週一回でも効果がある?家庭教師は週何回が理想的かを解説

週一回でも効果がある?家庭教師は週何回が理想的かを解説

家庭教師を始めようと思っても「週1回家庭教師に来てもらうだけで効果があるの?」と感じる人も多いかもしれません。
「週1回だけで大丈夫?」「頻度が多すぎるのはかえって良くないのでは?」「部活や習い事で忙しくて週一回ならできるけれど…。」といった生徒は週に一回からはじめてみてはいかがでしょうか。
そこで今回は、家庭教師は週何回が理想的かについて一緒に考えてみましょう。

家庭教師の一番のメリットは、マンツーマンの指導

まず初めに家庭教師のメリットについて改めて考えてみましょう。
家庭教師として教える方もマンツーマンの指導はやりやすく、学んでほしいことを生徒へダイレクトに伝えられるのが良い点です。

英会話やヨガといった大人の習いごとも、週に1回1時間マンツーマンで教えてもらうだけでもかなり効果的です。家庭教師もこれと同じことがあてはまり、週1回1時間だけでも十分学習効果が得られるでしょう。

特に家庭教師をはじめて利用する生徒の中には、これまで勉強習慣がほとんどなかったという人も多いため、週に1回でも定期的に家庭教師に指導してもらうことで勉強する習慣ができ、自分の学習ペースをつかむことができるという声もあります。こうした学習経験が少ない生徒や、勉強が苦手な生徒、学習習慣がこれまでほとんどなかった生徒については、逆に伸びしろがあり、大きく成績が上がる可能性もあります。

家庭教師をスタートさせる生徒の多くは週1回からスタートしています。

最初から90分や120分の授業にする場合もありますが、ご家庭の予算や生徒のモチベーションを考慮して、まずは1回1時間から始めるのも良い方法です。体験授業も受けられることが多いので、お問い合わせの家庭教師センターのスタッフや家庭教師とも相談して決めるのがおすすめです。

尚、当コラムを提供している学習塾「大成会」では、ZOOMを使ったマンツーマン指導による家庭教師のオンライン家庭教師「大成会Net」を運営しています。

コースは小学生~高校生まであり、不登校の生徒さんにも対応。価格もリーズナブルな料金設定となっています。

小学生コース中学受験コース中学生コース中高一貫コース高校生コース
2,900円5,200円3,400円5,200円3,700円

料金について詳しく見る

週1回の家庭教師、初めはまずは1教科から

勉強になれていなかったり、家庭教師のお試しなどで、とりあえず週1回1時間の授業を考えているという人は、まずは1教科に絞るのがおすすめです。どの教科を1番強化して指導してもらいたいのかを親子で相談して決めましょう。

仮に90分や120分の授業を家庭教師にお願いした場合でも、複数の教科を見てもらっているので1教科にかける時間は45分や60分だけ、ということはよくあることです。つまり、家庭教師1回分1時間の授業時間の全てを1教科に使うことができれば、指導科目数はひとつだけでも効果的です。

もしも生徒が中・高校生の場合は、まずは英語か数学のどちらかを家庭教師に指導してもらうと良いでしょう。

というのも、英語と数学の2教科は中学や高校で学ぶ教科の中ではメインとなる科目であり、マスターするのに時間がかかります。そこをしっかりと家庭教師にフォローしてもらうことができれば、学習内容への理解が深まります。苦手な方の教科を選び、重点的に教えてもらうとと良いでしょう。

なかには、1時間の授業時間で英語と数学のどちらも教えてほしいと思う人もいるかもしれませんが、これはかなり難しくお勧めできません

家庭教師はポイントを絞ってわかりやすく指導してくれることが出来ますが、それ以上に英語も数学も、どちらも学ぶべきことが多く、時間が足りなくなってしまいます。生徒側に学習の土台がしっかりとしているようならば1時間で2教科の指導も可能かもしれませんが、中途半端な授業になる危険性もあります。そのため、まずは1教科に集中指導してもらう方がおすすめです。

