銭函中学校

公式サイト 引用:公式サイト
偏差値---
正式名称小樽市立銭函中学校
(おたるしりつぜにばこちゅうがっこう)
Otaru Zenibako Junior High School
種別公立
所在地〒047-0263
北海道小樽市見晴町2-12
電話番号0134-62-2853
FAX番号0134-62-2870
公式サイトhttp://www.otaru.ed.jp/zenibako/
「ついていけない」が絶対にない札幌の学習塾「大成会」詳しくはこちら

銭函中学校の特徴

■小樽市立銭函中学校は北海道小樽市見晴町にある公立中学校です。小樽市の東部に位置する銭函地区にあります。

■昭和22年に開校し、平成29年で開校70周年を迎えた中学校です。これまで、9878名(平成30年3月31日現在)の卒業生を輩出し、卒業生は各界で活躍しています。

■「子どもが主役の学校づくり」を目標とし、質の高いものへと発展させるために重点目標を『自ら学び豊かな心で新しい時代を生き抜く生徒の育成~主体的・対話的で深い学びの授業を目指して~』と掲げて学校教育目標の達成を目指しています。

銭函中学校の主な進学先・就職先

不明

銭函中学校の部活・クラブ活動

不明

銭函中学校が輩出した有名人・著名人

不明

銭函中学校へのアクセス方法

JR「銭函駅」より徒歩15分

銭函中学校に関する補足情報

■札幌市に隣接し、札幌国道5号線に沿った長さ8kmに及ぶ帯状の校区です。星野・銭函3丁目・桂岡の住宅街を有し、市営・道営のアパートの団地もあります。

■保護者の教育に対する関心は高く、教育活動に大変協力的です。家庭・地域社会・学校の三者による連携が強く求められている折から、さらに連携を密接にしていく必要があります。

■校区内には「市民センター」があり、文化活動や体育活動が盛んにおこなわれています。生徒も多数参加し、活動しています。近隣の手稲地区の中学校とは、「手稲地区教護会研修会」を通じ、情報の交流を含め、問題行動があった際の連携を図る体制をつくっています。

■所在する小樽市は、市内山手地区があり、天狗山の斜面に沿って住宅街が広がっています。山手地区からは小樽港・石狩湾を望め、小樽商科大学や高等学校などの教育機関が多く立地しています。高等学校は市内8校のうち4校が山手地区に集中し、そのため、通学時間帯になると小樽駅方面からの路線バスは学生でかなり混み合う状況にあります。

■札幌市内から日帰りで容易に観光できる都市で、市内に100店舗以上を構える寿司の街として知られています。観光都市としても人気が高く、毎年700万人以上の観光客が訪れ、市町村の魅力度ランキング調査ではトップ10にランクインしています。

■水産加工品はじめ菓子や酒類など食品関連製造業が多くあるほか、ガラスなどの工芸品も有名になっています。

小樽市立銭函中学校の周辺マップ

銭函中学校の口コミ

口コミは現在ありません。

この記事を監修した人

チーム個別指導塾
「大成会」代表
池端 祐次

2013年「合同会社大成会」を設立し、代表を務める。学習塾の運営、教育コンサルティングを主な事業内容とし、札幌市区のチーム個別指導塾「大成会」を運営する。「完璧にできなくても、ただ成りたいものに成れるだけの勉強はできて欲しい。」をモットーに、これまで数多くの生徒さんを志望校の合格へと導いてきた。

「大成会 西18丁目教室」
教室長
日野浦 大河

2017年北海道教育大学卒、中学・高校の社会科教員免許保持。現在は2023年8月にオープンした「大成会 西18丁目教室」の教室長を勤める。家庭教師時代の経験から、成績の伸びを決める一番大きなものは生徒さん自身のやる気であると痛感し、そのやる気を刺激する方法を日々模索している。

更新日:2024年2月28日
「ついていけない」が絶対にない札幌の学習塾「大成会」詳しくはこちら
札幌エリアで最安級!
70分あたり2,998円~※料金シミュレーター

大成会は『安くても手厚い学習サポート』が自慢です!
小学生・中学生・高校生まで対応。難関校の受験もお任せください。

0120-519-509
大成会LINE公式アカウント(LINE@)
大成会公式LINE@のQRコード

札幌の学習塾「大成会」では、LINE公式アカウントを運用しています。
メールや電話よりも手軽に問い合わせができる他、楽しいコンテンツの配信やお得な情報も手に入ります!
Eメールのお問い合わせよりLINEのほうがスムーズですので、皆様お気軽にご登録ください♪

Copyright © 2017-2024 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.