池田高校

偏差値 42

※ 2019年度の偏差値
※ 最も偏差値の高いコースを参照

正式名称

北海道池田高等学校

( ほっかいどういけだこうとうがっこう)

Hokkaido Ikeda High School

種別 道立
所在地

〒 083-0003

北海道中川郡池田町字清見ヶ丘13番地

電話番号 015-572-2662
FAX番号 015-572-1155
公式サイト http://www.ikeda.hokkaido-c.ed.jp
札幌市で受験対策なら|学習塾・大成会
42

池田高校の特徴

北海道池田高等学校は、1918年に設立された全日制総合学科の公立高校です。
2学期制を採用しており、男女共学校です。

創造・実践」を校訓に掲げ

  1. 自ら学ぶ力と個々の能力の成長・生きる力を育む
  2. 進路目標の実現を支援する
  3. 生徒一人一人への確実な支援する

の3点を、総合学科の特色を活かして取り組んでいます。

一年生で基礎科目の土台をつくり、二・三年生では数多く用意された文系や理系の普通科目と商業・情報・健康・福祉・生活の専門科目の中から、自分の将来や進路を考えて選択した科目を中心に学習する特徴があります。
その中でも、「トレーニング」や「トレーニング実習」の授業で使用するトレーニング実習室があるのも特色の一つです。

部活動も盛んで、スケート部は強豪校として知られ、全国大会出場校の常連です。
他にも、弓道部、陸上部が全道大会への出場実績があります。

池田高校の主な進学先・就職先

池田高校の卒業生の主な進路は進学・就職様々です。

主な進学先は、北見工業大学、釧路公立大学、小樽商科大学などの国公立大学や、北海道情報大学、札幌大谷大学、東京農業大学や日本大学などの私立大学です。
他にも、大原法律公務員専門学校や帯広調理師専門学校などの専門・各種学校に進学し、池田高校で学んだ専門分野をさらに深く学習していく生徒が多いです。

就職先も様々で主な就職先は、帯広三菱自動車販売株式会社や株式会社カネマツなどの民間企業や、神奈川県警などの公務員などです。
2018年度の進路実績は国公立大学合格が1名、私立大学合格が10名、専門・各種学校合格が16名、就職が31名です。

池田高校の入試難易度・倍率

池田高校の偏差値は42で、ランクはF~Gクラスに相当されます。
2018年度の入試倍率は一般入試で0.8倍、推薦入試で1.0倍でした。

一般入試の入試倍率は変動している傾向があり、2017年度では1.2倍と定員オーバーしており、偏差値としては底まで高くないですが、倍率がどこまで上がるのかもわからないので容易ではないでしょう。

池田高校に合格するために

偏差値は42くらいなどで、中学校の授業をついていけていれば、合格の可能性は見えてきます。
とはいえ、入試倍率に変動があるので日々の学習や受験対策などを怠らずに取り組むことが大切になってきます。

得意科目は伸ばし、苦手科目は復習を何度も行って克服できるようにしましょう。
国語なら読解力を高めるために長文問題を読むことに慣れる、数学なら公式を再復習して基本的な問題は最低限とれるようにするなど、各教科の総復習を行う事で合格圏に入ることが出来ます。

本番を想定して、過去問や模試に積極的に取り組んで問題の傾向を掴んでいくのも良しです。
また、学力に不安のある人は、推薦入試という手もありです。推薦入試を狙いに行くなら内申点が重要になってくるので、日々の学習や定期テストをまじめに取り組み、部活動に打ち込んでいる場合は、その頑張りや実績が深く内申点に関わってくるので意識するようにしましょう。

池田高校の部活・クラブ活動

■運動部

  • 野球部
  • サッカー部
  • スケート部
  • バスケットボール部
  • バドミントン部
  • 陸上部
  • ソフトテニス部
  • 卓球部
  • 弓道部

■文化部

  • 吹奏楽部
  • 書道部
  • 美術部
  • 華道部
  • ボランティア部
  • 茶道部
  • ESS
  • 図書局

池田高校が輩出した有名人・著名人

及川佑(トリノ五輪スピードスケート代表)
長島圭一郎(トリノ五輪スピードスケート代表)
沖美穂(日本初の女子プロ自転車ロードレース選手)
太田明生(バンクーバー五輪スピードスケート代表)
沖野典子(ノンフィクション作家)

成績・偏差値アップなら札幌学習塾「大成会」

池田高校へのアクセス方法

■JRをご利用の場合
JR根室本線池田駅 徒歩19分

北海道池田高等学校の周辺マップ

北海道池田高等学校の口コミ

口コミは現在ありません。