉強は強制されません。
誰も「勉強しなさい、学校に来なさい」とは言ってくれません。

語学学校の講師たちは、教室に入ってきた人には熱心に指導しますが、サボっている人を叱ることはありません。

したがって、勉強する気持ちを持っていないと英語は身につきません。

日本語で生活できてしまう

日本人に人気がある語学学校に入ると、先にそこに通っている「日本人の先輩」がいます。
困ったことがあれば、その人たちが語学学校のルールや日常生活の送り方を「教えてくれてしまいます」。

本来は、語学学校の外国人講師や外国人スタッフに、英語で質問して英語で回答してもらうべきでしょう。

講師や外国人スタッフは、語学留学者たちが繰り出すたどたどしい必死の英語を一生懸命理解しようとしてくれます。
また英語での回答も、ゆっくりと、簡単な単語を使いながら説明してくれるので、なんとか理解できるはずです。

ところがそれすら「恐い」と感じてしまう人は、近くの日本人の先輩に頼ってしまいます。
これでは英語力は身につかないでしょう。

外国の友人そしてさらにもったいないことは、日本人だけでグループをつくってしまうことです。

語学学校の受講者のなかには、アジア、アフリカ、中東、非英語圏ヨーロッパなどの人たちがたくさんいます。
その人たちと夕食に出かけたり、語学学校が休みの日に遊びに行ったりしたほうが、より充実した体験ができます。
もしくは、語学学校の外国人スタッフと友達になってもいいでしょう。

しかしそれが「恐い」と感じてしまうと、日本語をしゃべりたいという誘惑に負けて、日本人と食事に行ってしまうのです。

これでは、日本国内の英会話教室に通っているのとあまり変わりありません。

本当に必要なのか、と考えてみる

語学留学をするには、最低でも数十万円のお金が必要で、ときに100万円近くになることもあります。
日本国内の英会話教室なら、月1万円かからないところもあります。

数十万円分以上の英語力を身につけるには、自分は本当に語学留学を必要としているのか、と考えてみる必要があります。

本当に語学力が必要なのか

日本で普通に暮らすだけなら、語学力は必要ありません。
日本の日常生活で必要な英語力のほとんどは、国内の無料の学習教材で獲得できます。

生徒や学生のなかには、企業で働くには語学力が必要なのではないか、と思っている人もいるでしょう。
それは半分正しく、半分間違っています。

語学力があったほうが、仕事に有利なのは間違いありません。
一定水準以上の英語スキルがあることを入社の条件に加えている企業もあります。

しかし企業が必要とする語学力は、1回の語学留学では身につかないでしょう。
もちろん、1回の語学留学がプラスになることは間違いありません。

したがって、将来英語を使った仕事に就きたい人は、語学留学する前から英語学習に取り組み、帰国してからも勉強を継続する必要があります。

そして高い英語力を必要としていない企業はたくさんあります。
むしろ日本では、英語ができなくても仕事ができればよい、と考えている企業のほうが多数派です。

自分探しに語学留学を使わないほうがよい?

自分探しをしに海外に出かける人がいます。
それは、すごくよいことといえるでしょう。
異文化に接し、外国人と触れ合えば、日本の姿がみえてきます。
それで日本を好きになることも嫌いになることもあるでしょう。
そしていずれの場合も、海外に出る前の自分より力を得ているはずです。

では、自分探しに語学留学を使うのは、有効でしょうか。

自分探しとは生き方を考えることなので、語学力を身につける語学留学とは、目的が違います。
したがって、語学学校にはその答えがない可能性があります。

しかし、語学学校には海外志向の日本人が多くいますし、外国人もたくさんいます。
その人たちから刺激を受ければ、自分探しが進むかもしれません。

それでも語学留学をすすめる理由

ルームメイトと朝食語学留学にはネガティブな面もありますが、それでも「語学留学をしたい」と思ったら、実現させたほうがいいと思います。

なぜなら、日本は島国で、日本にいる限り日本語だけで事足りてしまうからです。
つまり普通の日本人が、外国人に囲まれて英語だけで話す機会は、日本国内では得られません。
海外旅行だけでは、そこまでの環境は期待できません。

だからといって、海外の高校や大学に通う本格的な留学はハードルが高すぎます。

語学留学には、日本では決して得られない活動を、気軽に簡単に実施できるメリットがあります。

まとめ~期待しすぎず、準備はしっかり

語学留学を考えている人は、期待しすぎず、しっかり準備することを強くおすすめします。
数週間から数カ月の語学留学をしただけでは、英語力が見違えるほど磨かれることはないでしょう。
しかし、語学留学をすれば「英語力を見違えるほど磨きたくなった」と思えるはずです。

語学留学を成功させるには、海外に向かう前に国内でしっかり英語を勉強しておくことです。
そして、目的をしっかり定めてください。

目的は、話せるようになること、聞き取れるようになること、英字新聞をすらすら読めるようになること、表現力を獲得すること、英語で外国人に話しかける度胸を身につけること、といったように具体的に定めたほうがいいでしょう。

\この記事をみんなにシェア!/