鳥取中学校

偏差値 ---

※ 2019年度の偏差値

正式名称

釧路市立鳥取中学校

( くしろしりつとっとりちゅうがっこう)

Kushiro Tottori Junior High School

種別 公立
所在地

〒 084-0903

北海道釧路市昭和町2-5-53

電話番号 0154-51-2491
FAX番号 0154-51-2492
公式サイト http://www.kushiro.ed.jp/tottori-j/htdocs/

鳥取中学校の特徴

昭和22年、北海道釧路郡鳥取町立鳥取中学校として設立され、今年度で開校70年を迎えます。70年にわたる歴史の中に鳥取町と釧路市の合併に伴う校舎移転と校舎新築、大楽毛中学校・鳥取西中学校の分離を経て、現在に至ります。「翼よ、斗星をめざせ」を校訓に、学校、家庭、地域が一体となった教育活動に取り組む姿は、今も鳥取中学校の伝統の中に脈々と受け継がれ、現在までに約20000名の卒業生を送り出しています。
平成24年度から進められた耐震大規模改修工事が平成27年に終了し、新体育館や武道館など、新施設が完成しました。新しく広々とした廊下には、部活で優勝した時の優勝旗やトロフィー、生徒の作成した作品が飾られています。
生徒たちは非常に素直で落ち着いており、鳥中生の誇りと自覚を持ちながら「文武両道」を目標に日々前向きな努力を積み重ねています。部活動に所属する生徒は全校生徒の約70%以上で、地域のチーム・クラブなどで活動する生徒も多く、様々な場で活躍しています。また、漢字・英語・数学・歴史など各種検定などに多くの生徒が挑戦し、スポーツ面ばかりでなく文化面においても自分の持つ可能性を信じ、「文武両道、生徒の瞳が輝く、釧路一の中学校」を目指し、何事にも前向きに取り組む伝統は、今もなお生徒たちに引き継がれています。

鳥取中学校の主な進学先・就職先

学力レベルも高く、テストは難しいですが、レベルの高い高校へ進学する生徒が多いです。また、スポーツで有名な釧路市外の高校へ進学する子供もいます。

鳥取中学校の部活・クラブ活動

釧路市立鳥取中学校の部活動は、道東で一番生徒数が多い学校でもあり、どの部活にも力を入れているので、全国大会へ行く部活も多いです。特に、野球、卓球、剣道が強いです。この中学で部活に専念したいという気持ちから、越境入学してくる生徒もいるほどです。野球、サッカー、体操、バレーボール、バスケットボール、卓球、バドミントン、剣道、水泳、陸上、柔道、スケート、アイスホッケー、吹奏楽、美術部などがあります。

鳥取中学校が輩出した有名人・著名人

佐藤博史 (アイスホッケー)、河合卓真(アイスホッケー選手、世界選手権代表)、春名真仁(アイスホッケー選手、日本代表)、本間貞樹(アイスホッケー選手・指導者、インスブルック・レークプラシッドオリンピック、世界選手権代表)

鳥取中学校へのアクセス方法

釧路市立鳥取中学校へのアクセスは、JR根室本線新富士駅下車約2.5km、徒歩約30分、最寄りのバス停は 不二橋詰 停下車徒歩約3分の場所にあります。

鳥取中学校に関する補足情報

釧路市立鳥取中学校は、校区が広いため歩いて30分以上かけて通う生徒もいます。全校生徒は約620人と、道東で一番生徒数が多いこともあって、どの行事も大いに盛り上がり、陸上競技大会や合唱コンクールなど、クラスで頑張る行事は一丸となって朝練習などをして努力しています。テストの時もクラスの平均点を上げるために、お互いに教え合い、切磋琢磨して学習に励んでいます。
男子は黒の詰襟学生服のごく一般的な制服で、女子もブレザー型で、棒タイのみ学年カラーに分かれています。

釧路市立鳥取中学校の周辺マップ

釧路市立鳥取中学校の口コミ

口コミは現在ありません。