北嶺中学校

正式名称北嶺中学校
(ほくれいちゅうがっこう)
Hokurei Junior High School
種別私立
所在地〒004-0839
北海道札幌市清田区真栄448番地の1
電話番号011-883-4651
FAX番号011-884-1616
公式サイトhttp://www.kibou.ac.jp/hokurei/

北嶺中学校の学科別偏差値

普通科69
一ヶ月間無料体験

北嶺中学校の特徴

北嶺中学校は、開校以来、「めざすなら高い嶺」を合言葉に、将来、日本はもちろん世界で社会のために献身的に貢献できるリーダーの育成を目指しています。

しかしながら、身体的・人間的な側面が欠落した青年を育てないためにも、 “全人教育”を掲げ、知(知識)・情(感情)・意(意志)・体(身体)すべてのバランスがとれた青年に育て、将来に役立つことを目標としています。

そのため “ふたつの校技”として柔道とラグビーを重要視し、入学時から授業に取り入れています。

また、心豊かな人間形成のために登山及び、海外への修学旅行を行い、6年間を寝食をともにしながら励ましあい支え合って過ごすことのできる青雲寮という寮も設けています。

北嶺中・高校の入試難易度・倍率

北嶺中・高校の偏差値は67~70程度と言われており、北海道の公立・私立あわせた中でもトップクラスの難関校として知られています。

近年では札幌は勿論の事、北海道内外からも多くの受験希望者が集まります。

令和6年度の倍率はなんと10.9倍となり、かなり高い倍率となります。

このように全国規模での競争が激しい為、一筋縄では行かず、狭き門といえます。

北嶺中学校の入学試験は、国語・算数・理科・社会の4教科で、国語・算数が120点満点、理科・社会が80点満点の計400点です。

過去問や合格者・受験者の平均点は学校のホームページに掲載されています。

いずれの科目も、小学校の学習範囲を超えた内容の出題がなされており、難易度は高いです。

中学受験に対応した参考書や過去問を参考にして、勉強を進めていくとよいでしょう。

令和元年~令和5年の合格者の得点平均は400点満点中255点程度です。

問題の難易度や倍率等で変動しますが、6割以上の点数は取る必要があると考えて間違いないでしょう。

北嶺中・高校に合格するために

北嶺中・高校は、最難関私立高校の一つと言っても良いでしょう。

北嶺中・高校を目指す上では、現在在籍しているクラスや学年などで試験の点数や成績のトップ争いをしているレベルに達していないと試験の合格を目指す上ではなかなか難しいものがあります。

現在の学年で習っている学習内容よりも上の学年で習得する勉強に挑戦しておくと良いでしょう。

現状では満足せず、常に高みを目指し、学力の面で誰よりも負けない自信なども必要になってきます。

北嶺中・高校では柔道、ラグビーを校技としているように、文武両道を掲げてもいますので、スポーツにも慣れておくと良いでしょう。

日々の予定を計画的に立て時間を効率良く使い、適度にリフレッシュするなど息抜きできる余裕も必要です。

勉強も今習っている事だけではなく、過去に習った授業内容の復習も行いつつ、これから授業で習う内容の予習をしていくよう心がけましょう。

苦手科目がある場合は、今のうちに全力で克服しておきましょう。

また、些細な事でも深く興味を示したり疑問を持つ姿勢も大事です。分からない事を自分から進んで学ぼうとする癖をつけておくとよいでしょう。

誰かに言われて勉強をするのではなく、自ら進んで学習に取り組む姿勢で、自分の意思で行われるような各種検定試験や模擬試験などにも積極的に取り組むように心がけておきましょう。

学力が最も高い生徒が集まる高校ですので、早い段階で将来進むべき大学と学部、夢や就きたい職業などがハッキリしている生徒も多いですので、現時点において明確な目標などが無ければ、将来の目標を決めておけば、難関の進学校を目指す上でのモチベーションの維持にも繋がるでしょう。

北嶺中学校の主な進学先・就職先

北嶺中学校は、ほぼ全員がそのまま高校に入学します。

その後の進路は、東大、京大、国公立医学部、旧帝大など、有名大学への進学率が非常に高いです。


北嶺中学校の部活・クラブ活動

北嶺中学校には以下のような部活動があります。

スポーツ系クラブ

  • 柔道
  • ラグビー
  • 卓球
  • テニス
  • 野球
  • サッカー
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • 陸上
  • 剣道

