静内農業高校

偏差値 41

※ 2019年度の偏差値
※ 最も偏差値の高いコースを参照

正式名称

北海道静内農業高等学校

( ほっかいどうしずないのうぎょうこうとうがっこう)

Hokkaido Shizunai Agricultural High School

種別 道立
所在地

〒 056-0144

北海道日高郡新ひだか町静内田原797

電話番号 0146-46-2101
FAX番号 0146-46-2151
公式サイト http://www.shizunainougyou.hokkaido-c.ed.jp/
札幌市で受験対策なら|学習塾・大成会
41

静内農業高校の特徴

北海道静内農業高等学校は、北海道日高郡新ひだか町にある公立の農業高等学校です。

生産科学科の馬部門は、全国の高等学校で唯一サラブレッドの生産を行っており、道外募集も実施しています。

平成16年に生産科学科と食品科学科の2学科を設置し、食料生産と環境保全、地域産業の特色を活かした全国唯一の競走馬の生産、育成と乗馬教育等の農業教育を展開しています。
生産科学科は「園芸コース」と「馬コース」の2コース
食品科学科は「畜産食品コース」と「農産食品コース」の2コースで学年進行により専門的学習を展開しています。

また、学年進行による系統的進路指導も行われ、特に3年生ではデュアル派遣実習が展開され、実際に企業等で終日研修し、職業観や勤労観の醸成や専門教科の知識習得の深化を図り、社会人としての資質向上に努めています。

校訓「自尊独立」のもと、自ら考え、正しく判断できる力を養い、人間として逞しく生きるという校風を継承し、生徒会・農業クラブ活動、部活動、ボランティア活動等をとおして、地域と積極的に係わることにより、生徒一人ひとりの社会性やコミュニケーション能力を育んでいます。

静内農業高校の主な進学先・就職先

卒業生の多くが北海道内外の民間企業に就職しています。
地元企業への就職に強みを持っています。

静内農業高校の入試難易度・倍率

2018年度
一般受験の入試倍率は
食品化学部1.00倍
生産科学部1.24倍
推薦受験の入試倍率は
生産科学部3.67倍
でした。

入試偏差値は41です。
募集人数は
食品化学部40人
生産科学部40人
です。

静内農業高校に合格するために

一般入学試験・推薦入学試験の2つの方式で試験が行われます。

一般入学試験では、国語・算数・理科・社会・英語の学力検査と、面接、作文および実技の2つの試験が行われます。
応用力よりも基礎力が大切なので、過去の授業内容や定期テストをしっかりと復習し、苦手分野の克服に努めましょう。

推薦入学試験では、面接、英語の聞き取りテスト・問答・実技・作文、自己アピール文の作文の3つの試験が行われます。

英語の聞き取りや問答はできるまでに時間がかかるので、一般入学試験の対策と合わせて、日頃からリスニングの練習をする等、英語に触れる時間を取りましょう。自己アピール文の提出は任意ですが、提出した方が印象に残る場合が多いので、作文の練習もしておきましょう。

静内農業高校の部活・クラブ活動

■スポーツ系の部活

  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • バドミントン部
  • サッカー部
  • 馬術部
  • 空手道部
  • 卓球部

■文科系の部活

  • 図書局
  • 放送局
  • 新聞局
  • ボランティア局

静内農業高校が輩出した有名人・著名人

不明

成績・偏差値アップなら札幌学習塾「大成会」

静内農業高校へのアクセス方法

■JR・バスでの経路
JR静内駅より
道南バス
農業高校バス停 徒歩数分

北海道静内農業高等学校の周辺マップ

北海道静内農業高等学校の口コミ

口コミは現在ありません。