徹底指導の成果で1教科の成績が伸びると、生徒も勉強のコツがつかめるようになり、やる気もアップ、ほかの教科も同じように成績が伸びやすくなるでしょう。

もしも週1回1時間の指導で学力の伸びが感じられ、生徒の勉強に対する姿勢が変わってきたら、授業の回数や時間を増やすことを考え始めると効果的です。

多くの生徒は週1回90分や120分授業や、週2回60分授業などを確保しているようです。これくらいの時間を取れると2教科指導も視野に入り、他教科のわからない点も家庭教師に質問することが出来るようになるため、さらなる学力アップが期待できるでしょう。

結論として言えることは、家庭教師は週1回1時間の指導でも、効果は十分期待できるということです。
指導時間が60分だけだと、はじめは短く感じるかもしれませんが、その間ずっと家庭教師とマンツーマンなため、多くのことを学べます。

すぐに結果が出ないからとあきらめずに3ヶ月、半年、1年とぜひ続けてみてください。継続すれば必ず成績が大きく伸びる人も出てくるはずです。

家庭教師は週に1回でも効果あり?学年別のコツを紹介

家庭教師に頼む指導の頻度ですが、週にどのくらい利用するのが良いかについては、結論をいえば正解はひとつではありません。というのも生徒の年齢や学年、どんな教科を苦手科目としているか、指導をお願いする目的によって、家庭教師をどのようにどのくらいの頻度で利用したらよいかの答えが全く変わってきてしまうからです。

そのようなことも考慮し、ここでは学年別に分けて、利用頻度が少ない場合の効果的な家庭教師の利用方法を紹介します。

小学生の場合

小学生の場合、家庭教師をつける目的は大きく二つに分けられます。

  1. 学校の授業の予習や復習、勉強習慣の定着、成績アップといった目的のため
    この場合は習い事の一環として家庭教師をお願いするご家庭が多いようです。
    指導内容も生徒によりさまざまで、苦手科目を集中的に指導してもらう場合もあれば、学校の勉強内容に沿って全般的な指導をしたり、少し勉強が得意な生徒の場合は、先取り指導をする場合もあるようです。習い事のような認識なので、週1回でも十分で、多くても週2回くらいまでが一般的です。
  2. 中学受験のため。
    この場合は少し特殊なので週1回の指導は難しいかもしれません。中学受験は高校受験や大学受験と大きく異なり、学校の勉強と入試で出される問題とが内容的にも難易度的にも全く異なります。そのため中学受験をする生徒は、塾や家庭教師を利用して初めに全科目の指導をしてもらい、一通りすべての範囲を終えてから苦手科目だけに絞った指導をしてもらうというのが一般的です。この全科目の学習指導は時間がかかるので、週複数回の指導も珍しくありません。

いずれの場合も、小学生の生徒はまだ長時間集中することが難しいため、一科目あたりの時間は60分、多くても90分が目安となります。

中学生の場合

中学生の場合も家庭教師をつける目的は主に二つです。

  1. 主に学校の勉強のサポートために指導を依頼するケース。
    この場合は生徒の成績向上のため、学校の授業の予習復習のサポートを通じて学習習慣を定着させるため、または定期テスト対策として家庭教師を依頼します。
  2. 高校受験対策のため。
    志望校に合格するためというゴールを設定した学習のため、場合によっては1週間に複数回の指導を依頼するケースも珍しくありません。とはいえ、先述の中学受験とは異なり、高校受験は学校での学習内容とリンクしていることがほとんどのため、必ずしもすべての教科の指導を依頼する必要はありません。苦手教科や主要教科にポイントを絞って週1回程度の指導でも十分効果が期待できます。

よりは長時間集中することができるようになりますので、1回あたりの授業時間を長めに設定してもらうようにすると良いでしょう。

高校生の場合

高校生になると、家庭教師を依頼する人のほとんどは大学受験を見据えた指導内容を求めるようになります。

大学受験について面倒見良く指導してくれる高校もあれば、そうでない高校もあり、学校によって指導内容や指導量が異なります。また生徒の志望校によって、勉強の方向性が大きく変わってくるので、現状と志望校を見据えたオーダーメイドのカリキュラムが必要になります。