また、文化系クラブ・外局は以下のような部活動があります。

  • 美術
  • 囲碁・将棋
  • 科学
  • 数楽
  • ディベート
  • 放送局
  • 図書局
  • 新聞局
  • クイズ研究会
  • 写真

その他、公認団体として以下の外局があります。

  • 鉄道研究会
  • ロボット研究会
  • パソコン研究会
  • 古典かるた

北嶺中学校が輩出した有名人・著名人

  • 三浦拓実(NHK札幌放送局アナウンサー)
  • 石渡嶺司(著作家)
  • 堺大輔(チームラボ取締役)
  • 上西隆史(ダンサー・振付師)

北嶺中・高校へのアクセス方法

地下鉄をご利用の場合
・地下鉄東西線大谷地駅、地下鉄東豊線福住駅からタクシーで約20分
バスをご利用の場合
・[中央バス]福87番 有明小学校行・ふれあいの森行・滝野すずらん公園行「アンデルセン福祉村」下車(徒歩10分)

また、登下校時には地下鉄東西線・南北線・東豊線方面へのスクールバスが運行しています。

北嶺中学校に関する補足情報

北嶺中学校は、日本全国で屈指の医大進学率が高い学校であり、北海道内は当然の事ながら、関東や中部圏からも医大を目指して進学してくる学生が多いです。

中高一貫の少人数の学校なので(1学年120名程度)、それぞれの生徒の個性が生徒同士や教員達に理解してもらえるのが強みです。

学習に対するサポートもしっかりしていて、補習や夏期講習などのサポートが中学の初期からあり、授業も内容の濃いものになっています。

生徒たちも一生懸命頑張る雰囲気で、気が抜けないです。

また、入寮すると、寮教諭もおり、毎日学習時間が決められていて、自然と勉強する習慣が身につきます。

施設は、卒業生や在校生の父母から適宜募金を募っており、常に新しい施設を作ることができる体制になっています。

そのため、寮と校舎は屋外に出ることなく行き来ができるようになり、食堂も改修されて新しくなり快適に過ごせるようになりました。

体育館、図書館、練武場、格技場のほか、野球・ラグビー・テニスなどのグランドもあり、非常に恵まれています。

制服は普通の紺ブレに白のシャツ、グレイのスラックス、レジメンタルのネクタイ(中学はえんじに紺、高校は紺と黄色)と一般的ですが、胸には立派なエンブレムがついています。

北嶺中学校の周辺マップ

北嶺中学校の口コミ

口コミは現在ありません。

この記事を監修した人

チーム個別指導塾
「大成会」代表
池端 祐次

2013年「合同会社大成会」を設立し、代表を務める。学習塾の運営、教育コンサルティングを主な事業内容とし、札幌市区のチーム個別指導塾「大成会」を運営する。「完璧にできなくても、ただ成りたいものに成れるだけの勉強はできて欲しい。」をモットーに、これまで数多くの生徒さんを志望校の合格へと導いてきた。

「大成会 西18丁目教室」
教室長
日野浦 大河

2017年北海道教育大学卒、中学・高校の社会科教員免許保持。現在は2023年8月にオープンした「大成会 西18丁目教室」の教室長を勤める。家庭教師時代の経験から、成績の伸びを決める一番大きなものは生徒さん自身のやる気であると痛感し、そのやる気を刺激する方法を日々模索している。

更新日:2024年1月19日
1ヶ月間無料体験
札幌エリアで最安級!
70分あたり2,998円~※料金シミュレーター

大成会は『安くても手厚い学習サポート』が自慢です!
小学生・中学生・高校生まで対応。難関校の受験もお任せください。

0120-519-509
大成会LINE公式アカウント(LINE@)
大成会公式LINE@のQRコード

札幌の学習塾「大成会」では、LINE公式アカウントを運用しています。
メールや電話よりも手軽に問い合わせができる他、楽しいコンテンツの配信やお得な情報も手に入ります!
Eメールのお問い合わせよりLINEのほうがスムーズですので、皆様お気軽にご登録ください♪

Copyright © 2017-2024 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.