青陵中学校

釧路市立青陵中学校 引用:釧路市立青陵中学校
偏差値 ---
※ 2020年度の偏差値
正式名称 釧路市立青陵中学校
(くしろしりつせいりょうちゅうがっこう)
Kushiro Seiryo Junior High School
種別 公立
所在地 〒085-0814
北海道釧路市緑ヶ岡6-9-42
電話番号
FAX番号 0154-46-1162
公式サイト http://www.kushiro.ed.jp/seiryo-j/htdocs/

青陵中学校の特徴

■釧路市立青陵中学校は、2004年武佐中学校と緑陵中学校が統合してできた中学校です。全校生徒は375人と、適度な人数の生徒が通っています。あいさつ運動や独自のいじめ防止活動ISSY活動、近年学力向上にも学校として力を入れていて、徐々にその成果が表れてきています。挨拶もしっかりしているとの地域住民の評判も上々で、地域に根付いたとても良い中学校だとの評価を得ています。

青陵中学校の主な進学先・就職先

■釧路市立青陵中学校では、大半が市内の高校に進学します。若干名の生徒が校区外の学校に進学するケースもありますが、一応進学率100%が維持されているようです。近隣の進学校に合格する生徒もいます。

青陵中学校の部活・クラブ活動

■釧路市立青陵中学校の部活動は、野球、サッカー、体操、バレーボール、バスケットボール、剣道、陸上、スケート、アイスホッケー、ボランティア、吹奏楽、美術、放送部があります。なかでもスケート部では男子スピードスケート3000m、5000m部門で全国大会出場、決勝進出という快挙を成し遂げました。スポーツだけではなく、ボランティア部は近隣の町内会のスタッフと協力して、フラワーロードの整備などこつこつと活動しています。

青陵中学校が輩出した有名人・著名人

  • 佐藤正和 (アイスホッケー)

青陵中学校へのアクセス方法

■釧路市立青陵中学校へのアクセスは、JR根室本線 東釧路駅 下車徒歩で約18分 約1.4km、くしろバス 武佐3丁目下車約4分 300mの場所にあります。道東自動車道白糠ICを降り、国道38号線を東へ進んだ場所にあります。

青陵中学校に関する補足情報

■釧路市立青陵中学校は、いじめをなくそうという取り組みをしていて、また挨拶運動にも力をいれています。合併当時は問題もあったようですが、学校の地道な努力の甲斐あって、近年生徒の雰囲気がガラリと良くなったとの評判です。教員は、若く経験が乏しいとの意見もある一方、その分熱血指導があり、生徒と教師の距離感が近いようです。独自のISSY活動を推進、いじめはなくなりつつあります。

■校舎や施設は市内のなかでは新しい部類に入りますが、体育館の屋根・トイレは傷んできており、雨漏りなどがするようです。他の施設については可もなく不可もなく普通です。もともと住宅街にあり、ほぼ全員が徒歩通学です。ただし、武佐中学校と統合した経緯があり、学校まで徒歩30分以上を要するケースがあります。通学路はアップダウンの多い場所にあり、重い勉強道具を持っての登下校が大変であったたり、冬は道路も狭いので車とすれ違う時怖いとの意見もありますが、行政の予算の関係上整備がなかなか進んでいません。また、近年不審者の情報がたびたびありますが、被害はありません。

■学習面では、進路指導を早い時期からきちんとしてくれたり、夏休みや冬休みの勉強会や、補習の実施など対策を講じています。また、友達同士で教えあう風土があります。制服は男女ともにブレザータイプです。ネクタイ及びリボンのカラーで学年区分がされています。

釧路市立青陵中学校の周辺マップ

青陵中学校の口コミ

口コミは現在ありません。

札幌エリアで最安級!
50分あたり984円~※料金比較表

大成会は『安くても手厚い学習サポート』が自慢です!
小学生・中学生・高校生まで対応。難関校の受験もお任せください。

0120-519-509
大成会LINE公式アカウント(LINE@)
大成会公式LINE@のQRコード

札幌の学習塾「大成会」では、LINE公式アカウントを運用しています。
メールや電話よりも手軽に問い合わせができる他、楽しいコンテンツの配信やお得な情報も手に入ります!
Eメールのお問い合わせよりLINEのほうがスムーズですので、皆様お気軽にご登録ください♪

Copyright © 2017-2020 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.