また、大学受験の範囲は広く難易度も上がるため、60分の授業時間では足りないことが多く、場合によっては演習問題を解くだけで1時間近くかかることもあります。こうしたこともあり、指導時間は一回90分から120分程度がおすすめとなります。

以上のことは一つの例であり、各年代に応じた典型例を紹介しましたが、特に目安があるわけではなく、家庭教師の活用方法は様々なプランが考えられます。たとえば、テスト前だけ指導回数を増やしてもらったり、部活動の大会前などにはお休みにしてもらうこともできるでしょう。ほかにも、長期休みなどの時期には特別に回数を増やす方法もあります。

週1回の指導をベースに、時期や状況に応じて指導日数を増減することができるのは、家庭教師の大きなメリットと言えます。

週1回の家庭教師を最大限に活用するためにするべきこと・心構え

週に1回でも家庭教師を依頼するようになったということは、それだけで学習において大きな一歩を踏み出したと言えます。特に今まで家庭学習の習慣がなかったという生徒の場合週に1回1時間でも勉強をすることは、かなり大きな前進です。

とても良いことなのですが、ここで忘れてはならないのは、学習において家庭教師というのは生徒のサポート役に過ぎないということです。

勉強の主役はあくまでも生徒自身です。生徒が自分で頑張らなければ、いくら優秀な家庭教師をつけたところで成績が上がることはありません。

家庭教師の指導時間は、1週間に1回から2回程度、時間にすればたったの1~2時間です。家庭学習の時間数がこれだけでは、まず成績が上がることはありません。

小学生であれば30~60分、中学生なら60~90分程度の家庭学習時間が必要です。受験期であれば2〜3時間もしくはそれ以上の時間が必要かもしれません。そのように考えれば、家庭教師に見てもらう時間はほんの僅かだということが分かるのではないでしょうか。

基本は自分自身で、自立した学習が最も大切と言えます。まずはこのことをしっかりと認識しましょう。

まずは少しずつ、毎日の学習習慣をつけるところから

けれども学習習慣がない生徒の場合、いきなり毎日勉強するのは難しいかもしれません。

学習を習慣化するには、一定期間、毎日同じことをするのがおすすめです。まずは3日、3週間、3ヶ月と続けることを目標にしてみると良いでしょう。そのときに注意したいのが学習時間です。

「毎日1時間の勉強を3ヶ月続けよう」と、学習習慣がゼロの生徒が決意しても、きっと気が滅入ってくるのではないでしょうか。そのときには、時間をグッと減らして、始めは5分や10分でも良いので、まずは毎日続けることを主眼にし、まずは1日10~15分ぐらい毎日勉強することを目指しましょう。時間は短くてもいいので、必ず毎日、休みはなしで実行してください。慣れてきたら、次に勉強時間を少しずつ増やすようにしてください。ここでも増やすときは少しずつです。

学習を習慣化するには、毎日続けることが重要なのです。そして、家庭教師にその毎日の学習プランを立ててもらうことをお願いしてみると良いでしょう。

家庭教師に毎日すべきことを具体的に課題として出してもらうことで、迷わず勉強することができます。

毎日勉強するなかで分からない箇所があったら、その部分は一旦飛ばして、家庭教師の時間にまとめて質問するようにしてください。分からない箇所だけ教えてもらうというのが、最も効率良く家庭教師を利用出来る方法です。

このように学習していくことで、家庭教師にお願いするのが短い指導時間でも、成績を上げることが出来るでしょう。

また、家庭教師の時間が良い区切りとなるのもメリットです。
毎日勉強しようと思っても、小中学生はサボってしまったり、忘れてしまう時もあるでしょう。けれども、毎週1回は家庭教師に指導してもらう時間があるので、そこからまた学習モチベーションをグッと上げることができます。

家庭教師ならではのメリットも週一回の指導で十分得られる

週に1回だけの家庭教師の効果については、これまでの例を見ただけでも多くのプラスの効果が得られると言えるでしょう。

そのほかにも、塾や学校と異なり、マンツーマンで指導してもらえるという家庭教師ならではもメリットも、週1回の指導で享受することができます。授業時間は生徒一人に対して先生が一人。生徒が理解できていない科目を徹底的に指導したり、集中力が切れそうな時にも柔軟な対応をしてもらうことが可能です。

