厚岸中学校

厚岸町立厚岸中学校 引用:厚岸町立厚岸中学校
偏差値 ---
※ 2019年度の偏差値
正式名称 厚岸町立厚岸中学校
(あっけしちょうりつあっけしちゅうがっこう)
Akkeshi Junior High School
種別 公立
所在地 〒088-1115
北海道厚岸郡厚岸町梅香1-5
電話番号 0153-52-2108
FAX番号 0153-52-2109
公式サイト http://edu.town.akkeshi.hokkaido.jp/akkeshicyuu/

厚岸中学校の特徴

■厚岸町立厚岸中学校は、昭和22年開校しました。昭和27年、校訓を「純剛」と制定し、校歌・校章も同時に制定します。同じ年に生徒会機関誌「望洋」創刊号を発行します。昭和34年、厚岸町立床潭中学校,厚岸町立末広中学校と統合されました。昭和42年生徒会機関誌「望洋」を「若人」と改めます。昭和48年生徒数増加のため15学級(生徒数550名)編成となります。

■昭和50年、第1回校内スケート大会を行い、以来毎年の行事となりました。また、この年に新校舎が完成しました。教育目標は、「よく見、深く考えて、学習に努力する生徒になろう」「心豊かで、よい環境づくりをする生徒になろう」「働くことをよろこび、よく運動する生徒になろう」「友達との結びつきを深め、世の中に役立つ生徒になろう」となっています。全校生徒は71人です。

厚岸中学校の主な進学先・就職先

該当データなし

厚岸中学校の部活・クラブ活動

■厚岸町立厚岸中学校の部活動は、野球部、サッカー部、バドミントン部、吹奏楽部などがあります。

厚岸中学校が輩出した有名人・著名人

  • 佐藤龍世(プロ野球選手・西武ライオンズ)

厚岸中学校へのアクセス方法

■厚岸町立厚岸中学校へのアクセスは、JR根室本線 厚岸から約3.3km 徒歩で約41分、最寄りのバス停は 桜通停約455m 徒歩で約5分の場所にあります。車では、道東自動車道釧路別保ICを下車、国道44号線、道道123号線を進んだ場所にあります。

厚岸中学校に関する補足情報

■厚岸町立厚岸中学校では、長期休みになると学習会が行われ、友達と教えあったり、先生に質問したりしながら、たくさんの生徒が学校で自主学習をします。
また、校外学習としては、5月には修学旅行があり、初日は尻別川でのラフティング体験、2日目はルスツ・小樽自主研修・劇団四季鑑賞、3日目は、各地見学・昆布配り・自主研修、4日目は、サーモンパーク・新千歳空港と密度の濃いスケジュールの中、充実した旅を経験します。2年生は、宿泊研修・オーロラ学習があります。1日目は、博物館、動物園、マリントポスなど見学と自主研修を行い、2日目は制作活動の他、ノロッコ号の体験乗車をします。また、別の日に海事記念館でオーロラ学習があり、オーロラの映像を見て説明を聞きます。いずれも普段の授業では得られない貴重な経験となります。

■また、1年生は、地引き網体験・社会見学へ行きます。海洋教育パイオニアスクールプログラムという翔洋高校の事業に1年生が参加し、地引き網体験をします。このような学習を通して、自分のふるさとを深く見つめる機会が設けられています。
7月には港まつりにて、市中パレードがあり全校で参加します。隊形を気にかけたり、街頭の様子を見たりしながら、「厚岸音頭」を元気に小1時間踊ります。また、9月には「厚中祭」が行われ、総合的な学習の時間の発表や学年の発表、合唱などが披露されます。

厚岸町立厚岸中学校の周辺マップ

厚岸中学校の口コミ

口コミは現在ありません。

札幌エリアで最安級!
50分あたり984円~※料金比較表

大成会は『安くても手厚い学習サポート』が自慢です!
小学生・中学生・高校生まで対応。難関校の受験もお任せください。

0120-519-509
大成会LINE公式アカウント(LINE@)
大成会公式LINE@のQRコード

札幌の学習塾「大成会」では、LINE公式アカウントを運用しています。
メールや電話よりも手軽に問い合わせができる他、楽しいコンテンツの配信やお得な情報も手に入ります!詳しくは以下の特設ページをご覧ください♪

Copyright © 2017-2020 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.