札幌の学習塾大成会

銀山中学校

公式サイト 引用:公式サイト
偏差値 ---
※ 2020年度の偏差値
正式名称 仁木町立銀山中学校
(にきちょうりつぎんざんちゅうがっこう)
Niki Ginzan Junior High School
種別 公立
所在地 〒048-2335
北海道余市郡仁木町銀山2-113
電話番号 0135-33-5223
FAX番号 0135-33-5744
公式サイト http://www.town.niki.hokkaido.jp/section/kyoikuiinkai/irv9760000000lmo.html

銀山中学校の特徴

■仁木町立仁木中学校は北海道仁木町に位置する公立中学校です。1947年に開校しました。児童数は28名(平成27年5月1日) の比較的小さな学校です。

■教育目標は自ら課題を見つけ、学び続ける生徒、豊かな心を持ち、郷土を愛する生徒、強い身体と意志を持ち、生きる喜びを持てる生徒となっています。校章は雪華、開校当時の生徒の応募作品を一部修正し、制定されたものです。正三角形は、赤井川カルデラの外輪山に三方を囲まれた本地域の地形を表し、そこで耕されている豊穣な水田と稲穂の籾を三方に配するとともに、白銀の山は潔癖と叡智を、地の緑は融和を、そして籾の金色は豊かさを象徴しています。

銀山中学校の主な進学先・就職先

不明

銀山中学校の部活・クラブ活動

不明

銀山中学校が輩出した有名人・著名人

不明

銀山中学校へのアクセス方法

JR「仁木駅」より徒歩10分

銀山中学校に関する補足情報

■「果実とやすらぎの里」仁木町は、北海道南西部に位置し、上質な土と水と空気で囲まれた豊かな自然環境の中、さくらんぼ、りんご、ぶどう、ミニトマトなどを生産している農村地域です。最近ではワイナリーもでき、食とワインを楽しむ魅力も加わっています。また、さくらんぼ、ぶどう、りんご、プルーン、ブルーベリーなど果物狩りが盛んです。

■1879年(明治12年)11月に、仁木竹吉(にき たけよし)ら360余名が徳島県(現在の徳島県吉野川市)から集団で入植したのが和人定住の始まりで、翌年に仁木村が成立しました。仁木町の名は仁木竹吉にちなんでます。

■仁木では早くからリンゴの栽培が盛んで、現在まで果樹園が広がっています。20世紀後半になるとサクランボ、ブドウも加えた果樹の比重が高まりました。

仁木町立銀山中学校の周辺マップ

銀山中学校の口コミ

口コミは現在ありません。

札幌エリアで最安級!
50分あたり984円~※料金比較表

大成会は『安くても手厚い学習サポート』が自慢です!
小学生・中学生・高校生まで対応。難関校の受験もお任せください。

0120-519-509
大成会LINE公式アカウント(LINE@)
大成会公式LINE@のQRコード

札幌の学習塾「大成会」では、LINE公式アカウントを運用しています。
メールや電話よりも手軽に問い合わせができる他、楽しいコンテンツの配信やお得な情報も手に入ります!
Eメールのお問い合わせよりLINEのほうがスムーズですので、皆様お気軽にご登録ください♪

Copyright © 2017-2020 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.