景雲中学校

偏差値 ---

※ 2019年度の偏差値

正式名称

釧路市立景雲中学校

( くしろしりつけいうんちゅうがっこう)

Kushiro Keiun Junior High School

種別 公立
所在地

〒 085-0056

北海道釧路市東川町16-1

電話番号 0154-23-6191
FAX番号 0154-23-6192
公式サイト http://www.kushiro.ed.jp/keiun-j/htdocs/

景雲中学校の特徴

釧路市立景雲中学校は、 昭和36年、鳥取中学校、共栄中学校の分離校として、第2学年生徒322名のみで開校しました。翌37年には新入生354名を迎え、総勢676名、翌年新入生を迎えたときには、1173名のマンモス校としてスタートしました。学校名は、市内の他の中学校のように所在地の町名や方位から命名するのではなく、発想を変えて「景雲」と名付けられました。「景雲」とは、中国の『晋書』の「景雲太平之鷹」という一文から引用した言葉で、「空高くめでたい雲、めでたいことの前兆の雲」の意味から、「理想と永遠の発展」を示した言葉になります。 現在の校舎は、平成9年から校舎改築工事が始まり、平成12年に完成しました。 「文武両道」を合い言葉に、多くの学業と部活動の両立を図りながら、知徳体のバランスのとれた教育活動を展開しています。教育目標は、「自ら学び、進んで行動できる生徒(知)」「礼節を重んじ、思いやりのある生徒(徳)」「健康な心身をもち、たくましく生きる生徒(体)」とされています。現在の全校生徒は約600名です。

景雲中学校の主な進学先・就職先

進学については、ほとんどの生徒が高校へ進学します。学校の進路指導も丁寧に行われています。

景雲中学校の部活・クラブ活動

釧路市立景雲中学校の部活動は、野球、サッカー、体操、バレーボール、バスケットボール、卓球、バドミントン、剣道、水泳、陸上、柔道、スキー、スケート、アイスホッケー、ダンス、吹奏楽、科学、美術、などがあります。なかでもアイスホッケー部、バスケ部、野球部、吹奏楽部は全国大会へ出場するという見事な成績を残しています。

景雲中学校が輩出した有名人・著名人

福藤豊(アイスホッケー選手、日本人初のNHL選手(所属:キングス 本拠:ロサンゼルス)、日本代表GK)、小原大輔(アイスホッケー選手、世界選手権代表)、

景雲中学校へのアクセス方法

釧路市立景雲中学校へのアクセスは、JR根室本線釧路駅下車約3.0km、徒歩約37分、最寄りのバス停は 東川町15番地 停下車徒歩約1分の場所にあります。

景雲中学校に関する補足情報

釧路市立景雲中学校は、生徒数も多く、部活動や生徒会活動や学習面で、どの生徒も一生懸命に取り組む姿がみられ、学校全体が明るく活気に満ちています。学校側でも生徒が勉強と部活が両立できるようにいろいろ配慮する姿勢がうかがえ、保護者へ学校内の様子がよくわかるようプリントを多く配布するなどのフォローも欠かすことなく行っています。
学習面では、優秀な生徒も多いですが、ついていくのに困難な生徒たちに対しても配慮することを忘れず、そのような生徒たちに向けて、放課後や長期休暇中などに基本的なことを復習する講習などを実施して、生徒のサポートに力を入れています。また、数学、英語などはレベルに合わせた生徒を集めての授業を行っているため、自らのレベルで集中して授業に臨むことができます。
部活動は活発で、全国制覇の部もあり、学校が提唱している「文武両道」が定着しているといえます。制服は、男子は詰襟、女子は襟なしイートンにワイシャツにボウタイ、24本ひだのスカートです。
創立50周年で一度、建て替えも行っており、清潔なイメージです。4階建てですが、車いす用のエレベーターもあります。

釧路市立景雲中学校の周辺マップ

釧路市立景雲中学校の口コミ

口コミは現在ありません。