温根湯中学校

偏差値 ---

※ 2019年度の偏差値

正式名称

北見市立温根湯中学校

( きたみしりつおんねゆちゅうがっこう)

Kitami Onneyu Junior High School

種別 公立
所在地

〒 091-0170

北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉228

電話番号 0157-45-2126
FAX番号 0157-45-3360
公式サイト https://www.city.kitami.lg.jp/school/school-c-onneyu.html

温根湯中学校の特徴

温根湯中学校は、ふるさと温根湯を愛し、温根湯・北見・北海道と国の未来を担う、豊かな人間と確かな学力を身につけた生徒の育成を教育目標としています。その教育目標は知(自ら学ぶ)・徳(完成を磨き、心を耕す)・体(心身を鍛える)の3つの言葉に集約されています。
目指す生徒像は2つあり、1つは「困難に挑み、自己の可能性を拓く生徒」。もう1つは「人を思い、ともに豊かな生活を目指す生徒」となっています。
温根湯中学校は、北見市の中でも最も西側に位置しており、大雪山の見える場所で、美しい景色・広大な大地に恵まれた環境にあります。
長年にわたり実践してきた「あじわい宣言」は学校の大きな特長となっています。「あじわい宣言」とは、「あ」=挨拶をしよう、「じ」=時間を守ろう、「わ」=忘れ物をしない、「い」=いじめをしない、という言葉の頭文字をとったものです。いずれも学校という集団生活をする場において、重要なものです。また学校卒業後においても、この精神を持って社会で活躍できる人材の育成を目指しています。
また、生徒に対するアプローチだけではなく、教師側にも「学び続け、専門性を磨く教師」「子どもに寄り添い、保護者の思いを受け止める教師」「同僚と協働し、和を大切にする教師」「社会人としての良識を体現する教師」といった目指す教師像を設定し学校教育を行っています。学校経営の重点として、「学校力(教師力×組織力)を高め、子どもの未来を拓く」を掲げており、学校教育において教師力も重視しています。

温根湯中学校の主な進学先・就職先

不明

温根湯中学校の部活・クラブ活動

・音楽部
・野球部

温根湯中学校が輩出した有名人・著名人

不明

温根湯中学校へのアクセス方法

■女満別空港から
・空港連絡バス:女満別空港線(北見行) → 北見バスターミナル(約42分運賃1000円)
・タクシー:女満別空港 → 美幌バイパス → 国道39号線(北見方面) → 北見市立温根湯中学校
■JR北見駅から
・タクシー:JR北見駅 → 北見市立温根湯中学校
・郊外バス(温根湯・留辺蘂運動公園・厚和線):北見バスターミナル→温根湯スポーツセンター(約57分)下車→温根湯中学校

温根湯中学校に関する補足情報

音楽部は、2019年7月に行われた第66回北見ぼんちまつり内のイベントである、「きたみ吹奏楽フェスティバル」に参加しています。ほかにも「るべしべサマーコンサート」に参加し、2017年度には「愛をこめて花束を」、「夏色」、「RPG」などの曲を披露しています。音楽部はこうした地域のイベントにも積極的に参加しています。野球部は2011年に東日本大会に出場しています。当時全校生徒は28名。学校全体で3クラスしかなく、3年生10人は全員が野球部という環境ながらも北海道大会で準優勝という成績を残し、東日本大会への出場を決めました。温根湯中学校では「北の大地の水族館」で職場体験授業を行ったり、総合学習の一環で「花えーる畑」で竹さし作業や白花豆のニオ積みの体験を行うなど、地域と密着した学習機会が多くあります。
ほかにも、2019年8月には日本財団パラリンピックサポートセンターが行っている「あすチャレ!school」という体験型授業に生徒が参加しています。これは障害のあるパラアスリートと一緒にスポーツを体験し、講演を聴くことで子供たちに人間の多様性といった学びの機会を提供する企画です。学校が目指す生徒像「人を思い、共に豊かな生活を目指す生徒」ともリンクするもので、学校が生徒に多様な教育機会を作っている様子がうかがえます。
温根湯中学校近くの高校としては、一番近い北海道留辺蘂高等学校をはじめ、同じ北見市内にある北海道北見工業高等学校、北海道北見緑陵高等学校、北見藤高等学校、北海道北見柏陽高等学校などがあります。温根湯には温根湯温泉があり、中学校周辺にも旅館やホテルが立ち並び温泉街として賑わっています。セブンイレブン温根湯温泉店が徒歩圏内にあるなど、利便性も高いです。

北見市立温根湯中学校の周辺マップ

北見市立温根湯中学校の口コミ

口コミは現在ありません。