また、家庭教師は時間と場所の自由度が高いということも大きなメリットの一つです。

例えば、塾では用意されたカリキュラムやコースの日時に生徒側がスケジュールを合わせなければならず、部活動や習い事などを諦めなければならないというケースも多いようです。集団授業では、一定のカリキュラムやコースに沿って勉強するという形が多いようですが、家庭教師では生徒一人ひとりの性格や能力、個人の事情などに合わせて独自のカリキュラムを組むことができます。

部活動や習い事のスケジュールに応じて、または定期テスト対策などでオーダーメイドの指導スケジュールを組むことができるため、高い学習効果が期待できます。

また、塾や予備校へ通うために移動時間が長い場合、学習のモチベーションに悪影響が出る場合もあります。一方、家庭教師であれば生徒の送迎が不要なだけでなく、夜遅い時間に外出する不安もありません。

そして生徒の慣れた環境で、リラックスして勉強できるという点も大きなメリットです。

学校や塾、図書館などでは、他の生徒や利用者も多く、他人の動きや話し声などで集中力が切れてしまう生徒もいるでしょう。また、知り合いがいることでおしゃべりしてしまって、勉強ができなかったということもよくあることです。

その点家庭教師ならば、慣れた環境のなか他人に集中を邪魔されることなく、リラックスして勉強することができます。
尚、これまで解説した家庭教師は、昨今「オンライン」でも受けることができ、直接対面することなく画面越しなのでリラックスして勉強できる上に、通常の家庭教師と同水準の授業が受けられることから人気となっています。

おすすめのオンライン家庭教師はコチラ!
名門・難関校への高い合格実績を誇る学習塾「大成会」が運営するオンライン家庭教師です。

家庭教師では学習以外にも良い効果が得られる

家庭教師は、学習以外の効果もたくさんあります。

  1. コミュニケーションでストレス軽減
    学校生活や普段の生活の話や悩みなどを聞いてもらえることでしょう。特に生徒と歳の近い大学生の家庭教師であれば、コミュニケーションが取りやすく、生徒に近い目線からお兄さん・お姉さん的な存在になる場合も多いです。
    特に受験期の不安や学校の人間関係の悩みなどについては、大人の教師よりも学生家庭教師の方が的確にアドバイスできるかもしれません。些細なことでも誰かに話を聞いてもらうことはストレスの軽減にもなります。
  2. 志望校の受験を参考にできる
    家庭教師が志望校出身である場合は、なおさら良い効果が期待できます。家庭教師自身が志望校に合格した時の勉強法を紹介することができるので、生徒は同じ勉強法を参考にすることができます。それ以外にも、家庭教師から実際の学校の様子などを具体的に話してもらうことで、自分の将来像をイメージしやすくなるでしょう。

このように、生徒にとって家庭教師は「目指す志望校に合格した先輩」として、憧れの存在となり、生徒の学習モチベーションを維持することができます。

まとめ

週1回の短い家庭教師の指導で本当に効果があるのかという疑問についてですが、以上のことからも、効果は十分得られる可能性があるということがわかりました。

ただし、受ける生徒側の姿勢として、その毎週1回の時間だけ学習指導をしてもらうのではなく、その時間を最大限に活用して学習効果が得られるようにするためには、家庭教師の指導時間以外の取り組みが重要になってくるということは、ここで紹介した通りです。

また、学習指導以外の情報や、学習面以外の効果を家庭教師から得られる可能性もあります。
週1回の短い家庭教師の指導時間を最大限に活用して指導を受けられるように、この記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。

この記事を監修した人

チーム個別指導塾
「大成会」代表:池端 祐次

2013年「合同会社大成会」を設立し、代表を務める。学習塾の運営、教育コンサルティングを主な事業内容とし、札幌市区のチーム個別指導塾「大成会」を運営する。「完璧にできなくても、ただ成りたいものに成れるだけの勉強はできて欲しい。」をモットーに、これまで数多くの生徒さんを志望校の合格へと導いてきた。

\この記事をみんなにシェア!/
公開日:2022年12月9日